ポルトガル旅行記 コインブラ大学2

コインブラ大学で有名なジョアニア図書館

ジョアン5世の命令で1717年から1728年に建てられた図書館で、自然科学関連書籍などを多く集めた啓蒙時代の大学の姿を伝えるだけでなく、バロック様式風の玄関、(ポルトガル語版)の内装が美しい。

IMG_2206.jpg


IMG_2208.jpg

歴史のありそうな本がたくさん並んでいました。

ガラスケースには日本とのつながりを表す地図や本が展示されていました。
IMG_2209.jpg

何が書いてあるかわかりませんが、説明文がありました。
IMG_2210.jpg


日本地図
IMG_2218.jpg

IMG_2219.jpg


撮影禁止で写真がありませんが、この階の上にターリャ・ドウラーダ(金泥細工)の装飾が施され壁一面17世紀のアズレージョで覆われた礼拝堂がある。
本当に素晴らしい図書館でした。

図書館を出て同じ構内のサン・ミゲル礼拝堂へ。
17世紀のアズレージョ、祭壇やオルガンの装飾がとても美しい。

IMG_2224.jpg


IMG_2225.jpg


IMG_2229.jpg


IMG_2238.jpg

このオルガンはコインブラ大学の教授が弾いてくれるそうですが、その教授はただいま夏休み中だそうです。

礼拝堂を出て、外に。
IMG_2247.jpg


IMG_2246.jpg

ジョアン3世像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 信徳

    コインブラ大学は世界最古の大学だそうですね。
    歴史ある大学の図書館もまた素晴らしい図書館。
    世界遺産は大学だけですか?
    図書館も?(応援です)
    2019年09月04日 19:50
  • イッシ-

    日本との文化的つながりも深いんですね。
    それにしても素晴らしい建築物、そして内部。
    ゆっくり見てみたいですね。
    2019年09月05日 07:27
  • eko

    こんにちは!
    図書館も立派ですね。歴史ある蔵書も沢山並んでいますね。
    16世紀に日本からの使節団が訪れて、ポルトガルとは長いお付き合いですね。
    サン・ミゲル礼拝堂の祭壇やオルガン、装飾が凄くて見応えがありますね。
    2019年09月05日 18:33
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。
    図書館とても美しく素晴らしいものでした。
    もちろん図書館も世界遺産でしょう^^
    写真撮影できなかったのは残念ですが、目に焼き付けてきました^^
    2019年09月05日 21:15
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。
    本当に見事な建物でした。ゆっくり回りたいと思いましたが、予約制で時間も限られていました。
    時間が少なくて残念ですが、それでも見られて良かったです。
    2019年09月05日 21:19
  • かるきち

    ekoさん、こんばんわ。
    ポルトガルが初めて日本にやってきた国なのでかかわりは深いですね。
    日本側から歴史を見ていましたが、こうしてポルトガル側から見るのも興味深いです。美しい図書館、本当に素晴らしかったです
    2019年09月05日 21:25
  • yasuhiko

    素敵な図書館だなぁと思っていたら、
    天正遣欧使節団の名が出てきてびっくり。
    日本の4人の少年たちが、ここコインブラを
    訪れてたんですね。ザビエルが来日した後の
    日本地図もあって、ポルトガルの知らない街が、
    急に身近に感じられました。
    2019年09月06日 14:53
  • かるきち

    yasuhikoさん、こんばんわ。
    ポルトガルの小さな町に日本所縁のものがあるって驚きですね。
    日本史で習った名前を遠いポルトガルで見られてびっくりしました。
    2019年09月06日 20:51