東京散歩 築地界隈

築地の場外を抜けて行くと鳥居が見えてきました。 築地波除神社です 今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。江戸開府(1603)時の慶長江戸絵図には、今の日比谷のお堀の辺りまで汐入を描き、八重洲の海岸に船の役所が見えます。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた、江戸東南海面埋立は、その後全国の諸侯七十家に千石に一人の人夫を出させ、後にはその埋立の役員の名をとり、尾張町、加賀町等と名附けられました。  そして70年の後、明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。  或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。  人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。  それ以来今に至るまで、「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、災難除・厄除・商売繁盛…

続きを読む

東京散歩 築地界隈2

築地市場の場外をぶらぶら散歩 タコせんべいのお店。 後ろを向いている男性が大きなタコせんべいにかぶりついていました。 閉まっているお店の店先も面白いです。

続きを読む

東京散歩 築地界隈1

16日、水曜日。 築地方面に用事があってお出かけ。 用事を済ませた後、久しぶりに築地界隈を散歩しました。 まずは築地本願寺 外観は日本の仏教寺院には思えない造りですよね。 階段を上り、中に入ります。 中に入るとご供養が行われお経を聴くことができました。 築地市場の跡地へ。 築地場外はまだお店がたくさん残っていましたが、この日は水曜日。 築地市場があるときから水曜日は定休日で、閉まっているお店の方が多くて、ちょっと残念。 それでもお客さんの姿はそこそこありました。

続きを読む

市内魚眼で散歩2

外環道路が新しく出来て、道の駅もできました。 検索すると2.5キロ。 歩いて道の駅まで。 魚眼を使いながら道の駅まで行きました。 道の駅で市川産の梨を買って帰りました。 市川も梨の生産が盛んですが、今年はやはり天候不順の影響で梨の出来もあまり良くなくて、道の駅でもあまり梨を売っていませんでしたが、2つ購入して帰りました。 外環道路の陸橋から。

続きを読む

ご近所魚眼で散歩1

前回と同じようなルートを歩いたので、今回は魚眼レンズを使ってみました。 線路わきのお花をパチリ。 電車が来たので一緒に撮りましたが、風圧と動きでどちらもボケ気味 魚眼で電柱が曲がりました。

続きを読む

東京散歩 十条界隈2

十条はアーケードの商店街のほかにもあちこちに商店街があり、物価も安くて住みやすい街なのかなって思えました。 自宅が近ければ、いっぱい買い物して帰りたいなって思いました。 子供が喜びそうなシャッターの絵 狭い道にある商店街。 ここに大衆演劇場がありました。 シンプルで素敵な料理屋さんの入り口。 お店の軒先にぶら下がっていた飾り。 ふと目をやると立派なお庭がある。 近づいていくとなんと民家でした。立派な邸宅にびっくりしました。 ランチは以前通りかかって気になっていたお店に。 ワンプレートランチを注文しました。 ビシソワーズとプレートランチで。 オムレツ、コロッケ、サラダ、冷たいラタトゥイユ、バケット、ガトーショコラを。 おなかいっぱい。 病院通院はちょっと嫌ですが、こうして歩いておいしいものを頂いて。 通院も楽しまなくては。

続きを読む

東京散歩 十条界隈1

2か月ぶりに病院へ。 血液検査を午前中に終わらせ、午後の診察までに2時間以上時間があったので、十条の街を散策開始。 お天気は晴れたり、曇ったり。。蒸し暑い。でも不安定な天気で雨も降って来そうな感じ・・・・ 商店街のアーケードを歩きましたが、買い物客も多くなんとなく写真が撮りづらい・・・ アーケードを抜けてぐるぐる歩き回りました。 十条駅付近は高架ではないので、踏切線路がすぐ見える。 十条銀座の駅近く。 本当に踏切とホームが近いのにびっくり。 今回は撮り鉄子のようでしたね。 でも本当の鉄子ではないのですが、電車や駅は好き。 父が国鉄職員だったこともあるのかもしれないです。

続きを読む

ご近所散歩 雨上がり2

家から千葉方面に向かって歩くと新しく出来た外環道路のおかげで以前とはガラッと変わってしまいました。 新しい道ができて、その上を渡る歩道橋から見てみる わき道 ちょっと暗くなってきてわき道の車止めのポールに街灯が映り面白いと思いました。 まだまだいろいろなところで工事をしているところもあり、知らない道がたくさん出来そうです。

続きを読む

ご近所散歩 雨上がり1

6日の日曜日は昼間急に雨が降ったりやんだり。 夕方になってようやくお天気が安定してきました。 雫探しを兼ねて近所を散歩 逆さ電柱 水たまりに写っていました。 これも水たまりに写っていました。 葉っぱに載った雫たち ピントはいまいちですが丸い雫を見つけました。 葉っぱにたくさんついている雫でテンションが上がりました

続きを読む

ご近所散歩 江戸川沿い2

今の季節はあまりお花もなくて。 目に付いたものを撮ってみました。 小さなイガイガ 川をバックにススキ?のようなイネ科の植物 川面が夕日に照らされてきれいでした。 江戸川も海に近くなって川幅がとても広い 猫じゃらしの軍団が夕日に輝いていました。 まだまだ日中は散歩するのもためらいますが、夕暮れ近くになると少しずつ歩けるようになりました。

続きを読む

ご近所散歩 江戸川沿い1

アイリンクタウンの展望台を降りて、江戸川沿いまでてくてく散歩 久しぶりの江戸川散歩です。 鉄塔とその下の遊具。まだまだ青空です。 江戸川もこうしてみると川幅が広い 遊歩道の向こう側のマンション。 色合いがきれいです。 川沿いの遊歩道を歩くと、総武線鉄橋や国道14号線、京成線の鉄橋と続いています。 総武線 国道14号線 京成線 鉄橋もこうしてみると近未来的にも見えてくる

続きを読む

ご近所散歩 アイリンクタウン2

アイリンクタウンの展望台からはスカイツリーがよく見えますが、ほかの場所も眺めは最高。 こんもりとした緑の場所は春に枝垂桜の伏姫桜が見られる真間山弘法寺のある場所。 近くの小学校 かすんでいる山は筑波山 江戸川 以前はここに京葉ガスの丸いガスタンクがありました。 今は更地で駐車場のようになっています。

続きを読む

ご近所散歩 アイリンクタウン

9月になっても暑いけれど、真夏の暑さとはちょっと違ってきたような気もしますが、晴天だと日中は外に行く気になれない・・・・ 夕方近くになって出かけてきました。 久しぶりのアイリンクタウンの展望台へ。 展望台に行ってみるとほとんど人がいないので、ゆっくり景色を見ることができました。 風が強くて遠くがかすんでいました。 江戸川も強風でさざ波が立っています。 電車もおもちゃのように見えます。 冬の夕暮れになるとここも撮影の人気スポットになります。

続きを読む

東京散歩 日比谷公園

7月に出かけたときはユリの花でいっぱいだった日比谷公園。 8月はお花も少なくちょっと寂しい。 でもぽつんとユリの花が1輪咲いていました。 桔梗の花がちょこちょこ咲いていました。 ひまわりも終わったところと、今盛りのところとありました。 ハッチ君と一緒に 終わったひまわりはハトさんのご飯になっているようでハトがひまわりの種をついばんでいるようでした。

続きを読む

東京散歩 亀戸天神

久しぶりに亀戸天神に。 今年は藤の花の頃に外出自粛だったので、梅の花以来。 約半年ぶり位でしょうか。 特に何もなかったけれど、散歩がてら行ってきました。 鳥居の横に提灯が飾られていました。 鳥居をくぐり、いつものようにスカイツリーと一緒に 藤棚に忘れ藤? 藤の花が咲いていました。 手水所のカメさんもお役御免でちょっとかわいそう。 お参りしてコロナ終息祈願をして帰ってきました。

続きを読む

一年前の8月 ポルトガルへPlayBack3

この日最後の観光 城壁に囲まれた小さな中世の村・オビドスへ オビドスの歴史は紀元前300年ごろケルト人による建設に始まる。 その後1288年、ディニス王とイザベル王妃が婚礼旅行でオビドスに滞在した際に、王が結婚祝いに街を王妃に贈り、その直轄地とした。以降1833年まで代々の王妃に受け継がれていき「王妃の街」として知られるようになった。 城壁の上にも上ることができましたが、手すりなどないので昇り降りが怖い! 城壁の中の街並みもまるで中世のまま。 映画のワンシーンの様でした。 1日たっぷり観光し、夜リスボンに到着。 翌日からはリスボン観光です。 ベレンの塔へ 16世紀テレージョ川を行きかう船を監視し、河口を見守る要塞として建てられた見張り塔。 発見のモニュメント 大航海時代に活躍した偉人たち33人のモニュメントです エンリケ航海王子や日本でもよく知られているヴァスコ・ダ・ガマやマゼラン、フランシスコ・ザビエルなどが モニュメントに。 次はジェロニモス修道院 この3か所は近いので歩いて移動です。 入場するのに30分近く並びました。 いったん修道院を出て中庭を見るための人の波がありましたが、私たちは事前予約済みなので、さほど待たずに入れました。 回廊も素晴らしくて、なるべく人が入らないように写しました。 リスボン市内に戻り、ケーブルカーに乗ったり、トラムに挑戦。 市…

続きを読む

一年前の8月 ポルトガルへPlayBack2

ポルトではアズレージョで有名なサン・ベント駅に立ち寄り、ここからまた自由時間になりました。 サン・ベント駅は世界で最も美しいと称される駅の1つです。 駅の正面玄関から構内に入ると2万枚にも及ぶアズレージョ(青い装飾タイル)で出来た壁面があります。 エンリケ航海王子によるセウタ攻略やジョアン1世のポルト入城などポルトガルの歴史が描かれています。 プラットホームには誰でも入れます。 中で切符を買うようになっていました。 自由時間にカテドラルへ。 カテドラルの中にもアズレージョがありました。 上から眺めた街並みもとても美しい。 翌日はポルトからリスボンへ向かう途中のアヴェイロから。 アヴェイロ駅のアズレージョが有名なのですが、修復工事中で塀で囲われていました。 またアヴェイロはポルトガルのヴェニスと言われる水の都です。 運河沿いの景色も素敵でした。 アヴェイロからアンブレラスカイが行われていたアゲタへ。 青空にカラフルな傘が映えました。 アンブレラスカイをたっぷり堪能し、次の街へ。 コインブラのコインブラ大学の見学です 1290年にポルトガル王ディニス1世によって設立されたコインブラ大学は700年以上をかけてコインブラ市内に形成されてきた。主要建築物は16~17世紀にかけて建設されたもの。 この中には有名なジョアニア図書館がありました。 ジョアン5…

続きを読む

1年前の8月をPlayBack ポルトガルの旅

仕事休みの日でも外に出かけられない危険な暑さで、お出かけもままならず。 ネタも尽きたので、去年8月に旅行したポルトガルをもう一回振り返って行った気分になりました。 しばし、過去の旅行にお付き合いください。 ポルトガルへは日本からは直行便がないので、経由していきますが、私たちのツアーはドバイ経由で約18時間かけてポルトガルへ向かいました。 最初の観光はロカ岬 ユーラシア大陸の最西端の岬です。 崖でも柵がなく、落ちたらひとたまりもないなって思える道もあったり。 それでも青い海がとても素晴らしい場所でした。 観光名所で世界中から観光客がやってきて、ここでツアー仲間がスリにあってしまったのにはびっくりでした。 次にシントラという貴族の避暑地の場所へ。 宮殿を自由散策で入りました。 白鳥の広間 紋章の間 ドーム天井一面に16世紀の王侯貴族の紋章が最上部の間。 王侯貴族以外に航路開拓の功績を讃えられたヴァスコ・ダ・ガマやカブラルの紋章もあります。 壁のアズレージョは18世紀。 街中もちょこっと歩いてみました。 こんな写真を見ているとまた旅行に出かけたくなります。 翌日はギマランイス歴史地区から。 ここも自由行動で、ギマランイス城へと行ってみました。 ギマランイス城は世界遺産のマランイス歴史地区の代表的な建築…

続きを読む

千葉ドライブ 佐原あやめパーク2

ハス回廊ではたくさんの蓮の花が咲いていました。 約300種の蓮を栽培しています。 名札がありましたが、写真を撮って来ませんでした つぼみのものやもう散り際のもの、八重や一重の花びらなど、様々な蓮の花が楽しめました。 ハス回廊を出て出口方面に向かう途中の広場で赤い花が点在していました。 よく見るとヒガンバナ! もう咲き始めているのですね。早いなぁってちょっとびっくり。 夏の花と秋の花を見られました。 日差しは厳しいけれど、日陰に入ると風が心地よく、日向と日陰では雲泥の差がありました。 佐原、初めて出かけましたが、素敵な場所でした。 来年アヤメの季節にまた出かけられるといいなって思いました。

続きを読む

千葉ドライブ 佐原あやめパーク1

小江戸巡りの後にあやめパークへ足を延ばしました。 アヤメの季節はもう終わりましたが、蓮の花が見られました。 でも出かけたのは午後だったので蓮の花もあまり開いていませんでした。 午後になるといいお天気でかなり暑くなってきました。 あやめパークはほぼオフシーズンのような感じで訪れる人は数人で、パーク内は作業をしている人の姿しか見られませんでした。 甕の中で咲いていたスイレン 蓮池に近づくと鯉たちが寄ってきました。 鯉のエサが売っているのでそれが欲しかったみたいです。 でも大量にいるとちと怖い・・・・ 蓮池にはサッパ舟もあり、「乗るなら声かけてね」と係の人に言われましたが、、蓮の葉が結構うっそうとしているのでやめておきました。 その代わり、グルっと周って歩きました。 サルスベリがピンクでかわいい ハス回廊へ向かいました。

続きを読む