大好き!映画・試写会 柘榴坂の仇討

画像


画像


木曜日友人に誘われて見てきた試写会 

柘榴坂の仇討

中井貴一 阿部寛 広末涼子 中村吉右衛門 ほか出演
原作 浅田次郎



あらすじ

。幕末の安政7年、主君・井伊直弼(中村吉右衛門)の御駕籠回り近習役として仕えていた彦根藩士の志村金吾(中井貴一)は、桜田門外において目の前で井伊の殺害を許してしまう。切腹も許されず、仇討ちを命じられた金吾は、時が明治へと移り変わってもなお、井伊を殺害した刺客を探し続ける。やがて金吾は、井伊を討った水戸藩浪士の最後のひとりで、車引きの直吉と名を変えて生きていた佐橋十兵衛(阿部寛)を見つけ出すが、その日、明治政府が仇討ち禁止令を発する


志村の父は切腹、母も自害で責任を取り、志村は切腹を許されず、水戸藩浪士の1人でも構わないから首を主君の墓前に差し出せといわれ、ひたすらに水戸藩浪士を探し続ける。
そんな志村を黙って支える妻・せつ(広末涼子)

明治の世になり、洋装・散切り頭が増え、廃藩置県でもう彦根藩はない、主君の仇なぞ考えず職を持ち明日を生きろと友人からも言われるが、帯刀・着物・ちょんまげで武士の矜持を持ち続ける志村。

長屋でひっそりと息を殺すように車夫として生きる直吉

2人とも武士として生き続けている。

歴史の教科書で安政の大獄や桜田門外の変で井伊直弼の名前は知っており、どちらかというと悪名という感じがしていましたが、どちらかの立場に立つと善・悪と見方も変わるものだとつくづくかんじました。

武士道、よくはわかりませんが日本人の持っていた心をこの映画で感じました。
久しぶりにいい映画を見たという気持ちです。

9月20日より公開

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 信徳

    今晩は!
    良い映画を誰よりも先に見られたのですね、いいなあ!
    井伊直弼、私も悪人のイメージが強くて桜田門で討たれたのは当たり前だと思っていたのですがその仇討をズット狙って生きていた浪人がいたんですね。凄い事です。
    2014年09月13日 19:30
  • goki

    こんばんは
    桜田門外、井伊直弼暗殺に関わる
    映画の試写会に行かれたのですか
    明治になり世が変わっても主君の
    無念を晴らすために追い続け目的を
    果たした凄まじい武士道ですね。
    2014年09月13日 20:09
  • HT

    こんばんは。
    映画の試写会って行ったことが無いです。誰よりも先に観れて良いですね。
    仰られているように視点を何処に当てているかによって随分違ってしまいますよね。私もこの人が悪いって思っていたものが変わってしまったりしたこともありました。
    2014年09月13日 20:20
  • peko

    良いですね~試写会^^*
    時代劇の映画って見たことがありません^^;
    迫力があって良さそうですね!
    歴史上の人物って視点を変えると
    また違った人物に見えて来ますね~
    応援です☆
    2014年09月13日 20:42
  • 無門

    こんにちは

    同じものを逆から見ると
    全然違って見える
    格闘技などのスポーツも
    贔屓じゃないほうから見ると
    違って見えますよね
    国と国も同じだね
    2014年09月13日 22:13
  • mori-sanpo

     なかなか見応えのある試写会だったようですね。
     桜田門外の変から始まる明治維新の激動の時代、井伊直弼の近習役の彦根藩士の生き方を通して描かれた仇討のドラマはなかなか面白そうですね。
     是非見てみたいと思います。
    2014年09月13日 23:28
  • デミ

    桜田門外の変を違う見方してのストリーが良い企画ですね
    最後の一人と出会った日に仇討禁止令が出されるのも因縁めいたものを感じます
    奥の深い作品に仕上がったようで楽しみです
    2014年09月14日 02:53
  • ミズバショウ

    歴史上有名な桜田門外の変のその後に仇討があったのは興味深いです。明治になっても武士道を持ち続ける志村金吾の生きざまに結末が気になります。
    2014年09月14日 05:41
  • 茜雲

    人間や社会は複雑でどうしても一面からしか見られないので角度を変えると違った一面に光が当たるのでしょうね。複雑なものを複雑なままでは理解しにくいので単純化する、致し方ないのかもしれませんね。何事も、味わいなおす、絶えずしなければなりませんね。
    2014年09月14日 08:00
  • ミクミティ

    さすが、かるきちさん、試写会でご覧になりましたか。
    私もこの映画は見ようかなと思っていたところ。
    桜田門外の変はかなり知っているつもりでしたが、「柘榴坂の仇討」の話しは全く知りませんでした。
    役者も実力派、見応えがありそうですね。
    2014年09月14日 17:32
  • かるきち

    信徳さん、こんにちわ。井伊直弼と言うと、あまりいいイメージがなかったのですが、彼の考え方はあながち間違いではなかったようです。ただ安政の大獄が悪かったのでは、と思いました。
    2014年09月15日 15:53
  • かるきち

    gokiさん、こんにちわ。他の人に何を言われようと主君を思う気持ちは明治になっても捨てなかった。すごい事ですね。
    2014年09月15日 15:54
  • かるきち

    HTさん、こんにちわ。歴史もどちらの視点に立つかで、見方が変わってきますね。今も人のどの面を見るかで、その人の印象が随分違うのかもしれないですね。
    2014年09月15日 15:57
  • かるきち

    pekoさん、こんにちわ。時代物も、案外と面白いですよ。人の見方もいろいろ変わると違ってきますね。
    2014年09月15日 15:59
  • かるきち

    無門さん、こんにちわ。本当にそうですね。スポーツなどは自分の贔屓が審判に反則を取られたりすると、相手を優遇している。って思いますね。
    2014年09月15日 16:01
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんにちわ。井伊直弼や名のある人は色々ドラマ化されたりいますが、名もない武士にスポットをあてて作られているのが良かったです。
    2014年09月15日 16:08
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。原作が浅田次郎さんなので、ストーリーもとても良かったです。妻役の広末涼子さんがとても健気でよかったです。
    2014年09月15日 19:51
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。仇討、江戸時代にもう禁止になっていたかと思ったら、明治まであったのですね。いろいろ歴史を知ることもできてよかったです。志村金吾と直吉の生き方も気になるところですね。
    2014年09月15日 19:53
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。井伊直弼もどちらかというと悪いイメージですが、彦根藩主としての手腕やモノの考え方など見方を考えると悪いことばかりではないですね。両面から見ることが出来るのが一番ですがどうしても偏ってしまいますね。
    2014年09月15日 19:55
  • かるきち

    ミクミティさん、こんばんわ。柘榴坂の仇討は本当にあったことかはわかりませんが、こういったことがあってもおかしくないとは思えますね。10月封切りの「蜩ノ記」とともに見たい映画です。
    2014年09月15日 19:57

この記事へのトラックバック