こんな本読んだ3月分&大好き!映画・試写会「わが母の記」

3月に読んだ本

告白 湊かなえ著 3月9日読了

画像


自分の娘が学校のプールで浮いていた。事故かと思われたこの事件は実は自分の担任の生徒の犯行。
それがわかり、ある復讐を仕掛ける。
人間が心理的に追い詰められて破滅していく状態や、いじめに走る心理状態とか、こういう風になっていくんだ、と思えた。しかし、どの章を呼んでも救われない気分になってしまう。

松たか子さん主演で映画化されました。(といっても私は観ていないのでないようはちょっとわかりませんが)
映画ではどのように演出しているのか、観てみたいです。

せちやんー星を聞く人 川端裕人 3月16日読了
画像


中1のとき、僕、クボキ、やっちゃんで訪れた世捨て人のような家。そこで出会ったせちやん。僕ら3人は大きな影響を受ける。クボキはバイオリンで宇宙の音を作る事に夢中になり、やっちゃんは文学にめざめる。ぼくは、天文にのめりこむが、いつの間にか変わっていき、ジェットコースターのような人生を送る。ありえないなと思いながらも空をみてタウ星を探したくなりました。

ちんぷんかんぷん 畠中恵著 3月23日読了
画像

貰い火の煙を吸って三途の川を渡りかけた、若旦那。三途の川の河原であった子供達。石を一生懸命積んでいるけれど、鬼に蹴散らされ、また石を積む。そんな悲しいシーンからやっと現実に戻ってきた若旦那。でもその後、兄さんの結婚が決まったり、友達も菓子の修行でいなくなるのか。だんだん大人になって色んな経験をしていきますね。

動物園の鳥 坂木司著 3月27日読了
画像


シリーズ3部作の最後だったようだけれど、これから初めて読んでしまいました。鳥井と坂木の友情、人間関係がとても暖かい。なぜ鳥井が引きこもりになったのか、その経過もわかり、その原因を作った男と再会して、過去の思いを乗り越えられたように思えた。あとは鳥井が外に向けて歩き出す事を祈るしかない

3月は4冊でした。

そして今月に入って見た試写会 「わが母の記」
画像

役所広司 樹木希林 宮崎あおい 他出演 

原作は作家井上靖の自伝的小説
あらすじ
小説家の伊上耕作(役所)は子供の頃、両親とはなれて育てられたことから、自分は母に捨てられたという思いを抱きながら生きてきた。
父が亡くなり、残された母の暮らしが問題となり、長男である伊上は妻・琴子や3人の娘達、妹達に支えられ、否が応でも母・八重(樹木)と向き合うようになる。
年老いて次第に薄れていく母の記憶。その中で唯一消される事のなかった事実。初めて母の口から零れ落ちる伝えられなかった母の想いが50年の時を越え、母と子をつないでいく。


舞台は多分昭和30年代・40年代くらいでしょうか。
母を恨みながらも母への思慕の気持ちを複雑に胸にもつ伊上。
そしてだんだん認知症で今の記憶をなくしていく母。その母・八重を妹夫婦や家族で支えていく姿。
忘れている日本の家族の絆なども実感させてくれる映画でした。

また母・八重を演じる樹木さん。
本当にすごい演技力でした。
樹木さんは昔からおばあちゃん役をよく演じていましたが、この役は天下一品。
本当に良い映画でした。

4月28日よりロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • goki

    大変な読書家ですね、幸いと
    私は殆ど現在は疎遠になって
    ますけれど、ちんぷんかんは面白そう
    ですね。
    2012年04月15日 21:13
  • ブルー・ブルー

    告白は、映画を観るか小説を読むかで、結局小説を読みました。
    2年くらい前だったかな。
    あとの三冊は未読です。
    試写会また行ったんですね。
    いいな。
    2012年04月15日 21:47
  • 明美歌

    こんばんは(*^-^*)
    「告白」映画で観ました。
    確かに救われない内容なのですが
    映画としては「映画を見た~!」という
    気分に浸れた映画だったと思います。
    それぞれが
    愛を求めてさまよっているような
    そんな印象を受けました。
    2012年04月15日 22:36
  • ミズバショウ

    月4冊の読書量はいつもながらすごいですね。私には活字を見ていると眠くなってしまうので無理です(笑)。  
    樹木さんの演技力はすばらしいですね。最近はテレビドラマにも出ていないようなので見たくなりました。
    2012年04月16日 04:43
  • イッシー

    なかなか読む時間はないけれど、たまにある電車での移動時間ぐらいは本を読むことにしています。寝ちゃうこともあるけれど。
    2012年04月16日 05:41
  • 毎日日曜人

    おはようございます。
    何時もながら、精力的な読書、映画鑑賞には頭が下がります。「わが母の記」良い映画ですね、見たくなりました。
    2012年04月16日 08:09
  • 無門

    こんにちは

    伊豆には何度も行っていて
    大好きなところ
    井上靖の「しろばんば」の風景を
    自分の足で歩いているので
    「わが母の記」はぜひ見てみたい
    本当はエキストラ出演したかったんだけど
    2012年04月16日 08:52
  • デミ

    おいらも・・・
    ミズバショウさんと同じです・・・
    本を読みなさい・・・って言われ続けて逃げ回ってましたから・・・
    本読んでたら・・・人生変わってたかも・・
    2012年04月16日 08:53
  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

     このところ 試写会4連敗中・・・

     こんどこそ!なテルマエロマエの
     入場券は届くのか?

     ということで わが母の記

        気になりますねえ・・・
    2012年04月16日 08:57
  • 桜子

    こんにちは。
    どの本も読みたくなりますね♪でも救いようのない気持ちになるのは…やっぱりきついてすね。。。
    畠中さんのシリーズ、大好きですが、若旦那もだんだん大人になっていくんですね♪
    それから映画、良さそうですね~!
    樹木さん、ますますイイ味出してらっしゃいますよね。樹木さんが出ていると言うなら是非見てみたいです♪
    2012年04月16日 11:10
  • ちゃちゃ

    あら、今回は読んだことがある本ばっかり~♪って思ったら、最後の「動物園の鳥」はこちらで初めて知りました。おもしろそう。今度図書館で探してみます(もうすっかり図書館派になりましたよ)。
    胸に迫りそうな映画ですね。そーいえば、樹木さん、何かのCMでもそんな役なさってますよね。いい笑顔で。
    2012年04月16日 12:52
  • 茜雲

    無門さんが書かれていますので、間違いないと思いまいした。
    私も粗筋を読んだとき井上靖の「しろばんば」の風景を思い出しました。
    「わが母の記」、ぜひ観てみたいですね。
    2012年04月16日 17:31
  • かるきち

    gokiさん、こんばんわ。ちんぷんかん、今までの話とはちょっと変わってきて、若旦那が大人になっていく寂しさみたいな物が感じられました。
    2012年04月16日 18:38
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。告白、本だと結構つらい物があるけれど、映画でどういう風になっていたのか、知りたいですね。試写会は友人から誘われて。最近当たらない・・・(TT)
    2012年04月16日 18:39
  • かるきち

    明美歌さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。映画、観ましたか!今度DVD借りてこようかなって思います。
    2012年04月16日 18:41
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。以前はもっとたくさん読んだのですが、ちょっとペースが落ちてきました。でも読んでいると、つい夢中になってしまって・・樹木さん、最近は映画が多いですね。
    2012年04月16日 18:43
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。電車って案外読書できるんですよね。私もつい寝てしまう事もあります^^
    2012年04月16日 18:43
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。「わが母の記」原作がしっかりしているので、見ていて無理なく観る事が出来ました。良い映画でしたよ。
    2012年04月16日 18:45
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。これも伊豆がロケでよく登場しました。エキストラも募集がありましたか!?
    2012年04月16日 18:47
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。読書、苦手な方も多いですね。うちの主人も本はあまり読みません。^^
    2012年04月16日 18:48
  • かるきち

    高忠さん、こんばんわ。「テルマエロマエ」観てみたいですね~~^^日本人なのに濃い顔ばかりですものね!^^
    「わが母の記」心に染みる作品です。
    2012年04月16日 18:50
  • かるきち

    桜子さん、こんばんわ。ジャンルを問わず読むほうですが、「告白」感想をどう表現すれば良いのか、ちょっと考えさせられました。若旦那シリーズもこの先どうなるのか、楽しみでした。樹木さん、演技派ですね。本当におばあちゃんに見えてしまう映画でした。
    2012年04月16日 18:56
  • かるきち

    ちゃちゃさん、こんばんわ。「動物園の鳥」以前読んだ「夜の光」がよかったので、同じ作家さんの本を読んで観ました。今度は1・2作目読まなくっちゃ!^^図書館もいろんな本があるので、新たな作家さんを見つけられるのが良いですね!
    2012年04月16日 19:00
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。おっしゃるとおり、伊豆も舞台のひとつでした。この映画の話の中に出てくる、おおばあちゃん、しろばんばに通じる物があるかもしれません。
    2012年04月16日 19:02

この記事へのトラックバック