こんな本を読んだ 7月分

7月に読んだ本

金融探偵 池井戸潤 7月1日読了

画像

銀行を辞めた大原がひょんな事から自分の住んでいるアパートの大家さんの借り入れの相談に乗る事で探偵のような事を始める。本格的な金融ものでも探偵ものでもないので、軽く読めました。

快楽の封筒 坂東眞砂子 7月5日読了

画像

短編集。
1話目と最終話が繋がっている感じ。
結構きわどくて読んでいて赤面・・

ブラックペアン 海堂尊 7月7日読了
画像

無事医師国家試験を合格した新米医師・世良がみた東城医大の内情。研修医として登場した田口先生や速水先生。
そして新米看護士の花房さんがとても初々しい。
ドラマのジェネラル・ルージュの凱旋を観ていた頃だったので、ちょっと俳優さんを思い出してしまいました。

いつか陽の当たる場所で 乃南アサ 7月8日読了

画像


芭子と綾香の2人は罪を犯し刑務所で知り合った仲間。でも2人ともけなげに生きている。下町でひっそりと暮らしている芭子。でもあまりにも臆病すぎる気がする。ストーリーはとてもよかった。綾香に救われた気分がある。
この小説の中におまわりさんの高木聖大が登場しているところが面白い。


日曜日の夕刊 重松清 7月8日読了

画像

短編集。
家族の絆を暖かく優しく描くのは重松さんならではですね。

火のみち (上)(下) 乃南アサ 7月9日・11日読了
画像
画像


終戦直後、命からがら中国から日本に帰ってきた、次郎たち。
母が苦労の末亡くなり、幼い妹と弟を守るために、人を殺めてしまった次郎。
刑務所で陶芸に出会い、大きく人間的に変わっていった次郎と女優になり必死でみんなを守ろうとする君子。
出所し、陶芸の道で名を馳せるようになった次郎だけれど、ある日中国の陶器・官窯に出会い人生が狂っていく。
昭和の歴史と次郎・君子たちの行き方を絡めていてとても面白かった。


ゲームの名は誘拐 東野圭吾 7月20日読了

画像


自動車メーカーのプレゼンを任されていたが、そこの社長から突然降板を言渡される。
そんな男がひょんな事から社長の娘の家出を目撃し、保護。
そして2人で誘拐ゲームを思いつき、社長に連絡。
出来すぎ感はあるがとっても面白かった。 これ、以前に映画化されていたらしいです。

美しき日本の面影 さだまさし 7月27日読了
前回紹介したので省略。

今は乃南アサさんの小説がお気に入りです



七つの危険な真実 (新潮文庫)
新潮社
赤川 次郎

ユーザレビュー:
大人の読みもの 真実 ...
新しい作家さんの発掘 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 七つの危険な真実 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

次郎長放浪記 (角川文庫)
角川書店
阿佐田 哲也

ユーザレビュー:
時代小説この本は阿佐 ...
博打の神さまが描く清 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 次郎長放浪記 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents アコギでクラプトン
ジェネオン エンタテインメント
オムニバス

ユーザレビュー:
色んなアレンジと演奏 ...
録音も素晴らしい。優 ...
トッププロが気合い入 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents アコギでクラプトン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ブルー・ブルー

    最近は、読んでいるけど書評を書く気力がないです。(涙)
    長編が好きだから、火のみちを読んでみようかな。
    応援☆
    2010年08月05日 21:30
  • マリー

    「火のみち」
    いつだったかサスペンスで見たような気がするのですが、気のせいでしょうか・・・
    ストーリがそっくりです(*^-^)♪
    2010年08月05日 23:10
  • ブルースカイ

    こんばんわ
    僕は日曜日の夕刊と言うタイトルに惹かれちゃうかも

    でも最近は、全国紙や地方紙合わせて夕刊を発行しなくなった新聞社が多くなったみたいですね。
    その分、家族の団らんは…

    応援です♪
    2010年08月05日 23:54
  • 茜雲

    紹介文だけで読んだ気分になっています。筋をちょっぴり、そして感想をちょっぴり、いい紹介文です。
    終戦の夏、「火のみち」を読んでみたくなりました。
    2010年08月06日 07:47
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。「火のみち」面白かったですよ!長編だけれど、乃南さんの作品は面白いのであっという間に読めちゃいます。
    2010年08月06日 21:13
  • かるきち

    マリーさん、こんばんわ。そうでしたか!「火のみち」ドラマ化されていましたか。でもこれならありそうですね。
    2010年08月06日 21:14
  • かるきち

    ブルースカイさん、こんばんわ。「日曜日の夕刊」も短編集なので、す~~っと読めますよ。重松さんの人間を見る目の優しさに癒されます。
    2010年08月06日 21:15
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。「火のみち」読み応えがありました。終戦当時の混乱期や復興期などそれぞれの歴史も踏まえてあってその年代もよくわかりました。
    2010年08月06日 21:17

この記事へのトラックバック