東京散歩 アートアクアリウム2019 その2

ロータスリウム 夏の季語でもある「蓮」をモチーフにした約4万m四方の荘厳な雰囲気のアクアリウム 超・花魁 2016年に10年目を迎えたアートアクアリウムの集大成として生まれました。 約3000匹の金魚が泳ぎます。 リフレクトリウム F1.8 凹レンズ凸レンズ、二重レンズなど様々なレンズを施した水槽 中を泳ぐ金魚も大きく見えたり小さく見えたり、不思議な形で楽しませてくれました。 ギヤマンリウム 透明な多面体でプリズム効果をもたらす。 江戸時代にダイヤモンドやガラスのことをギヤマンと呼んでいたので名づけられました。 金魚品評 金魚はもともと上から見るものでした。 今では横から見る水槽が主流ですが、品評会では今でも上から見ています。 金魚の名前が鉢近くに書かれていましたが、名前はパスして。 面白い金魚さん

続きを読む

東京散歩 アートアクアリウム2019 その1

9月のある平日、コレド室町で行われているアートアクアリウム2019に行ってきました。 9月になったし、平日だからそんなに混雑していないかな?と期待を込めて行ってきましたが、そんなはずはなく・・・・結構な混雑ぶりでした。 なるべく人物を入れないようにしましたが、なかなか難しい しばし、アートアクアリウム2019にお付き合いください 会場に入るとまずはカレイドリウム 3Dがお出迎え 正六角柱の水槽で側面には三角形のレンズが埋め込まれていて、中をのぞくと幾何学模様が現れます。 その中を泳ぐ金魚たちが万華鏡のように見えました。 続いては数段の階段の上に「大奥(御殿バージョン)」 金魚を愛でる文化が花開いた江戸時代を象徴する大奥を表現。 女たちが美を競い合った豪華絢爛な世界を現しています そして、美と艶を輝かせながらもどことなくはかなげな生き様を妖艶に泳ぐ金魚を重ね合わせ、「大奥」を御殿スペシャルバージョンとして表しました。 花魁 約一〇〇〇匹の金魚が泳ぐ大きな金魚鉢はおそらく世界一の大きさ。高さ約2.4m、最大直径2m 江戸の遊郭を表現しています。 乱舞する金魚は花魁とそれを目指す女たちをその中でしか生きることのできない世界を意味しています。 金魚鉢が七色に光るライティングは江戸花街の艶やかさを現しています。 …

続きを読む

東京散歩 「夢見る少女のお宝展」再び

以前魚眼レンズを付けていた時に記事をアップした「夢見る少女のお宝展」を再び見に行ってきました。 今度は標準レンズです バービーちゃん 済みません、バービーちゃんではなくリカちゃん?どっちかなぁ・・・ 展示物は前回と変わっていないと思いますが、前回アップしたものとはなるべく違うものを撮りました。 ミニ家電 こういうものを使っておままごと遊び、楽しかったなぁ リカちゃんハウスは憧れ。 友達の家にあってそれでもおままごと遊び リカちゃんの着せ替えセットもありましたね 私は前回にも書いたけれど、リカちゃんは持っていなくて、別のお人形を持っていました。 その子に祖母からもらった端切れで洋服作って(といっても丸く縫った筒で首と手が出るようにしただけでしたが)遊んでいました。 昔の懐かしい思い出がよみがえりました。

続きを読む

東京散歩 若洲海浜公園

やはりちょっと前の話ですが・・・・ 若洲海浜公園へ。 東京ゲートブリッジを見て、海沿いの道を歩きました。 いつ見てもかっこいい橋です。 日曜の午後に出かけたので、釣りをしている人たちでにぎわっていました。 ゲートブリッジを背にして歩きだしました。 堤防に描いてある絵 日差しが強くてたまらん…と思いサイクリングロードの方に逃げ込みました。 もちろん自転車だけではなく歩けます。 ちょっと日影があるので心地いい。 海の向こう側には東京ディズニーリゾートやホテル群。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園5

伊豆諸島の海や東京湾の海にも魅力的なお魚さんたちがいます カメラを向けるとやたらと近づいてくれました。近すぎて撮れない・・・ 後ろのふぐちゃんを撮ろうとすると前ボケになってくれました。 伊豆諸島の海でもこんなにカラフルなお魚さんが見られます 東京湾の海では葉っぱの周りにたくさんのお魚が生息しています 葉っぱに付いた藻?を一生懸命食べていました。 海はいいですね。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園4

まだちょっと引っ張ります ペンギンさんたちのところへ行くとちょうどごはんの時間が終わってみんなリラックスタイム プカプカ浮いているものや、陸に上がってのんびり羽繕いしているペンギンさんたち。 暑いので水中がすごく気持ちよさそう 水中でスイスイ。 世界で一番小さなフェアリーペンギンさんたちは木陰で避暑中でした。 再び館内に入ります。 クラゲはそんなにたくさんいませんが、ふわふわ浮く姿は面白いですね。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園3

大きなマグロの水槽はカメラを水槽にくっつけて撮ろうとすると、マグロが写せない なので、引いて撮りました。 早いスピードで回遊するマグロさんたち。 写真を撮るには結構難しい 小さいお魚さんたちは水槽にカメラをくっつけて 薄っぺらいお魚さん。 いいなぁ。とってもスマート 正面の顔、なんだか困ったような顔していません? どこに顔があるの? ユニークなお魚さんたちもたくさんいました。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園2

水族園の人気者はペンギンさんとニモさんたち 子供たちもニモにくぎ付けでした。 やはりこの姿はかわいいですよね。 ちょっとピンボケ ニモさんのかわいい姿に私もくぎ付けです。 イソギンチャクはカラフルなお花が咲いているように見えました。

続きを読む

東京散歩 葛西臨海水族園1

いよいよ梅雨明けになるのか、晴天でとても蒸し暑い日。 今までお日様が恋しい、などと言っていましたが、晴れれば晴れたで暑くて外に行く気になれず・・・・ 室内で楽しめる葛西臨海水族園に久しぶりにお出かけ 平日でしたが、夏休みになったので家族連れもかなりいて混雑していました。 それでも涼しいところで水中のお魚たちを見られるのはとても心地いい しばし水中散歩にお付き合いください。 魚の名前も展示されていますが、控えてこなかったので、お許しを 魚の正面顔ってユニークですよね。

続きを読む

東京散歩 日比谷公園

みんなはポケモンゲットのために公園内をぐるぐる歩いていましたが、私は魚眼で写真をゲットだぜい ということでしばし公園を散策。 楽しいガーデニング?  テーマごとに造られた花壇ができていました。 竹の飾りにズームイン

続きを読む

東京散歩 魚眼で散歩2

京橋を出て、日比谷公園の方面に向かいました。 皇居外苑の緑の中を歩きました 楠木正成像 最近お気に入り?のキノコ発見! 結構大きいキノコです。 何のキノコかわかりませんが・・・ お濠の前を抜けて 日比谷公園に入りました。 花壇に咲いているお花にくぎ付け やっと魚眼の特徴を発揮 日比谷公園にはたくさんの人! ポケモンゲットの人たちがぞろぞろいました。 まだまだポケモン人気廃れていないんですね~~

続きを読む

東京散歩 魚眼で散歩

久しぶりに魚眼レンズを付けてみました。 なかなか使う機会がないので、たまには・・・と 使ってみるとまた新鮮な感じで面白かったです 京橋エドグランに行って見ると、「夢見る少女のお宝展」という展示物がありました。 子供の頃に欲しかったお人形やミニ家電などいろいろ展示されていました。 リリアン、流行ったけれどぶきっちょな私にはリリアン編めなかったんですよね ママレンジとっても欲しかった! CMを見て、ホットケーキがこれで焼ける!食べたい・・・ (欲しかった理由はホットケーキを作りたいというより、食べたいって思っていたから欲しかったのかも) ほかにも子供心をくすぐるミニ家電がたくさんありました。 リカちゃん人形も懐かしい 友達の家にリカちゃんハウスもあって羨ましかった! 私はリカちゃんは買ってもらえず、「虹のナナちゃん」という7色のカツラを持っているお人形を買ってもらいました。 横浜元町リカちゃんも。 ハマトラ。学生時代流行ったなぁ~~ バービーは大人すぎて、あまり興味はありませんでした。 川島なお美さんのコレクションも展示されていました。 ちょっと魚眼ではもったいない展示物ばかりでしたが、本当に子供の頃、、欲しかったものがたくさん展示されていて、夢見る少女??に戻ってしまいました。

続きを読む

東京散歩 浜離宮恩賜庭園3

キバナコスモス畑から離れて、散策。 サルスベリが咲き始めました。 ピンクのフリルがかわいいですね。 花木園では梅の実が実っていました。 松の木がたくさんの延遼館跡には芝生がありますが、梅雨の長雨でキノコがあちこちに。 久しぶりにお日様がのぞいた日でした。

続きを読む

東京散歩 浜離宮恩賜庭園2

今度はキバナコスモスに近づいてみました。 ハッチ君たちは忙しく働いて、蝶はヒラヒラ、花から花へ。 飛んでいるハッチ君にピントがやっと合いました 小さなバッタはお休み中。 チョウチョは黄色いコスモスの方がお気に入りのようで、黄色い方に何匹も飛んでいました。 セセリちゃんも 夢中で蜜を吸っているようだったので、カメラが近づいても逃げませんでした。

続きを読む

東京散歩 浜離宮恩賜庭園1

久しぶりに浜離宮恩賜庭園へ。 キバナコスモスが咲き始めたということで行ってきました。 赤っぽいオレンジ色と黄色いキバナコスモスが咲いていました。 黄色とオレンジ色のキバナコスモスがコラボです。 ピンクのコスモスは育成中で、まだまだ緑色でした。

続きを読む

東京散歩 不忍池 蓮の花2

蓮の花、どこで見てもとても美しい。 今回はズームレンズを持っていったので、遠いところのお花もちょっと大きく写せました。 蓮の花びらの上をハチが飛んでいます 大きな葉っぱの葉脈も美しい。 つぼみが葉っぱにかくれんぼ 最後にトンボと一緒に。 不忍池の蓮の花はまだこれからが見ごろです。 楽しみですね。

続きを読む

東京散歩 不忍池の蓮の花1

本当は浅草寺のほおずき市の前に不忍池に行きましたが、ブログでは記事が逆になっていますが・・・ まずは午前中に不忍池の蓮の花を見に行ってきました。 例年不忍池の蓮の花は中山法華経寺の蓮の花などと比べ開花が遅いので、どうかな? と思いながら行ってきました。 やはり、まだまだ咲いているものの方が少なかったです。 蓮の葉っぱは池を覆うようにたっぷりありますが、お花はあちこちにポツポツという感じです。 花を探して、池の周りを歩き回りました 不忍池ではカメラを持って写真を撮っている人たちや、外国人観光客も多く見られました。 男性によく撮れた?などと声を掛けられ、しばし蓮の花や不忍池がどうやってできたかなど教えてくれる人もいました。 そういうことも素敵な出会いですね。

続きを読む

東京散歩 ほおずき市2

ほおずき市の写真をたくさん撮ってきたので、もう一回お付き合いくださいね。 鉢植えのほおずきもありますが、籠盛りや、切り花として売られているものもありました。 ほおずきと風鈴が一緒に売られていて、風鈴の音も涼しげでした。 小さな風鈴がとてもかわいい ほおずきの鉢に刺して売っていました。

続きを読む

東京散歩 ほおずき市1

7月9・10日は浅草寺のほおずき市 私は10日に浅草寺に行ってきました。 浅草寺のほおずき市の由来は 7月9日・10日、浅草寺境内を彩るほおずきの屋台は、浅草の夏の風物詩である。この両日は四万六千日の縁日であり、縁日にともなってほおずき市が催される。 平安時代頃より、観世音菩薩の縁日には毎月18日があてられてきたが、室町時代末期(16世紀半ば)頃から、「功徳日」といわれる縁日が設けられるようになった。功徳日とは、その日に参拝すると、100日、1,000日分などの功徳が得られるという特別な日を指す。功徳日は寺社によって異なるが、現在、浅草寺では月に1度、年に12回の功徳日を設けている。このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日」と呼ばれる。この数の由来は諸説あり、米の一升が米粒46,000粒にあたり、一升と一生をかけたともいわれるが、定かではない。46,000日はおよそ126年に相当し、人の寿命の限界ともいえるため、「一生分の功徳が得られる縁日」である。  四万六千日の縁日の参拝は江戸時代には定着し、われ先に参拝しようという気持ちから、前日9日から境内は参拝者で賑わうようになった。このため、9日、10日の両日が縁日とされ、現在に至る。 (以上浅草寺HPより) 平日でも浅草寺は大混雑。 ほおずき市のほおずきを買い求める人や観光客で大賑わいです。 雷門は記念写真を撮る人たちでいっぱい…

続きを読む

東京散歩 七夕飾り

小岩フラワーロードへ。 七夕飾りが飾られていました。 アーケードになっている歩道の上を大きな七夕飾りがゆらゆら。 風が結構吹いていたので揺れています 小さな飾りもありました。 フラワーロードと呼ばれるように、歩道と車道の境には花壇があって、季節によっては花壇コンクールなども行われています。 七夕飾りの下の花壇 カラフルなケイトウがとてもかわいい。 夜、織姫・彦星が出会えるといいですね 話は変わって… 昨日の夜、10時過ぎにスマホからログインしたら、誰かわからない人のブログの管理画面に! すごくびっくりしました。 なぜ???パスワードとID乗っ取られた??? って心配になりました。 その後、夜12時ころPCからログインすると自分の管理画面になっていて安心しましたが。 ビッグローブのブログのお知らせに同じ内容が記載されていたので、乗っ取りではなかったと思いましたが、 これってひどいですよね。 みなさん、怒り心頭になっていますが、なぜこんなリニューアルをしたのか。 意味が分かりません。

続きを読む

東京散歩 銀座で花見

6月の日曜日、久しぶりに銀座でぶらぶら。 ソニービルの跡地は銀座ソニーパークと変わっていました。 ブーゲンビリアが華やかな色で見られました。 ブーゲンビリアの後ろにはたわわに実ったビワの実が・・・ いいなぁ。 食べたい…などど思いながら写真を撮って。 大きな観葉植物もたくさんありました。 いこいの場所になっていました。

続きを読む

東京散歩 東御苑

東御苑の花菖蒲を見た後は、ぐるっと散策。 青空に緑がきれいですね~~。 アジサイもきれいです。 ノカンゾウやホタルブクロが雑木林のところで見られました。 虫さんが頭隠して尻隠さず?? 本丸のあたりは工事中であちこち立ち入り禁止の場所も多くて、2020に向けてかな 大番所 モノクロにしてみました。 ちょっと江戸時代に戻ったみたいでしょう

続きを読む

東京散歩 東御苑 花菖蒲

梅雨の合間の晴れの木曜日。 東御苑に行ってきました。 木曜日は晴れていいお天気。 ちょっと暑い日でした。 雑木林を抜けて、二の丸庭園の菖蒲畑へ。 雑木林もいい感じで、都会の真ん中とは思えない緑。 雑木林に流れる小川の流れもとても清らかな感じがしました。 そんなところを眺めながら、菖蒲畑に。 東御苑の花菖蒲もちょうど見ごろでした。 またしばし東御苑の散策にお付き合いくださいね。

続きを読む

東京散歩 小岩菖蒲園2

菖蒲の前に名札がついていましたが、今回は名前はあまり気にせず撮影しました。 お花に近づいて。 花菖蒲はどこにピントを合わせればいいのかよくわからない、ちょっと難しいお花ですね。 青系が多い花菖蒲ですが、黄色いものもありました。 金冠 真っ白の花菖蒲もありました。 ふと、花菖蒲を下から撮ったらどう見えるかな?と思い、ビューファインダー機能でカメラを花の下から上に向けて写しました。 今度は上から。

続きを読む

東京散歩 小岩菖蒲園1

6月になると花菖蒲。 小岩菖蒲園で花菖蒲を見てきました。 出かけたのは6日。 いいお天気で気温も30度近くまで上がった暑い日でした。 平日でケアホームのお年寄りの人たちもたくさんやってきて、花菖蒲を綺麗ね~~と言いながら楽しんでいました。 ちょうど見ごろのお花がいっぱい。

続きを読む

らんらんランチ

新宿御苑を出た後ランチへ。 友人おすすめのスープカレー屋さんに。 都営大江戸線で牛込神楽坂駅へ。 新宿駅から大江戸線に乗ったのですが、大江戸線がなかなか見つからない。 結構右往左往歩き回ってしまいました なんとか大江戸線から電車に乗り込み、到着。 お店は牛込神楽坂の駅からすぐでした。 午後2時近かったのですが、結構人気のお店でお待ちの人がいっぱい。 30分近く待ちました。 注文したのは20種類の野菜とチキンのスープカレー 野菜がごろごろ入っていてスープが見えません ジャガイモ、ニンジンはともかく、ゴボウ、オクラ、トマト、レンコンなどなど野菜たっぷりでした。 チキンもカリカリで骨からお肉がすぐ取れました。 別の日 姉と銀座でランチ 姉は群馬に住んでいますが、この3月に正社員で勤めていた会社を定年退職。 4月から時間ができたのでちょくちょく東京に出てきています 姉といったお店は和食屋さん。 「竹の庵」というお店でした。 実はこのお店、入れたのは今回初めて。 でも3回、行こうとトライしました。 初めてお店に行った時はすごい行列。 なんと行こうと思った前日にテレビで取り上げられてそれを知らずに出かけたらあまりの行列に断念。 2回目も…

続きを読む

東京散歩 新宿御苑 薔薇巡り2

新宿御苑のバラ花壇は2つに分かれています。 2つの花壇に約106種、合計約540本のバラの木が植えられています この日はバラの花人気投票も行われていて、20種類のバラの花の中から選んで投票するようでした。 結果は・・・・私は知りません どのバラもすてきで選べませんでした。 これらは候補ではありませんが候補に入れたいくらいです 隣のプラタナス並木も葉っぱがとてもきれいでした。 それでも1時間半くらい新宿御苑にいました。

続きを読む

東京散歩 新宿御苑 薔薇巡り1

19日(日)新宿御苑へ友人たちとバラの花を見に 日曜日だったので新宿御苑は人が多く、入場券を買うのもちょっと行列 中に入ると新緑がとても美しい いつもなら新宿御苑に行くとゆっくり過ごすのですが、この日は友人たちとランチの予定もあるのでバラの花のみ バラ花壇の前でバラの花の香りを楽しむイベントなども行っていて、香りの強いバラの花がそれぞれ1輪挿しにさしてあり、香りの効き分けができました。 またバラの花を説明してくれる人もいらして、いろいろ聞きながらバラを楽しめたりしました。 普段はバラの花の花壇の中にある芝生に入れないのですが、この日は芝生も開放。 バラの花近くで楽しめました。 白いバラの花が青空に映えてとてもきれい。 バラの花がどれもほぼ満開。 とてもきれいな状態のバラの花を見られました。 バラの花壇の中の芝生の中にあったバラの花 普段なら近寄れないバラです 薔薇の名前、名札も一緒に写してきたのですが今回は名前はあげません 様々な色のバラの花がありました。 あと1回、新宿御苑の薔薇巡りにお付き合いください。

続きを読む

東京散歩 神田祭2

神田明神の境内でお神輿の宮入りを見ました 境内は宮入を見ようとする人でごった返していました。 お神輿が入れ代わり立ち代わりで宮入れの行事が行われるので、私はだんだん前の方に進んでいけましたが、スマホやカメラを上にあげて写真を撮る人が多いので撮影は大変でした。 お神輿が到着すると二礼2拍手一礼し、神主さんからお祓いを受けます。 地区の町長さんなどがあいさつし、一本締めしてお神輿が退場していきました。 見ている人たちも同じように作法し、なんとなくすっきりとした気持ちになって氏子さんたちと一体感が生まれてくるようになるのは私だけかな 神田祭もしばらくぶりに見に来られて良かったです。

続きを読む