台湾旅行記 台北101 カウントダウン花火

何とか花火まで傘を差さずに済みました。 ここ数年見る場所を決めているので1時間前に到着。 日本の新年をメトロから出てくる階段で迎えました。 台北101 周りの雰囲気です。 私たちが見ている場所は夜10時過ぎると道路が封鎖され車が侵入できなくなるので、みんな道路で花火が上がるのを待っています。 カウントダウンが始まりいよいよ花火が・・・ 灯りが消えました。 色とりどりの花火が5分間立て続けで上がりました。 でも今年は環境に配慮し、花火の本数が昨年よりも少ないということです。 私たちの見ている側からは見られませんが、101の正面ではプロダクションマッピングも投影されているようです。 そしていつも思うのが、101から花火が出てくるんですよね。どうやって花火が上がるのかなぁって。 そんなことを思いながら花火終了後はすぐ撤収。 そうしないと帰りのメトロが大変です。 私たちが駅に着いたときはすでに長蛇の列。台湾版DJポリスも登場し、殺伐しそうな人たちを軽快な語りで和ませていました。私たちは何言っているか理解できませんが それでもなんとか12時40分頃には電車に乗れました。 長い1日がこうして終わりました。 1日は帰国。 長い間、台湾旅行記にお付き合いいただきありがとうございました。{…

続きを読む

台湾旅行記 皮剥寮

龍山寺のすぐ近くに皮剥寮があり、ここもレトロな雰囲気たっぷりで若い人のインスタ映えスポットです。 モノトーンもいい雰囲気です 入り口前に飾られていました。 建物の中に休憩スペースができていて、お茶も無料でいただけました。 夕方士林夜市に出かけ、軽く夕ご飯。 そして今回のメインのカウントダウン花火へ。 31日の1日はまだまだ長い

続きを読む

台湾旅行記 龍山寺

台湾に来たらやはり台湾のお寺にもお参りしなくては。 今年も来られたお礼とまた来年も来られますようにとお祈りしてきます。 龍山寺に行きました。 駅から出て龍山寺の前の広場に噴水があって。 噴水と龍山寺のコラボです。 いつもよりお参りしている人は少ないけれど、それでもみんな熱心にお参りしていました。 お供え物もきらびやかですね。

続きを読む

台湾旅行記 12月31日 昼間の一こま

象山から下りて、しばし台北101近くのショッピングモールで休憩 台湾のお正月は旧正月なので、クリスマスツリーがまだ飾られています。 スターウォーズも。 小さなチューバッカたちも ヴィトンもおしゃれでした。

続きを読む

台湾旅行記 象山登り

31日は朝起きて外を見ると道路が乾いている! 曇っていましたが、何とかお天気は持ちそう・・・ 夜のカウントダウン花火もこれなら傘を差さずに済むかな~~。と期待。 とりあえず、朝からお出かけ。 淡水へと向かいましたが、電車を降りるとなんと激しい風雨! これでは外に行けないわ、とがっかり。 今度は今夜の花火がある台北101がよく見える象山へ登ってみようと電車で戻りました。 象山は最近ガイドブックにも載っている人気の絶景スポット いつかは登ってみたいと思っていたので、今回チャレンジできて嬉しい。 外国でも人気の様でいろんな国の人が山登りにチャレンジしていました。 登山路はずっと石段で、結構急。 ヒーヒー言いながら石段を上り、途中台北101が見えるとちょっと嬉しい。 登り始めのルートを間違えたのか、途中細い山道に入ってしまい、雨でぬかるんでいたのDがとっても怖くて。 それでも最後の急な石段を上って行きました。 お天気なら絶景の101が見られたのですが、このお天気・・・ それでも見られただけ良しとしましょう。 頂上に大きな岩があり、その岩と101を一緒に撮りたかったのですが、先客(たぶんタイ人)がずっと岩に登り立っていて写真が撮れない 雲が切れて101がきれいに見えるのを待って…

続きを読む

台湾旅行記 故宮博物院4

たくさん故宮博物院で写真を撮ってきましたが、紹介しきれないのでこれでそろそろ終わりにします 「象牙透彫雲龍文套球」 わずか直径12センチほどの球の表層には精巧な9匹の龍の彫刻が彫られ、その中には透かし彫りの幾何学文様が施された24層の球体があり、各層自由に回転させることができます。現在では制作不可能、もはや神業としかいえない超絶技巧の象牙細工です。 清代1737年に作られた「雕橄欖核舟」も驚きの極小彫刻です。高さ1.6センチ、縦1.4センチ、横3.4センチ足らずの小さなオリーブの種を小舟に仕立て、中には表情や動きの異なる8人が乗船しており、扉が開閉する小舟の船底には300字もの文字が刻まれています。 本当に美しい素晴らしいものでした。 ほかにも小さな展示物 拡大鏡が前に置いてないと見えない・・・ 故宮博物院には3時間ほどいたでしょうか。 じっくり見て回ると本当に疲れました。 そして、ちょっと笑える話・・・・ 肉形石は南院に展示されていますという貼り紙があったので私たちは南院がこの敷地にあると思い南院を探しに。 休館中の建物に行くと、警備の人に声かけられ、中国語はわからないし、「肉形石」を英語でなんて言えばいいかわからなくてもたもたしていると、ポケトークを持っていることを思い出し、使ってみました。 「肉形石はどこにありますか?」と日本語で尋ね、ポケトークが中国語に翻訳し…

続きを読む

台湾旅行記 故宮博物院3

行列ができている部屋に行くと、翠玉白菜が飾られていました。 みんな順番に待っていましたが、やはり図々しく横入りする人がいるんですよね。 それもやっと私たちが先頭になった時に。 マナーを守ってほしいものです。 部屋は暗めなのでなかなかきれいに写せない・・・ キリギリス、わかりますか ぐるっとガラスケースを周りながら写せました。 翠玉白菜 原石の玉の持つ自然な色や形を利用して玉器を作る「巧彫」の最高傑作とされる。 2匹のキリギリスは子孫繁栄、白菜は清廉潔白の象徴。 玉魚 この下の3枚はとても小さな展示物でした。 定窯 白磁嬰児型枕 北宋の頃のもので、日常に使われた枕と考えられているそうです。底に乾隆帝の詩が彫り込まれているそうです。

続きを読む

台湾旅行記 故宮博物院2

ツアーだと故宮博物院も目玉の白菜とキリギリス、肉形石、象牙の雲龍紋と大体この3つを見てあとは駆け足で数点見ておしまい。 という感じでした。 今回はゆっくり見て回ったので、3階と2階の展示室をほぼ制覇しました。 展示物に表示板があったので一緒にアップします。 簪や首飾りなど、身にまとう飾り物もたくさん見られました。

続きを読む

台湾旅行記 故宮博物院1

双渓公園を出て、再びバスに乗り、故宮博物院に行きました。 故宮博物院にはツアーで2回程訪れましたが、個人で訪れるのは今回初めて。 以前は展示物の撮影禁止でしたが、今は撮影できます。 中に入るとチケットを買う人の行列・・・・ しばし、並んでいると夫が自動販売機があったと言うので行ってみると、クレジットカード決済で購入できる機械がありました。 もっと早く気がつけばよかった・・・ オーディオガイダンスもレンタルしたかったのですが、借りるにはパスポートが必要。 台湾ではホテルの金庫にいつも入れているので持ち歩いていない。 そんなんで目だけで楽しんできました。 たくさん写真を写してきました。 年代順ではないと思いますので、悪しからず これは秦の時代 春秋戦国時代 漢の時代の印 海外の博物館に行くといつも思うのが、日本がまだ統治しているかどうかの時代にこんなにも立派な食器や武器などがあるなんてすごいって。 文明や文化の発達に驚かされています。

続きを読む

台湾旅行記 12月30日 双溪公園

30日も朝から雨・・・・ お天気が曇りか晴れなら高雄か台中まで新幹線で出かけて観光しようと思いましたが、天気予報を見ると台湾全土雨… 遠出をしても雨では仕方ないと結局台北市にとどまりました。 市内のメトロで貼られていたオニバスの葉っぱが美しい公園のポスターを見て行ってみようと。 双溪公園という公園でした。 士林の駅からバスで数分で到着です。 中に入りました。 池を見ると、あれ?オニバス無い・・・・ 公園内にあった通り道。雨に濡れずに快適 中華風庭園で東屋も丸窓の様になっていました。 雨結構降っています。 池にカワセミさんいましたが、遠すぎて撮れませんでした。 梅の花咲いていました。 こんな景色を見たかったのですが、季節外れでした・・・・ これは公園の中に貼ってあった写真です。

続きを読む

台湾旅行記 宝蔵巌2

ここには無名のアーティストの作品やショップなどがあるようですが、お休みのところが多かったようで人影が少なくて、傘さしながら写真をたくさん撮ってきました。 公開していた部屋に入りました。 小高い場所から降りてきて宝蔵巌国際芸術村全体を撮ってみる ここからの風景がよくこの場所を紹介している本などに載っていました。

続きを読む

台湾旅行記 12月29日 宝蔵巌1

台湾にいる間お天気が悪くて、29・30日はほぼ雨。 傘が手放せない・・・ 31日は何とか曇り。でも時々雨が・・・ しかし一番メインのカウントダウン花火の時には雨が降らずに済んだのが救いでした。 そして帰国の1日は曇り。 なんだかな~~。 29日は朝から雨 宝蔵巌国際芸術村というところに行ってきました。 ここには山寺もありました。 宝蔵巌国際芸術村は廃墟寸前だった集落を芸術村へと変えたスポット。現地の人でも知らない人が多いという穴場です。 高い丘の斜面に家屋が密集して建っており、その一帯がアーティストたちのアートの発表の場であり住居にもなっていて、アトリエと民家が混在している特殊な集落です。 雨も降っているせいか、訪れる人はまばら。穴場スポットです。 小高い場所で道路がよく見えました。

続きを読む

台湾旅行記 12月28日

新年始動開始です 改めて明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 1日の新年のご挨拶にコメント・気持ち玉ありがとうございました。 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。 12月28日から1月1日まで台湾に行ってきました。 またしばらく台湾旅行記になりますが、よろしくお願いします。 今回初めて飛行機はLCCのピーチを使いました。 成田第三ターミナルからの出発でした。 出国手続きも全然楽々で、出国ラッシュとは思えないくらいで拍子抜けな感じでした。 飛行機に乗り込むのもバスで飛行機が駐機しているところまでバスで行き、タラップで飛行機に。 これは乗った飛行機ではありませんが、とりあえず。 台湾まで約3時間半。 このくらいの距離ならLCCでも苦になりません。 でも本当に何もなくて、モニターも付いていないし、飲み物・食事もありません。 台北にいよいよ到着。 いつもは夕方や夜に到着するので機内から外が見えることはほとんどないので、ちょっと嬉しい。 〇菱電気の工場が見えました。 入国手続きが済み、いよいよ台湾です。 台北までは桃園メトロ空港線で楽々移動。 メトロに向かうまでに飾ってありました。

続きを読む

横浜市イギリス館 英国のクリスマス

西洋館最後は横浜市イギリス館の英国のクリスマスです 歴史と文化、伝統の国イギリス(UK)は同じロンドンが首都の4つの国からなり、古きよきものを大切にする風土とトレンドを発信する個性あふれる要素があります。今回はクリスマスのワクワク感と「家」「家族」への郷愁やStoryを演出しています。 イギリス館はどの部屋もきれいに飾られていました。 今年はこれでブログ最終になります。 1年、お付き合いいただきありがとうございました。 たくさんのコメントや気持ち玉、ありがとうございました。 気持ち玉を頂いた人のところにあまり訪問することもできずに申し訳ありませんでした。 インフルエンザも流行中ですね。 お体に気を付けて、よいお年をお迎えください。 また来年もお出かけブログになると思いますがよろしくお願いします。

続きを読む

山手111番館 カナダのクリスマス

山手111番館のクリスマスはカナダ 多民族国家のカナダはクリスマスの過ごし方も様々です。今年のクリスマスは自然豊かな北方の地、ニューファンドランドの家庭でのクリスマス。ニューファンドランドでもクリスマスは家族や友人と楽しく賑やかに過ごします 山手111番館に入ってすぐ大きなツリーが迎えてくれました。 あらら、ツリーの後ろの煙突にサンタさん! 落ちゃったのかしらん。プレゼントが重すぎたかな? 隣の部屋では・・・・ あれ?お尻が大きすぎて入れない・・・?? 楽しい演出です。 窓にもウインタースポーツの盛んなカナダらしい飾りがいっぱい

続きを読む

山手234番館 ポーランド共和国のクリスマス

山手234番館のクリスマスはポーランド ポーランドのクリスマスは家族で過ごすのが特徴です。1か月ほど前から食材を買い始め、プレゼントの準備も始まります。クリスマスイブには家族で食卓を囲み、12種類の伝統的な料理を楽しみます。この中には肉料理は含まれず、その代わりに魚、特に鮭を使った料理が見られます。食卓には家族分のプレートともしその暖かい食卓を求めて訪ねてきた人にも分かち合えるように1つ多くプレートを用意します。 食器もツリーもなんか素朴な雰囲気でとてもかわいい 今回の西洋館のクリスマス、どこもみんな素敵だったのですが、1点豪華主義という感じでリビングとかは飾り付けが見事なのですがほかの部屋は飾りつけされていなかったり、ほんのちょっとだけ。って感じでした。 十分楽しめましたが、なんとなくあれ??って思えました。 それではよいクリスマスを!

続きを読む

ベーリック・ホール フランス共和国のクリスマス

ベーリック・ホールではフランスのクリスマス フランスのクリスマスは、家族が集う一大イベント。お部屋をデコレーションして、自宅で家族の時間を楽しみます。12月に入るとお楽しみのマルシェドノエルが街中で開催され、クリスマスムードいっぱいになります。 ダイニングルームには華やかな飾り。 白いパンジーの飾りがかわいらしくて華やかでした。 部屋の中にいい香りが立ち込めていました。 広いリビングルームにはクリスマスツリーが1本 2階はあまり飾りがない。

続きを読む

外交官の家 アメリカ合衆国のクリスマス

外交官の家ではアメリカのクリスマスが展示されていました。 米国でのクリスマスは1年で一番大切なファミリーイベント。 遠く離れていても家族や親せきが一堂に集まります。常緑樹のツリー、色とりどりのライトやキャンディーケインやジンジャークッキー。サンタのオーナメントなどで飾り付けをし、食卓にはローストターキーやローストポークハムなどにクランベリーソースと野菜をたっぷり。ホリデーシーズンに家族を想いながらそろえたプレゼントを交換したりあたたかな時を過ごします。 アメリカのクリスマスというとホップで明るい感じかなと思いましたが、部屋が照明が抑え目だったからか心底明るいクリスマスという感じはしませんでした。 でも飾られている小物がかわいらしくて楽しいものがいっぱいでした。 前回のハロウィンでは墓場になっていたサンルーム。 今回は子供たちが遊べそうな場所になっていました。 クリスマスツリーの周りにはたくさんのプレゼント。 幸せな光景ですね。

続きを読む

ブラフ18番館 オーストリア共和国のクリスマス

ダイニングルームを出てサロンやサンルームへ。 オーストリア共和国のクリスマスはクリスマス市が各地で開かれ、賑やかで楽しいクリスマスです。街の中心に4本のキャンドルのついたアドベントクランツが飾られ、キャンドルが1本ごとにクリスマスへの喜びが高まっています。 かわいらしいツリーや小物が飾られていました。 2階に上がりました。 2階のクリスマスツリーの周りはクリスマス市のような小物がたくさん並んでいました。 キラキラ小物、やっぱり女心をくすぐりますね。

続きを読む

横浜山手西洋館 世界のクリスマス ブラフ18番館

17日、やや雨模様の日でしたが、横浜山手西洋館の世界のクリスマスを見に行ってきました。 お天気悪くても、室内の撮影なので、カメラも濡れないだろうという思惑もあり。 それでもラッキーなことに到着した時からは雨も止んで傘を使わず周ることができました。 お天気が今一つだったからか、見に来た人たちもあまり多くなくて、ブラフ18番館は独り占めの様な感じでゆっくり見られました。 ブラフ18番館はオーストリア共和国のクリスマスです。 オーストリア共和国というとハプスブルク家・マリア・テレジアやその娘、マリーアントワネットですね。 世界史あまり得意ではありませんが、ハプスブルク家のことは教科書に出ていた記憶が・・・・ しばらく世界のクリスマスにお付き合いくださいね。

続きを読む

ドライブ アウトレット

富士山をいっぱい撮れて大満足。 本命のアウトレットへ向かいました。 アウトレットからも富士山が見られてまたここでも富士山撮影。 夕暮れはまた綺麗ですね 山梨から見る富士山と御殿場から見る富士山、シルエットが違いますね。 すっかり暗くなりました。 富士山は見えなくなりましたが、木のイルミネーションが次々変わるのを見て帰路に向かいました。

続きを読む

富士山三昧 山中湖

忍野八海をから山中湖へ。 その途中に富士山が大きくよく見える場所で写真を。 富士山の山頂は風が強かったのか雪?が舞っているように見えました。 山中湖からも 何度か山中湖のこの場所で写真を撮っていましたが、これだけ全体をはっきり撮れたのは今回初めて。 とてもうれしいです。 山中湖の遊覧船は白鳥の湖号というんですね。 ちょうど到着しました。 白鳥の湖号の前には鴨さんたちがいっぱいいました。

続きを読む

ドライブ 忍野八海2

忍野八海に点在する池を見にしばし散策。 池の説明はすべて忍野村観光情報HPより参照しました。 鏡池 湧池から続く賑やかな通りの北側にあり、鏡池は湧水がとても少ないです。この池は条件が整えば、水面にはっきりと富士山が映り込み、見事な逆さ富士を見ることができます。 近くでにゃんこ発見 日向ぼっこで気持ちよさそうでした。 菖蒲池 菖蒲池は鏡池の東側にあり、大人の背丈ほどに成長したショウブ(サトイモ科)と外来種であるキショウブ(アヤメ科)等の植物がみられます。奥には八海菖蒲池公園があります。 銚子池 湧池から阿原川沿い脇の草地のなかにひっそりとあります。池の底の砂地から水が湧いているのがよく見えます。 お釜池 忍野八海の中で最も小さな池です。 バイカモが揺れ動く景色や水深の青さを鑑賞できます。 池をつなぐ川沿いを歩きましたが、水がとてもきれいで、またのどかな雰囲気。 土手に桜の木があり、春はまた桜を見ながら歩くのも楽しいだろうなって思いました。

続きを読む

ドライブ 忍野八海1

昨日、久しぶりに車でお出かけ。 アウトレットへ行こうということで、初めは千葉県内の酒々井アウトレットに行きながらどこかへ行こうという話をしていましたが、お天気も良かったので、富士山見たい!と御殿場プレミアムアウトレットへ行きました。 その前に、忍野八海や山中湖に立ち寄りました。 中央高速の車内から富士山見えてテンションが上がってきました。 まずは忍野八海へ。 湧池へ。 このあたりは観光客でいっぱい。 特に大陸系?の人たちでいっぱいでした。 すごく水が澄んでいてとても美しい。 写真では写しきれない美しい水ですね。

続きを読む

京都散歩 清明神社~御金神社

再びバスに乗り、北大路まで戻ってきました。 また地下鉄に乗り換え、今出川駅へ。 今出川駅からはちょっと歩きました。 大通りの街路樹も見事な紅葉でした。 清明神社に到着。 陰陽師で有名になりましたね。 若い女性が結構お参りに来ていました。 清明神社で清め砂を買ってきました。 以前も買ったのですが同じ値段なのに量がずいぶん少なくなっていました。 まあ、ご利益の量は変わらないでしょう 最後は御金神社 こちらも以前友人たちと初めて訪れた神社ですが、テレビで紹介されて知名度が上がったようで訪れる人が多かったです。 金運アップを祈願してきました。 そして京都駅まで戻ります。 最後に京都駅で飾られていたクリスマスツリーと、京都タワーをカメラに収め、一路東京へ。 最終日は夕方まで京都を楽しみました。 2日目残念でしたが、それでも美しい紅葉をたくさん見られて良かったです。 また来年! 長い間京都散歩にお付き合いくださいましてありがとうございました。

続きを読む

京都散歩 光悦寺

光悦寺とは 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの茶室がある。竹を斜めに組んだ垣根は光悦垣と呼ばれる。 (以上京都市公式観光ナビHPより) 光悦寺の参道があまりにもきれいすぎて何枚も写真を撮ってしまいました。 境内にもそろそろ目を向けましょう 光悦垣 近くの山も風景の1部 やはりたくさん写真が撮れました。

続きを読む

京都散歩 源光庵&光悦寺

鷹峯という地域に常照寺・源光庵・光悦寺とありました。 バス停からこの3つのお寺は近くて、移動も楽々でした。 常照寺から源光庵へ。 源光庵には「悟りの窓」と「迷いの窓」と2つの窓があるそうです。 ここでも綺麗な紅葉が見られる・・・とワクワクしながら行ってみると・・・ なんと、ただいま修理中・・・という札があり、中に入れませんでした 表のモミジだけ写してきました。 2つの窓見ることができなくて残念でした。 またいつか京都へ行った時にリベンジしたいです。 気を取り直して光悦寺へ。 道から光悦寺に向かう参道がモミジでとても美しい! でも警備の人がいてここでは写真は撮らないでください!と叫んでいたので、中に入ってからパチリ。 細い参道にモミジが。素晴らしい風景でした。

続きを読む

京都散歩 常照寺2

再び京都散歩に戻ります 常照寺のモミジが素晴らしくて、何枚もシャッターを切りました。 訪れる人もいるにはいますが、嵯峨野などの人混みもなく心置きなく写真が撮れました。 ここにはさすがに海外からの人はいませんでした。 本堂に上がりました。上から見る風景も素敵ですね。 本堂横の講堂の様な場所に行くと吉野太夫のビデオが流れていました。 吉野太夫は「寛永三名妓」の一人といわれ、容姿が美しいだけではなく、和歌、俳諧、書、茶道、琴、琵琶、笙、香道、華道など諸芸に秀でていたことから、その名声は遠く明国(中国)にまで聞こえていたそうです。 また毎年4月の第三日曜日に花供養が行われ太夫道中が見られます。 じっくり吉野太夫に触れ、吉野太夫のゆかりの茶席「遺芳庵」(いほうあん)には、吉野が好んだ「吉野窓」と呼ばれる壁一面の大丸窓があります。 仏教では完全な円は完成した悟りの姿を示すといわれていますが、この「吉野窓」は窓の下部が切れて直線となっています。 吉野太夫はこの吉野窓に完全ではない自分の姿を映し、自らを戒めていたそうです。 才色兼備を鼻にかけず、常に仏を信仰していた吉野太夫、素晴らしい女性なのだろうなって思いました。

続きを読む

東京散歩 東御苑の大嘗宮2

東御苑に登って行きました。 本丸のところにぐるっと回り道があり、大嘗宮までここから2時間かかります!というアナウンス え~~!どうしよう!! 見るのやめようか、どうしようか・・・なんて考えましたが、1人で出かけたので誰に気を遣う必要もないし、もう2度見ることができないかも・・・そう思ったらとりあえず並ぼう!と列に加わりました。 人を見ながらぐるっと回り道。 なんだかんだで1時間程度で大嘗宮近くにたどり着きました。 人。人。人の波で写真を撮るのも大変。 DJポリスが何人もいて殺気になりそうな人たちの気分を笑いで和ませてくれました。 正面が! 人のカメラを撮ってしまいました。 どこがどこなのかさっぱりわかりませんが、とりあえず全体を見られるようになっていたので写してきました。 2時ちょっとすぎに坂下門に入り、結局東御苑を出たのは4時。 2時間滞在しました。 しかし、こんなに混雑していて見るのが大変だったとは、ほんとに驚きでした。 それでもいいものを見せていただいたということですね。

続きを読む