山手111番館 カナダのクリスマス

山手111番館のクリスマスはカナダ 多民族国家のカナダはクリスマスの過ごし方も様々です。今年のクリスマスは自然豊かな北方の地、ニューファンドランドの家庭でのクリスマス。ニューファンドランドでもクリスマスは家族や友人と楽しく賑やかに過ごします 山手111番館に入ってすぐ大きなツリーが迎えてくれました。 あらら、ツリーの後ろの煙突にサンタさん! 落ちゃったのかしらん。プレゼントが重すぎたかな? 隣の部屋では・・・・ あれ?お尻が大きすぎて入れない・・・?? 楽しい演出です。 窓にもウインタースポーツの盛んなカナダらしい飾りがいっぱい

続きを読む

山手234番館 ポーランド共和国のクリスマス

山手234番館のクリスマスはポーランド ポーランドのクリスマスは家族で過ごすのが特徴です。1か月ほど前から食材を買い始め、プレゼントの準備も始まります。クリスマスイブには家族で食卓を囲み、12種類の伝統的な料理を楽しみます。この中には肉料理は含まれず、その代わりに魚、特に鮭を使った料理が見られます。食卓には家族分のプレートともしその暖かい食卓を求めて訪ねてきた人にも分かち合えるように1つ多くプレートを用意します。 食器もツリーもなんか素朴な雰囲気でとてもかわいい 今回の西洋館のクリスマス、どこもみんな素敵だったのですが、1点豪華主義という感じでリビングとかは飾り付けが見事なのですがほかの部屋は飾りつけされていなかったり、ほんのちょっとだけ。って感じでした。 十分楽しめましたが、なんとなくあれ??って思えました。 それではよいクリスマスを!

続きを読む

ベーリック・ホール フランス共和国のクリスマス

ベーリック・ホールではフランスのクリスマス フランスのクリスマスは、家族が集う一大イベント。お部屋をデコレーションして、自宅で家族の時間を楽しみます。12月に入るとお楽しみのマルシェドノエルが街中で開催され、クリスマスムードいっぱいになります。 ダイニングルームには華やかな飾り。 白いパンジーの飾りがかわいらしくて華やかでした。 部屋の中にいい香りが立ち込めていました。 広いリビングルームにはクリスマスツリーが1本 2階はあまり飾りがない。

続きを読む

外交官の家 アメリカ合衆国のクリスマス

外交官の家ではアメリカのクリスマスが展示されていました。 米国でのクリスマスは1年で一番大切なファミリーイベント。 遠く離れていても家族や親せきが一堂に集まります。常緑樹のツリー、色とりどりのライトやキャンディーケインやジンジャークッキー。サンタのオーナメントなどで飾り付けをし、食卓にはローストターキーやローストポークハムなどにクランベリーソースと野菜をたっぷり。ホリデーシーズンに家族を想いながらそろえたプレゼントを交換したりあたたかな時を過ごします。 アメリカのクリスマスというとホップで明るい感じかなと思いましたが、部屋が照明が抑え目だったからか心底明るいクリスマスという感じはしませんでした。 でも飾られている小物がかわいらしくて楽しいものがいっぱいでした。 前回のハロウィンでは墓場になっていたサンルーム。 今回は子供たちが遊べそうな場所になっていました。 クリスマスツリーの周りにはたくさんのプレゼント。 幸せな光景ですね。

続きを読む

ブラフ18番館 オーストリア共和国のクリスマス

ダイニングルームを出てサロンやサンルームへ。 オーストリア共和国のクリスマスはクリスマス市が各地で開かれ、賑やかで楽しいクリスマスです。街の中心に4本のキャンドルのついたアドベントクランツが飾られ、キャンドルが1本ごとにクリスマスへの喜びが高まっています。 かわいらしいツリーや小物が飾られていました。 2階に上がりました。 2階のクリスマスツリーの周りはクリスマス市のような小物がたくさん並んでいました。 キラキラ小物、やっぱり女心をくすぐりますね。

続きを読む

横浜山手西洋館 世界のクリスマス ブラフ18番館

17日、やや雨模様の日でしたが、横浜山手西洋館の世界のクリスマスを見に行ってきました。 お天気悪くても、室内の撮影なので、カメラも濡れないだろうという思惑もあり。 それでもラッキーなことに到着した時からは雨も止んで傘を使わず周ることができました。 お天気が今一つだったからか、見に来た人たちもあまり多くなくて、ブラフ18番館は独り占めの様な感じでゆっくり見られました。 ブラフ18番館はオーストリア共和国のクリスマスです。 オーストリア共和国というとハプスブルク家・マリア・テレジアやその娘、マリーアントワネットですね。 世界史あまり得意ではありませんが、ハプスブルク家のことは教科書に出ていた記憶が・・・・ しばらく世界のクリスマスにお付き合いくださいね。

続きを読む

ドライブ アウトレット

富士山をいっぱい撮れて大満足。 本命のアウトレットへ向かいました。 アウトレットからも富士山が見られてまたここでも富士山撮影。 夕暮れはまた綺麗ですね 山梨から見る富士山と御殿場から見る富士山、シルエットが違いますね。 すっかり暗くなりました。 富士山は見えなくなりましたが、木のイルミネーションが次々変わるのを見て帰路に向かいました。

続きを読む

富士山三昧 山中湖

忍野八海をから山中湖へ。 その途中に富士山が大きくよく見える場所で写真を。 富士山の山頂は風が強かったのか雪?が舞っているように見えました。 山中湖からも 何度か山中湖のこの場所で写真を撮っていましたが、これだけ全体をはっきり撮れたのは今回初めて。 とてもうれしいです。 山中湖の遊覧船は白鳥の湖号というんですね。 ちょうど到着しました。 白鳥の湖号の前には鴨さんたちがいっぱいいました。

続きを読む

ドライブ 忍野八海2

忍野八海に点在する池を見にしばし散策。 池の説明はすべて忍野村観光情報HPより参照しました。 鏡池 湧池から続く賑やかな通りの北側にあり、鏡池は湧水がとても少ないです。この池は条件が整えば、水面にはっきりと富士山が映り込み、見事な逆さ富士を見ることができます。 近くでにゃんこ発見 日向ぼっこで気持ちよさそうでした。 菖蒲池 菖蒲池は鏡池の東側にあり、大人の背丈ほどに成長したショウブ(サトイモ科)と外来種であるキショウブ(アヤメ科)等の植物がみられます。奥には八海菖蒲池公園があります。 銚子池 湧池から阿原川沿い脇の草地のなかにひっそりとあります。池の底の砂地から水が湧いているのがよく見えます。 お釜池 忍野八海の中で最も小さな池です。 バイカモが揺れ動く景色や水深の青さを鑑賞できます。 池をつなぐ川沿いを歩きましたが、水がとてもきれいで、またのどかな雰囲気。 土手に桜の木があり、春はまた桜を見ながら歩くのも楽しいだろうなって思いました。

続きを読む

ドライブ 忍野八海1

昨日、久しぶりに車でお出かけ。 アウトレットへ行こうということで、初めは千葉県内の酒々井アウトレットに行きながらどこかへ行こうという話をしていましたが、お天気も良かったので、富士山見たい!と御殿場プレミアムアウトレットへ行きました。 その前に、忍野八海や山中湖に立ち寄りました。 中央高速の車内から富士山見えてテンションが上がってきました。 まずは忍野八海へ。 湧池へ。 このあたりは観光客でいっぱい。 特に大陸系?の人たちでいっぱいでした。 すごく水が澄んでいてとても美しい。 写真では写しきれない美しい水ですね。

続きを読む

京都散歩 清明神社~御金神社

再びバスに乗り、北大路まで戻ってきました。 また地下鉄に乗り換え、今出川駅へ。 今出川駅からはちょっと歩きました。 大通りの街路樹も見事な紅葉でした。 清明神社に到着。 陰陽師で有名になりましたね。 若い女性が結構お参りに来ていました。 清明神社で清め砂を買ってきました。 以前も買ったのですが同じ値段なのに量がずいぶん少なくなっていました。 まあ、ご利益の量は変わらないでしょう 最後は御金神社 こちらも以前友人たちと初めて訪れた神社ですが、テレビで紹介されて知名度が上がったようで訪れる人が多かったです。 金運アップを祈願してきました。 そして京都駅まで戻ります。 最後に京都駅で飾られていたクリスマスツリーと、京都タワーをカメラに収め、一路東京へ。 最終日は夕方まで京都を楽しみました。 2日目残念でしたが、それでも美しい紅葉をたくさん見られて良かったです。 また来年! 長い間京都散歩にお付き合いくださいましてありがとうございました。

続きを読む

京都散歩 光悦寺

光悦寺とは 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの茶室がある。竹を斜めに組んだ垣根は光悦垣と呼ばれる。 (以上京都市公式観光ナビHPより) 光悦寺の参道があまりにもきれいすぎて何枚も写真を撮ってしまいました。 境内にもそろそろ目を向けましょう 光悦垣 近くの山も風景の1部 やはりたくさん写真が撮れました。

続きを読む

京都散歩 源光庵&光悦寺

鷹峯という地域に常照寺・源光庵・光悦寺とありました。 バス停からこの3つのお寺は近くて、移動も楽々でした。 常照寺から源光庵へ。 源光庵には「悟りの窓」と「迷いの窓」と2つの窓があるそうです。 ここでも綺麗な紅葉が見られる・・・とワクワクしながら行ってみると・・・ なんと、ただいま修理中・・・という札があり、中に入れませんでした 表のモミジだけ写してきました。 2つの窓見ることができなくて残念でした。 またいつか京都へ行った時にリベンジしたいです。 気を取り直して光悦寺へ。 道から光悦寺に向かう参道がモミジでとても美しい! でも警備の人がいてここでは写真は撮らないでください!と叫んでいたので、中に入ってからパチリ。 細い参道にモミジが。素晴らしい風景でした。

続きを読む

京都散歩 常照寺2

再び京都散歩に戻ります 常照寺のモミジが素晴らしくて、何枚もシャッターを切りました。 訪れる人もいるにはいますが、嵯峨野などの人混みもなく心置きなく写真が撮れました。 ここにはさすがに海外からの人はいませんでした。 本堂に上がりました。上から見る風景も素敵ですね。 本堂横の講堂の様な場所に行くと吉野太夫のビデオが流れていました。 吉野太夫は「寛永三名妓」の一人といわれ、容姿が美しいだけではなく、和歌、俳諧、書、茶道、琴、琵琶、笙、香道、華道など諸芸に秀でていたことから、その名声は遠く明国(中国)にまで聞こえていたそうです。 また毎年4月の第三日曜日に花供養が行われ太夫道中が見られます。 じっくり吉野太夫に触れ、吉野太夫のゆかりの茶席「遺芳庵」(いほうあん)には、吉野が好んだ「吉野窓」と呼ばれる壁一面の大丸窓があります。 仏教では完全な円は完成した悟りの姿を示すといわれていますが、この「吉野窓」は窓の下部が切れて直線となっています。 吉野太夫はこの吉野窓に完全ではない自分の姿を映し、自らを戒めていたそうです。 才色兼備を鼻にかけず、常に仏を信仰していた吉野太夫、素晴らしい女性なのだろうなって思いました。

続きを読む

東京散歩 東御苑の大嘗宮2

東御苑に登って行きました。 本丸のところにぐるっと回り道があり、大嘗宮までここから2時間かかります!というアナウンス え~~!どうしよう!! 見るのやめようか、どうしようか・・・なんて考えましたが、1人で出かけたので誰に気を遣う必要もないし、もう2度見ることができないかも・・・そう思ったらとりあえず並ぼう!と列に加わりました。 人を見ながらぐるっと回り道。 なんだかんだで1時間程度で大嘗宮近くにたどり着きました。 人。人。人の波で写真を撮るのも大変。 DJポリスが何人もいて殺気になりそうな人たちの気分を笑いで和ませてくれました。 正面が! 人のカメラを撮ってしまいました。 どこがどこなのかさっぱりわかりませんが、とりあえず全体を見られるようになっていたので写してきました。 2時ちょっとすぎに坂下門に入り、結局東御苑を出たのは4時。 2時間滞在しました。 しかし、こんなに混雑していて見るのが大変だったとは、ほんとに驚きでした。 それでもいいものを見せていただいたということですね。

続きを読む

東京散歩 東御苑の大嘗宮1

京都観光のブログの最中ですが、4日に皇居の乾通りと東御苑の大嘗宮の参観に行ってきました。 都心のイチョウも黄色く色づいていました。 平日だから少しは空いているかな~~?なんて思い出かけましたが、とんでもない! 二重橋前の広場まで行き、手荷物チェック、セキュリティチェックを済ませ、坂下門から皇居に入りました。 お濠に紅葉の木が1本。 坂下門をくぐり抜け、皇居に入りました。 この後、直接東御苑の大嘗宮に行くこともできますが、皇居の中を見た後に大嘗宮へ行くこともできます。 ただ、乾門の方に行ってしまうと大嘗宮が見られなくなるのでご注意ください、とアナウンスがありました。 私は皇居の中を見た後に大嘗宮へと向かいました。 綺麗だなと思って近づいてみましたが、今年は色があまりよくないですね。」 京都の紅葉があまりにもきれいだったのでどうしても見劣りがしました。 冬桜が咲いていました。 紅葉と冬桜のコラボです 局門 門長屋 道潅濠 普段はいれないところに入れて見ることができました。 乾通りと大嘗宮は12月8日まで見られます。

続きを読む

京都散歩 常照寺1

25日は初めに書いたように朝起きたら声が出なくて、熱も・・・ 私はホテル待機でした。近くのクリニックで薬をもらい安静にしていました。 翌日26日は京都最終日。 熱も下がり、声も少しずつ出るようになったので観光を満喫しました。 この日は地下鉄・バス1日乗り放題のチケットを購入。 900円です。 これがあると、乗り降りにお金を払わず済むので面倒くさくないし、お得でした。 京都駅から地下鉄に乗り北大路へ。そこからバスに乗り常照寺へ。 山門に行くまでにすでに真っ赤! 格ー日蓮宗総本山身延山久遠寺直末。永代紫衣。 元和元年(1615)本阿弥光悦は、徳川家康より東西200間、南北7町の鷹峰の地を拝領し、 本阿弥一門とその家職につながる集団を引連れ移住しました。 元和2年、本阿弥光悦、光瑳親子は、同所に「法華の鎮所」を建立、 鷹峰に弘通していた寂照院日乾上人を招じてこれを捧げ、日乾上人はその鎮所を寂光山常照寺と号しました。 さらに日乾上人は常照寺に僧侶の学問所・鷹峰檀林を創設しました。 故に往時は常照講寺と呼ばれ、境内数万坪の中に、講堂、衆妙堂、玄義寮、妙見堂など三〇余棟の堂宇が甍を並、 数百人の学僧が集う鷹峰一帯の中心的アカデミーでした。 明治5年(1872)の学生発布により檀林制度は廃止されましたが、開山日乾上人の…

続きを読む

京都散歩 東寺のライトアップ

ホテルから東寺へは徒歩10分程度。 ライトアップが見られるというので行ってきました。 中に入ると五重塔が見事に浮かび上がり、ライトアップされた紅葉がより美しさを引き立てていました。 水面に映る紅葉もきれいでした。 あまりの美しさに時を忘れました。

続きを読む

京都散歩 嵯峨野界隈

嵯峨野・嵐山付近は寺院以外にも素敵な場所がいっぱいあって、ついシャッターを切ってしまいます。 気がついたらカメラのバッテリーマークが1つ減ってる! 今回カメラのバッテリー、持っていくか充電器を持っていくかどうしようなんて考えていたのに両方持っていくのを忘れた! この時点で3日間は絶対に持たない!!どうしよう~~。なんて思っていました。 京都駅周辺の電気屋さんでどっちか買うか??と思っていました。 結局2日目、寝込んで観光できなかったのでカメラのバッテリーも間に合ったのですが・・・ 入らなかったけれど落柿舎の前だけ写真を撮って。 落柿舎の向かいに大きな柿の木。たわわに実っていました。 駅に向かう途中にコスモスが咲いているところが 順番が最後になりましたが、お昼はお蕎麦。 キノコたっぷりの温かいお蕎麦をいただきました。 夕方になり、ようやくホテルにチェックイン。

続きを読む

京都散歩 二尊院

二尊院も見事な紅葉が見られました。 二尊院(にそんいん)は、京都市右京区の嵯峨野の二尊院門前にある天台宗の寺院。山号は小倉山。正式には小倉山二尊教院華台寺(おぐらやま にそんきょういん けだいじ)という。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像に由来する。 総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は紅葉の名所として知られる。また奥には百人一首ゆかりの藤原定家が営んだ時雨亭跡と伝わる場所がある。 (以上Wikipediaより) これは帰るときの写真ですが、二尊院に入った時はやっぱりすごい人出でした。 二尊院のモミジも本当に素晴らしくて、あちこちで写真を撮りまくりました。 手水に落ちていたモミジ 本堂に上がれました。 本堂の廊下から見た小さな庭も素敵です。 数年前に訪れたときは本堂の修理中で入れませんでした。 今回、本堂まで登れてゆっくり過ごすことができて良かったです。

続きを読む

京都散歩 野宮神社

天龍寺を出るとまた竹林が続きます。 そして野宮神社に。 以前も野宮神社にお参りしましたが、その時はここまで混雑していなかったのにと、びっくり お参りする人たちで行列していました。 鳥居の向こうに色鮮やかな葉っぱが見られました。  野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。  嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。 (以上 野宮神社HPより) 苔のお庭もきれいでした。 そのあと竹林の公園の様な場所に。 ほっこり仏様 ちょっと借景 こういう場所では着物姿似合いますね。

続きを読む

京都散歩 天龍寺2

曹源池庭園 約700年前の夢窓国師作庭当時の面影をとどめており、わが国最初の史跡・特別名勝指定。 中央の曹源池を巡る池泉回遊式庭園で、大堰川を隔てた嵐山や庭園西に位置する亀山を取り込んだ借景式庭園でもある。 お天気が晴れていればもっときれいだったのでしょうけれど、この日はやや曇り。 ちょっと残念でしたが、池にモミジが写りました。 見る場所でいろんな景色が楽しめました。 この赤色、関東では見られなかったので嬉しい。テンションが上がります。 ツワブキもかわいらしい。 水墨画の中に赤色ひとさし。 まだまだ天龍寺を楽しみたかったのですが、まだまだ行かなくてはいけないところがたくさん。 天龍寺を後にしました。

続きを読む

嵐山の竹林~天龍寺

桂川を抜けて竹林へ。 竹林へ行くまでもきれいなモミジ! 竹林は人でいっぱい。日本人も外国人もぞろぞろ・・・竹林はほんとに有名になりましたね 人を写さないように撮ると空の方を写してしまいます。 ちょっと下を写すと… ものすごい人混みでした 天龍寺に入りました。 竹林とモミジのコラボが素晴らしい。 方丈などには入らず境内を散策しましたが、とても広い! 歩き甲斐がありました。

続きを読む

そうだ!京都に行ってきた 24日嵐山1

24日から26日まで姉・姪と私で京都に行ってきました。 3日間のはずなのですが、先週木曜ころから喉が痛くて、でも平熱だったのですが、ここに来てちょっとやばいことに・・・ 24日は行きたいところに行けて大満足でしたが、翌日25日、朝起きると声が出ない! 扁桃腺がついに暴れ出しました・・・・ 熱も少しあり、私はホテルに残りました。 ホテル近くのクリニックを紹介してもらい、薬を処方してもらいました。 姉たちはレンタカーを借りて、比叡山・大原へと言ったようです。 2泊3日ですが実質私は2日間の京都旅行です。でもまあ行きたいお寺と見事な紅葉を見られました。 まずは・・・・24日は朝8時半ころの新幹線で。ホテルに荷物を置き、まずは嵐山へ出かけました。 嵐山へは京都からJRで。快速電車で約15分。思ったよりも近い 電車は満員電車でしたが、みんな降りる場所は一緒。 目的は一緒でした。 まずは渡月橋へ。 日曜の午後ということもあって大混雑。 渡月橋の歩道は一方通行でぞろぞろと川を渡りました。 人が多い! でもやはり紅葉がきれいでした。 再び渡月橋を渡り、川沿いを散策。 ドウダンツツジも真っ赤です。 しばし京都旅行にお付き合いくださいね。

続きを読む

鎌倉散歩 建長寺

長寿寺から建長寺へ。 ここは鎌倉でも有名すぎる大きなお寺ですが、久しぶりにお参りしてきました。 外人さんたちが山門バックに記念撮影していました。 この仏様の上の天井に雲龍図がありました。 とても素晴らしい絵図ですね。 また外に出ると唐門が輝いていました。 建長寺の境内はとても広く裏手には石段をたくさん登って半増坊から、天園ハイキングコースがありますが、ハイキングコースは台風の影響で通行不可でした。 ここまで来たから半増坊まで行こうと思ったのですが、それが大変でした! まだなだらかでしたが、この先は何回も石段を上って、ヨレヨレです。 前にも友人と一緒に行ったのですが、こんなにしんどかったかな?って思ってしまいました。 フーフー言いながらようやく半増坊まで。 天狗様に出迎えられました。 しばし、半増坊で休み、またもと来た石段を降りて戻りました。 登るのもつらいけれど、降りるのは怖いですね。結構急だったりして、真剣に降りました。 ようやく降りた後、ちょっと気になった場所が。 なんだかオブジェがおいてある・・・行ってみると虫塚でした。 石碑の裏に発起人の意図や名前が彫られていました。 周りにカブトムシやクワガタ虫の石も置かれていました。 建長寺で思ったよりも長い時間過ごしていました。 ほかにも鶴岡八幡宮にちょこっと寄ったり、幾つか…

続きを読む

鎌倉散歩 長寿寺

北鎌倉から鎌倉方面に向かう途中にある長寿寺 普段は中に入れませんが、季節の特別拝観で中に入ることができました。 去年もでかけとても美しいお庭が眺められたので今年も入れてラッキーでした。 まずはご本尊様にお参りし、それからゆっくりお庭を楽しみました。 こんな廊下も今では懐かしい雰囲気です 白砂のお庭がとても素晴らしい。 お寺の中も素晴らしかったですが、そろそろ出て、庭の散策。 ぐるっと周れるようになっています。

続きを読む

鎌倉散歩 明月院2

明月院の境内にもたくさん撮るものがありました。 ここでもススキ 竹筒に刺した花もお寺の住職さんの心遣いが感じられます。 境内の一角にウサギ小屋があったり、野鳥やリスさんのえさ場がありました。 お客さん見っけ~~ リス君がいました ヤマガラさんも来てくれました 警戒心は強いですが、動かないでじっとしていると案外近くに来てくれます。 わ~~い、カメラ目線もらえました。 リス君も近づいてきてくれましたよ そんな足元に爆睡中のネコさん。 なでても反応しないので、死んでいるのかと思うくらい動かない。 でもちゃんと生きていました。 野鳥やリスを狙わないなんて、お寺のネコさんはさすがですね。

続きを読む

鎌倉散歩 明月院1

東慶寺から今度は明月院へ。 明月院はアジサイでとっても有名。 今年のアジサイの頃はかなり大人気だったようで、お寺に続く道に行列ができたらしいです。 紅葉もきれいなところですが、ここでもまだあまり紅葉は見られませんでした。 夏の忘れ形見? アジサイが1輪。 入ってすぐのあたりはきれいに色づいた木々がありました。 そしてここにもササリンドウの群生が 夏に訪れたときに並んで写した方丈窓も今回は楽々。 ゆっくり写真が撮れました。 それでもあちこちに秋の風情を感じることができました。

続きを読む

鎌倉散歩 東慶寺

円覚寺から東慶寺へ。 東慶寺は縁切寺として有名です。 山門に登る前にススキがとてもきれいなところが。 その前にあるカフェも素敵です。 さて、東慶寺に入りましょうか 東慶寺は尼寺なのでお庭にもたくさんのお花が見られてうれしい あちこちに鎌倉市の花、ササリンドウの青い花が見られました。 ジュウガツザクラも小さな花を見せてくれました。 お庭をお掃除している人がいてその方とちょっとおしゃべりしましたが、紅葉は12月に入ってから、とのこと。 台風の影響で大きな木が倒れたり、イチョウも1/3くらい葉っぱや銀杏が落ちてしまったということでした。 そしてもう1つ教えていただいたのは、石碑のこと すっかり風化して文字も読めませんが、昔、由比ヶ浜のところに「ここで飛び込むべからず」みたいな文章が書かれているそうです。そしてその文章の下に観音様の姿も彫られていて、これを読んだ女性が自殺を思いとどまった、ということでした。 何も知らないと石碑の文も読めないし、何だろうって思うだけですが、こうしてお話を聞けるととてもいいですね。

続きを読む