バスでGO!カクキュー八丁味噌の郷

焼津さかなセンターを後にして、次は岡崎市にある カクキュー八丁味噌の郷へ。 到着すると係の人に迎えられ、八丁味噌の資料館と実際の八丁味噌だる、試食、お土産購入という時間になりました。 資料館の外観 中に入ると昔駅に架けられていた看板。 カクキュー八丁味噌は社名は合資会社八丁味噌でカクキューは屋号ということです。 若い男性社員が説明してくれましたが、やる気があるのかないのか、ちょっとわからない感じの人でした。 八丁味噌の由来は昔家康公が生まれた岡崎城から距離が約8丁。(約900m)くらいだそうでした。 そして八丁味噌は赤味噌、信州みそなどは白味噌ですが、赤と白の違いを教えてくれました。 赤味噌は大豆を蒸して麹を混ぜる。白味噌は大豆を茹でてから麹を混ぜるという違いだそうです。 塩分も白味噌よりも少ないということでした。 そして味噌樽が保存されている蔵へ。 中に入るとほんのり味噌の香りがします。 樽の大きさは高さ約180cm、6トン(だったかな)の味噌が作れます。 4人家族だと200年味噌汁が飲める量だということです そして樽は約150年ほど使えるそうで、上の写真の樽は天保の札が付いていました。 そしてこの蔵には100個ほどの樽が保管されているということでした。 樽の上に乗っている石は職人さんが1つ1つ積み上げているそうです。 野…

続きを読む

東京散歩 山本亭1

帝釈天を出て、山本亭に行きました。 山本亭は寅さんミュージアムのすぐ近くにあります。 山本亭はカメラ部品を製造していた山本栄之助氏がここに居を移し、整備した屋敷です。 特徴は近代和風建築と純和風庭園が見事に調和しているところです。母屋は書院造り風の古風な日本建築ですが、1933(昭和8)年ごろまでの増改築により廊下にはガラス戸を巡らして野外と室内を仕切り、鳳凰の間と呼ばれる応接間を増築、さらに洋風にアレンジした長屋門など洋風の造形も加わりました。 (以上山本亭ちらしより) 障子で仕切られた和室が広々として落ち着く空間でした。 ガラス戸は開けることができませんが、和風庭園が広がっていました。

続きを読む

東京散歩 芝離宮庭園

久しぶりに芝離宮へ。 いいお天気でした。 花木はこの季節期待できないので、魚眼レンズでちょっと趣向を変えて撮影。 池も広々 ロウバイがありましたが、まだつぼみ。 日当たりのいいところでは咲いていました。 水仙も少しありました。 ビルが曲がっていました~~~

続きを読む

京都でこれ食べた!

京都観光はおしまいですが、ごはんも・・・ 初日のお昼はおそばを食べてもうアップしましたが、夕方、ティータイム。 嵐山の駅から嵯峨野に向かうまでにこじゃれたお店を見つけていたので、そこに立ち寄ろうと帰りに行きました。 入り口は日本風のお店でしたが、中に入るとティーサロンの様な感じでした。 紅茶専門店で、シフォンケーキとアールグレイをいただきました。 お店の中の写真は撮りませんでしたが 素敵なマダムたちが趣味でお店を開いているような雰囲気(あくまでも想像ですが) ふんわり軽いシフォンケーキとアールグレイに癒されました。 そして夜、東大寺のライトアップを見た後に夕ご飯。 京都駅ビルの中の和食屋さんに入りました。 九条ネギのたっぷり載った卵焼き 生湯葉のあんかけご飯やお魚のセットを頂きました。 熱々のアンがかかった生湯葉がごはんに乗っています。 しゃもじでよそってお茶碗に入れていただきました。 2日目はご承知の通りコンビニでパンなど買って食べただけなのでパスですが、3日目は復活して朝から元気に朝ご飯! ネットで調べたらやはり駅ビルの中にビュッフェスタイルの和食が頂けるお店が人気・・ということで行きました。「竈炊き立てご飯 ’土井」 9時オープンのお店の8時45分くらいに到着。1番前で待っていると続々とお客さんが並びました。 早速、盛り付けいただきます…

続きを読む

鎌倉散歩 長寿寺の庭

建長寺の塔頭(たっちゅう)寺院である長寿寺(長寿禅寺)は、足利尊氏が鎌倉時代末期の1336年に創建。足利尊氏の墓地が京都の等持院と長寿寺にある。 今年はやはり紅葉には早くて。 それでも赤くなった葉っぱと緑のコントラストが素敵でした。 小高いところに足利尊氏の墓があります そこから白砂の庭の方面に出て、散策終了になりました. もう少し赤く色づいていれば良かったのですが、仕方ないですね

続きを読む