鎌倉ぶらぶら散歩4 長谷寺

鎌倉文学館から長谷寺へ。 長谷寺もアジサイの季節は大賑わいですが、今回はそんなに混雑もしていませんでした。 中に入るとシュウメイギクがきれいに咲いていました。 ここから見る海の風景もいいものです 桜の木に吊るされていました。 風が吹くときれいな音色が聞こえます。 ここだけが紅葉していました。 ほかはまだまだ青モミジです。 和み地蔵様もコロナ対策万全でした。

続きを読む

鎌倉ぶらぶら散歩2

鎌倉から長谷方面に歩きました。 通り沿いにおしゃれなお店がたくさんあって、ついついシャッターを押していました。 前よりも素敵なお店が増えたような気がします。 お寺巡りも楽しいですが、ウィンドウショッピングも楽しいですね。

続きを読む

鎌倉ぶらぶら散歩1

20日(火)鎌倉へ久しぶりに出かけてきました。 3月に友人と行くつもりでしたが、コロナ感染防止のため行くのを中止。 そんなことで鎌倉に出かけたのも今年初めてかなぁ~~。 今回は1人だし、平日でまだ紅葉時期には早いから、鎌倉もそんなに混雑していないだろうと思い切って出かけました。 実際、鎌倉では徒歩で移動で、お寺でもさほど密にならずに散策できました。 鎌倉でのルートは大巧寺に立ち寄り、そのあと長谷方面に。 まずは大巧寺 ここは安産祈願のお寺ですが、お花がたくさん見られるので立ち寄ります。 この日も何人かの妊婦さんを見かけました。無事元気な赤ちゃんが生まれるといいですね。 私はお花の写真撮り シュウメイギクの季節ですね。 お寺の隣のビル壁面にツタの葉がからんでいました。 ツタが紅葉していました。 そのあと、長谷方面にぶらぶら歩きます。

続きを読む

群馬の花

4連休はいかがお過ごしだったでしょうか。 私は群馬にお墓参りに行ってきました。 実家に車を置き、すぐ近くのお寺に歩いてお墓参りへ。 その道すがらのおうちの周りにたくさんのお花が咲いていました。 お墓参りを済ませ、お花の写真を撮らせてもらいました。 アジサイの上にカミキリムシが乗っていました。 庭の手入れをしていたおじさんに挨拶すると、「これ、あまり出来は良くないけどあげるよ」とスイカ! ここのおうちは実家とは道路を挟んで向かいですが、あまり付き合いのない家です。 たぶん私が誰だか知らないと思うのですが、見ず知らずの人にスイカをあげてしまう、田舎の人はなんて優しいんだなんて、ちょっと感激しました。 家に帰り冷蔵庫で冷やして早速いただきました。 あまり甘くはなかったですが、今年初のスイカを食べられました。

続きを読む

横浜市イギリス館 英国のクリスマス

西洋館最後は横浜市イギリス館の英国のクリスマスです 歴史と文化、伝統の国イギリス(UK)は同じロンドンが首都の4つの国からなり、古きよきものを大切にする風土とトレンドを発信する個性あふれる要素があります。今回はクリスマスのワクワク感と「家」「家族」への郷愁やStoryを演出しています。 イギリス館はどの部屋もきれいに飾られていました。 今年はこれでブログ最終になります。 1年、お付き合いいただきありがとうございました。 たくさんのコメントや気持ち玉、ありがとうございました。 気持ち玉を頂いた人のところにあまり訪問することもできずに申し訳ありませんでした。 インフルエンザも流行中ですね。 お体に気を付けて、よいお年をお迎えください。 また来年もお出かけブログになると思いますがよろしくお願いします。

続きを読む

山手111番館 カナダのクリスマス

山手111番館のクリスマスはカナダ 多民族国家のカナダはクリスマスの過ごし方も様々です。今年のクリスマスは自然豊かな北方の地、ニューファンドランドの家庭でのクリスマス。ニューファンドランドでもクリスマスは家族や友人と楽しく賑やかに過ごします 山手111番館に入ってすぐ大きなツリーが迎えてくれました。 あらら、ツリーの後ろの煙突にサンタさん! 落ちゃったのかしらん。プレゼントが重すぎたかな? 隣の部屋では・・・・ あれ?お尻が大きすぎて入れない・・・?? 楽しい演出です。 窓にもウインタースポーツの盛んなカナダらしい飾りがいっぱい

続きを読む

山手234番館 ポーランド共和国のクリスマス

山手234番館のクリスマスはポーランド ポーランドのクリスマスは家族で過ごすのが特徴です。1か月ほど前から食材を買い始め、プレゼントの準備も始まります。クリスマスイブには家族で食卓を囲み、12種類の伝統的な料理を楽しみます。この中には肉料理は含まれず、その代わりに魚、特に鮭を使った料理が見られます。食卓には家族分のプレートともしその暖かい食卓を求めて訪ねてきた人にも分かち合えるように1つ多くプレートを用意します。 食器もツリーもなんか素朴な雰囲気でとてもかわいい 今回の西洋館のクリスマス、どこもみんな素敵だったのですが、1点豪華主義という感じでリビングとかは飾り付けが見事なのですがほかの部屋は飾りつけされていなかったり、ほんのちょっとだけ。って感じでした。 十分楽しめましたが、なんとなくあれ??って思えました。 それではよいクリスマスを!

続きを読む

ベーリック・ホール フランス共和国のクリスマス

ベーリック・ホールではフランスのクリスマス フランスのクリスマスは、家族が集う一大イベント。お部屋をデコレーションして、自宅で家族の時間を楽しみます。12月に入るとお楽しみのマルシェドノエルが街中で開催され、クリスマスムードいっぱいになります。 ダイニングルームには華やかな飾り。 白いパンジーの飾りがかわいらしくて華やかでした。 部屋の中にいい香りが立ち込めていました。 広いリビングルームにはクリスマスツリーが1本 2階はあまり飾りがない。

続きを読む

外交官の家 アメリカ合衆国のクリスマス

外交官の家ではアメリカのクリスマスが展示されていました。 米国でのクリスマスは1年で一番大切なファミリーイベント。 遠く離れていても家族や親せきが一堂に集まります。常緑樹のツリー、色とりどりのライトやキャンディーケインやジンジャークッキー。サンタのオーナメントなどで飾り付けをし、食卓にはローストターキーやローストポークハムなどにクランベリーソースと野菜をたっぷり。ホリデーシーズンに家族を想いながらそろえたプレゼントを交換したりあたたかな時を過ごします。 アメリカのクリスマスというとホップで明るい感じかなと思いましたが、部屋が照明が抑え目だったからか心底明るいクリスマスという感じはしませんでした。 でも飾られている小物がかわいらしくて楽しいものがいっぱいでした。 前回のハロウィンでは墓場になっていたサンルーム。 今回は子供たちが遊べそうな場所になっていました。 クリスマスツリーの周りにはたくさんのプレゼント。 幸せな光景ですね。

続きを読む

ブラフ18番館 オーストリア共和国のクリスマス

ダイニングルームを出てサロンやサンルームへ。 オーストリア共和国のクリスマスはクリスマス市が各地で開かれ、賑やかで楽しいクリスマスです。街の中心に4本のキャンドルのついたアドベントクランツが飾られ、キャンドルが1本ごとにクリスマスへの喜びが高まっています。 かわいらしいツリーや小物が飾られていました。 2階に上がりました。 2階のクリスマスツリーの周りはクリスマス市のような小物がたくさん並んでいました。 キラキラ小物、やっぱり女心をくすぐりますね。

続きを読む

横浜山手西洋館 世界のクリスマス ブラフ18番館

17日、やや雨模様の日でしたが、横浜山手西洋館の世界のクリスマスを見に行ってきました。 お天気悪くても、室内の撮影なので、カメラも濡れないだろうという思惑もあり。 それでもラッキーなことに到着した時からは雨も止んで傘を使わず周ることができました。 お天気が今一つだったからか、見に来た人たちもあまり多くなくて、ブラフ18番館は独り占めの様な感じでゆっくり見られました。 ブラフ18番館はオーストリア共和国のクリスマスです。 オーストリア共和国というとハプスブルク家・マリア・テレジアやその娘、マリーアントワネットですね。 世界史あまり得意ではありませんが、ハプスブルク家のことは教科書に出ていた記憶が・・・・ しばらく世界のクリスマスにお付き合いくださいね。

続きを読む

鎌倉散歩 建長寺

長寿寺から建長寺へ。 ここは鎌倉でも有名すぎる大きなお寺ですが、久しぶりにお参りしてきました。 外人さんたちが山門バックに記念撮影していました。 この仏様の上の天井に雲龍図がありました。 とても素晴らしい絵図ですね。 また外に出ると唐門が輝いていました。 建長寺の境内はとても広く裏手には石段をたくさん登って半増坊から、天園ハイキングコースがありますが、ハイキングコースは台風の影響で通行不可でした。 ここまで来たから半増坊まで行こうと思ったのですが、それが大変でした! まだなだらかでしたが、この先は何回も石段を上って、ヨレヨレです。 前にも友人と一緒に行ったのですが、こんなにしんどかったかな?って思ってしまいました。 フーフー言いながらようやく半増坊まで。 天狗様に出迎えられました。 しばし、半増坊で休み、またもと来た石段を降りて戻りました。 登るのもつらいけれど、降りるのは怖いですね。結構急だったりして、真剣に降りました。 ようやく降りた後、ちょっと気になった場所が。 なんだかオブジェがおいてある・・・行ってみると虫塚でした。 石碑の裏に発起人の意図や名前が彫られていました。 周りにカブトムシやクワガタ虫の石も置かれていました。 建長寺で思ったよりも長い時間過ごしていました。 ほかにも鶴岡八幡宮にちょこっと寄ったり、幾つか…

続きを読む

鎌倉散歩 長寿寺の庭

建長寺の塔頭(たっちゅう)寺院である長寿寺(長寿禅寺)は、足利尊氏が鎌倉時代末期の1336年に創建。足利尊氏の墓地が京都の等持院と長寿寺にある。 今年はやはり紅葉には早くて。 それでも赤くなった葉っぱと緑のコントラストが素敵でした。 小高いところに足利尊氏の墓があります そこから白砂の庭の方面に出て、散策終了になりました. もう少し赤く色づいていれば良かったのですが、仕方ないですね

続きを読む

鎌倉散歩 長寿寺

北鎌倉から鎌倉方面に向かう途中にある長寿寺 普段は中に入れませんが、季節の特別拝観で中に入ることができました。 去年もでかけとても美しいお庭が眺められたので今年も入れてラッキーでした。 まずはご本尊様にお参りし、それからゆっくりお庭を楽しみました。 こんな廊下も今では懐かしい雰囲気です 白砂のお庭がとても素晴らしい。 お寺の中も素晴らしかったですが、そろそろ出て、庭の散策。 ぐるっと周れるようになっています。

続きを読む

鎌倉散歩 明月院2

明月院の境内にもたくさん撮るものがありました。 ここでもススキ 竹筒に刺した花もお寺の住職さんの心遣いが感じられます。 境内の一角にウサギ小屋があったり、野鳥やリスさんのえさ場がありました。 お客さん見っけ~~ リス君がいました ヤマガラさんも来てくれました 警戒心は強いですが、動かないでじっとしていると案外近くに来てくれます。 わ~~い、カメラ目線もらえました。 リス君も近づいてきてくれましたよ そんな足元に爆睡中のネコさん。 なでても反応しないので、死んでいるのかと思うくらい動かない。 でもちゃんと生きていました。 野鳥やリスを狙わないなんて、お寺のネコさんはさすがですね。

続きを読む

鎌倉散歩 明月院1

東慶寺から今度は明月院へ。 明月院はアジサイでとっても有名。 今年のアジサイの頃はかなり大人気だったようで、お寺に続く道に行列ができたらしいです。 紅葉もきれいなところですが、ここでもまだあまり紅葉は見られませんでした。 夏の忘れ形見? アジサイが1輪。 入ってすぐのあたりはきれいに色づいた木々がありました。 そしてここにもササリンドウの群生が 夏に訪れたときに並んで写した方丈窓も今回は楽々。 ゆっくり写真が撮れました。 それでもあちこちに秋の風情を感じることができました。

続きを読む

鎌倉散歩 東慶寺

円覚寺から東慶寺へ。 東慶寺は縁切寺として有名です。 山門に登る前にススキがとてもきれいなところが。 その前にあるカフェも素敵です。 さて、東慶寺に入りましょうか 東慶寺は尼寺なのでお庭にもたくさんのお花が見られてうれしい あちこちに鎌倉市の花、ササリンドウの青い花が見られました。 ジュウガツザクラも小さな花を見せてくれました。 お庭をお掃除している人がいてその方とちょっとおしゃべりしましたが、紅葉は12月に入ってから、とのこと。 台風の影響で大きな木が倒れたり、イチョウも1/3くらい葉っぱや銀杏が落ちてしまったということでした。 そしてもう1つ教えていただいたのは、石碑のこと すっかり風化して文字も読めませんが、昔、由比ヶ浜のところに「ここで飛び込むべからず」みたいな文章が書かれているそうです。そしてその文章の下に観音様の姿も彫られていて、これを読んだ女性が自殺を思いとどまった、ということでした。 何も知らないと石碑の文も読めないし、何だろうって思うだけですが、こうしてお話を聞けるととてもいいですね。

続きを読む

鎌倉散歩 円覚寺2

円覚寺はとても広いので散策も時間がかかります。 円覚寺の一番奥の黄梅院。 ここは小さなお寺で小さな境内にはたくさんの植物がありました。 ツワブキも咲き始めました。 ここではいつも写してしまいますが、朽ち果てた気に彫られた仏様。 優しいお顔で見守ってくれています。 モミジはまだまだでした。

続きを読む

鎌倉散歩 円覚寺1

14日、鎌倉へ。 この日は北鎌倉から鎌倉に向かう王道コース 一人で出かけてきました。 紅葉にはまだ早く、それでもところどころ赤くなった葉っぱなどが見られました。 まずは円覚寺へ 北鎌倉駅を降りるときれいな葉っぱ。 山門をくぐり広い境内を散策しました。 仏殿の天井に白龍図

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン ブラフ18番館

魔女に魔法をかけられないうちに脱出して、ブラフ18番館へ。 お庭には西洋館がずらっと並んでいました。 中に入るとフォトスポットがお出迎え ダイニングルームから果物の甘い香りが漂ってきました。 本物の果物やスィーツが飾られていました。 甘い香りにうっとり。 ハロウィンの魔女のいたずらかしら。 ブラフ18番館はハロウィンというよりも秋の収穫を祝うような飾りでした。 サロンではティーパーティ ボランティアでピアノを弾いている人がいてサロンの雰囲気が優雅で素敵でした。 サロンでも甘い香りが。 私たちもお茶で一休みしたくなりました。 2階から庭を眺めると西洋館のミニチュアがいい感じです 何気ないお花がかわいいですね。 いろんなハロウィンを愉しめて素敵な時間を過ごせました。 このあと、もちろん私たちもコーヒータイム、チーズケーキもいただきました。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 外交官の家

11月に入ってもまだハロウィンで引っ張っています 外交官の家 1階では魔女の夜会が行われていたようですが、2階に行くと時は過ぎ、主なき部屋に変わって行ってしまったのでしょうか・・・・ 応接間ではタロット占い・・・ サンルームもいつの間にか時間が過ぎ去ってしまったよう。 2階へ足を踏み込むと・・・・ ほら、ここに来てはダメだって言ったでしょ・・・・ 魔女の魔法にかからないうちに早くここを出なくては・・・・ そんな物語が生まれそうな飾りでした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン ベーリック・ホール2

ベーリック・ホールは広くて2階に部屋が4部屋。 それぞれハロウィン飾りがされていましたが、夫人の部屋が一番でした。 その前に、階段の窓に魔女の姿・・・・ この魔女が時空空間を捻じ曲げたのかしら 夫人のベッドにねじれた空間が・・・ やはりここの夫人が魔女だったようですね。 サンルーム 主人の書斎 子供部屋はあまり飾られていませんでした。 ねじれた時空に私も入り込んでしまいそうでした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン エリスマン邸&ベーリック・ホール

エリスマン邸の庭にウエルカムゲート 館内に入るとあれ?? ダイニングルームなど閉鎖されていました。 室内に安全性が確認できるまで閉鎖というような貼り紙があり、ダイニングの展示はありませんでした。 応接間のみ飾りがありました。 ソファーにクモの巣 灰皿もコウモリが飛んでいましたよ そしてお隣のベーリック・ホールへ。 ダイニングルームにねじれた時空空間が・・・ サンルームには魔女たちが。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 山手111番館

横浜市イギリス館の次はお隣の山手111番館に 入ってすぐ、華やかなハロウィン飾りが見られました。 イギリス館と比べると明るい雰囲気がいいですね。 ダイニングルーム オレンジのカボチャや赤いお花など、秋の色が素敵でした。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン 横浜市イギリス館

横浜市イギリス館のダイニングルームは魔女の宅急便のキキのような黒猫さんが迎えてくれました。 ベッドルームの暖炉も長い間使われていません。 あら?どこかでお見かけした方が・・・・ イギリス館は魔女の家のようですね。

続きを読む

横浜山手西洋館のハロウィン1

24日、横浜山手西洋館にハロウィンを見に行ってきました。 姉と一緒にお出かけしました。 いつもならブラフ18番館から周って、最後にイギリス館に向かい、港の見える丘公園を眺めますが今回は逆の順番で。 まずは元町でランチ ただいま肉ダイエット中という姉のリクエストでお肉が食べられるお店に。 牛肉150gの塊です 中がレアで筋が切りにくくてナイフでカットに苦戦しました。ウエルダンにしてもらえばよかったな^^ おなかいっぱいにしたことろで観光開始。 まずは港の見える丘公園へ。 この日は曇りがち。折り畳みを持ってきましたが、運よく傘を差さずに済みました。 花壇の花を愉しんだり。 ようやく横浜市イギリス館へ。 階段の踊り場の窓もハロウィン仕様。 逆光で暗くなっているのでちょっと不気味感出たかしらん しばし西洋館巡りにお付き合いくださいね

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺花探し

長谷寺で今咲いている花 ヒガンバナ シュウメイギク 酔芙蓉 コブクザクラと表示があったので、花探し シュウメイギクはあちこちで咲いていました。 これもそうかな? 葉っぱの感じがシュウメイギクかなと思いました。 酔芙蓉 コブクザクラは木が大きすぎて撮り切れない・・・・ 白い花がポチポチ咲いていますが、わかりますかねぇ~~。 これも芙蓉かしらん。ちょっとわかりません。 ヒガンバナは見当たらなくて・・・ 境内の上にあるアジサイロードのほうにあるのかなぁ? 結構石段を上るので辛いから今回はパスしました。 ほかにもタイワンホトトギスやミズヒキなど見られました。 ウメモドキ 長谷寺はお花も多くいつ行っても季節の花が楽しめていいですね。

続きを読む

鎌倉散歩 長谷寺 観音ミュージアム

鎌倉文学館の後、大仏様のところに行くか、長谷寺にするか、と考えて。 お花の見られる長谷寺へと向かいました。 長谷寺の境内はやはり観光客が多く、それも日本人より海外からのお客さんが多いような感じでした。 本堂横に観音ミュージアムという施設があり、拝観料とは別料金ですが入ってみました。 何度も長谷寺は訪れていますが、観音ミュージアムに入るのは初めてです 館内はフラッシュ禁止で撮影OKでした。 木造十一面観音菩薩像(前立観音) 当山本尊の前に祀られていた像で、江戸時代の造立とみなされますが、納入された銘札から室町期に建立された旧像の再興仏のようです。右手に錫杖を持つ姿は長谷寺特有の形式で、「長谷寺式十一面観音」と呼ばれます。 本尊の来歴を考える上でも重要な資料です。 (観音ミュージアムHPより) 照明を落とした部屋の中でガラスケースに入っているので、あまりきれいに撮れませんでした。 三十三応現身像(一部) 『観音経』に説かれる観音菩薩の功徳には、衆生に応じてふさわしい三十三の姿(「応現身」または「応化身」などと呼ばれます。)に変化し救済するとされ、その姿を彫刻した群像です。室町時代の造立で、33体が揃って伝来するのは、全国的にも大変貴重なものといえます。 (観音ミュージアムHPより) 鐘楼 2階に上がると特別展示で「長谷寺縁起絵巻」などの展示がありました。 古いもので1300年代や…

続きを読む