京都旅行記 宇治上神社

平等院を出て宇治川を渡り対岸へ。 橋を渡りながら見る景色もとても美しい。 宇治市には世界遺産が2つあり、1つが平等院 もう1つが宇治上神社です 宇治上神社は創建年代などの起源ははっきりしていません。約1060年(康平3年)頃に本殿、1215年(建保3年)頃に拝殿が建立されたと言われています。現存最古の神社建築だそうです。 菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)は応神天皇の皇子で、父に愛され皇太子に立てられましたが、兄である仁徳天皇と皇位を譲り合い、自殺して皇位を譲ったと伝えられています。 本殿 拝殿 拝殿の両側に清め砂の円錐形の小さな2つの砂山がありました。 八朔祭(9月1日)に氏子さんたちによって奉納され、境内のお清め用の砂として1年間盛られ続けます。 お正月・お祭等大切な日に際して、携帯に撒き散らし境内地をお清めするそうです。 平等院に比べると参拝される人も少なくひっそりとしていました。 でもとても静謐な雰囲気が護神域という感じで心落ち着く気がしました。 お参りを済ませたあとはやっぱりちょっと一息 宇治に来たのだから、抹茶をと、抹茶とバニラのミックスソフトクリームをいただきました。 程よい甘さが癒してくれました。 このあと、友人が京都駅まで送ってくれました。 私たち3人にお土産まで…

続きを読む

京都旅行記 平等院

宇治市の 平等院へ。 平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼通によって、父・道長の別荘を寺院に改め、創建されました。 その翌年天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂と呼ばれている経典に描かれる浄土の宮殿をイメージした優美で軽快な建物です。 庭園は浄土式の借景庭園として史跡名勝に指定され、現在は鳳凰堂周辺の洲浜や平橋、反橋などが整備されています。 そのほかにも平等院には大和絵風来迎図、梵鐘、鳳凰一対など平安時代の多くの文化財が伝えられています。 特に11世紀の仏像群としては唯一伝来する雲中供養菩薩52躯はいずれも雲に乗り、様々な楽器を奏で舞うなど伸び伸びと繊細に彫り上げられています。 (以上パンフレットより) 鳳翔館こちらの館内は撮影禁止 梵鐘や鳳凰一対、雲中供養菩薩像26体などが展示されていました。 鳳凰堂こちらも撮影禁止です。 別料金で時間指定のチケットをもらい、その時間になかに入り、阿弥陀如来像や雲中供養菩薩のお話を聞くことができました。 美しい菩薩像を見ることができました。 平等院の紅葉は色づいてきたという感じで、赤や緑がとても美しく見えました。

続きを読む

そうだ!京都へ行こう! 京都旅行記

11月4日から6日の2泊3日で、姉と姪の女3人珍道中。 京都へ出かけてきました。 またしばし、京都旅行記にお付き合いくださいね! 3日間、京都はとてもいいお天気。 日中は日差しも眩しく、暑いくらいのいいお天気に恵まれました。 4日の朝東京駅の8:30くらいの新幹線で、京都には10:50分には到着。 のぞみは速いですね~~ ホテルに荷物をあずけ、観光にGO! 初日は私は姉たちとは別行動。 京都の友人と待ち合わせで観光しました。 JR奈良線で桃山駅まで。 友人は車で来てくれていて車で移動。 まずは綺麗な写真スポットまで。 ここはNHK朝ドラ「マッサン」の西川きよしが社長を務めた「住吉酒造」のロケ地だそうです。 春には菜の花が一面に咲いてまたとても美しいということです。 素敵な場所でした。 そしてしばし、辺りを散策。 歴史のありそうな日本家屋がたくさんあって、やっぱり京都だな~~なんて思いました。 ここは日本酒「黄桜」のキザクラカッパカントリー 黄桜の桜の木もあります レストランもあったり、カッパミュージアムなどもありました。 カッパミュージアムは撮影禁止。 全国のカッパグッズが置いてあったり、黄桜のカッパのCMを見ることができたりします。 …

続きを読む

関西旅行記 さよなら大阪

伊丹空港に到着です このあたりもモノレールができていたりと、やはり変わっていました。 本当は以前自分が住んでいたところも見に行きたかったのですが、キャリーバッグを持って炎天下歩くのはきついと諦めました。 阪急宝塚線沿線で、伊丹空港からもさほど遠いところではないのですが、駅から歩いて、再びもどるのは時間がかかるので、またいつの日か見に行こうと思いました。 手荷物を預けると時間があったので展望デッキに   ANAの飛行機が飛び立ちました。 今度はJAL 次は私たち 上空から大阪城かな?見えていました。 帰りのフライトは地上が結構よく見えて、いろいろな景色が見えました。 約50分、1時間足らずで東京に到着。 東京ゲーブリッジがすぐ近くに見えました。 東京湾沿岸で働くキリンさんたちも。 3日間、大阪の変化を思い切り実感した楽しい旅でした。 暑さは今では関東の方が暑いかも。 そう思ったりしました。 長いあいだ、関西旅行記にお付き合いいただきありがとうございました

続きを読む

関西旅行記 大阪駅ノースゲートビルディング

関西旅行も3日目、いよいよ最終日です。 午後2時半の飛行機なので、1時くらいまでに梅田からの空港行きバスに乗ろうと、午前中は大阪駅界隈をぶらぶら。 今回の旅行はなぜか高いところばかり行きたがり、再び高いところを目指して歩きました。 大阪駅上に時空(とき)の広場があり、そこからまた上にエレベーターで行くと風の広場、天空の農園とありました。 時空の広場の柱時計 上に昇るエスカレーターから時空の広場を撮りました。 風の広場 ここからまた見下ろす風景はまだまだ大阪の進化が止まらないことを証明してくれるようでした。 なんの跡地なのか、広大な更地が広がっていました。 風の広場から階段を上がり天空の農園にも行ってみました。 名前のとおり、都心の屋上に農園が広がっていました。 ぶどうやトマトなど栽培されていて、トマトもたわわに実り始めていました。 とうもろこしも 綺麗なお花も見られました 天空の農園を後にして、バスで空港に向かいました。

続きを読む

関西旅行記 居留地&お散歩

居留地をブラブラ歩きました。 古い建物がたくさんあり、でもあまりその建物がどんなものだったかがわからなくて・・・ ちょっと闇雲にとってきました。 ここでも歩き回り、暑いし結構疲れた。 ショッピングアーケードに入りどこかで一休み 抹茶アイスワッフルとホットコーヒーでエネルギー補充 入ったお店は昔ながらの地下1階にある喫茶店。 喫煙OKで主人には嬉しいお店でしたが、中に入ると煙い・・・ ボリュームたっぷりでした。 関西は関東に比べると日の入りが遅くて、7時過ぎてもまだまだ明るい。 本当ならハーバーランドやメリケンパークの夕暮れを写したかったのですが、朝から動き回って流石にお疲れ。 大阪に帰ることに。 久しぶりに阪急線に乗りました。 この臙脂色の電車が懐かしい。 大阪に戻り夕御飯。 軽くうどんでも・・・と、ヨドバシ梅田店のうえにあった「釜たけ流うどん 駅前食堂」というお店に 難波千日前に本店があるさぬきうどんのお店です 野菜カレーうどん 素揚げした野菜がたっぷり載っていて、コシのあるうどんとカレーがとても美味しかったです。 主人は肉カレーうどん 揚げ卵と牛肉がたっぷり! やはり関西は肉というと豚ではなく牛ですね~~。 私のカレーうどんにも牛す…

続きを読む

関西旅行記 ハーバーランド&居留地

神戸ポートタワーを降りて、向かい側のハーバーランドに 私が大阪に住んでいた頃はメリケンパークもこんなに綺麗ではなかったような記憶があり、ましてハーバーランドの存在はほとんど記憶がない。 HPを見るとちょうど私がいた頃から東京に戻った頃にオープンしたようでした。 大きな観覧車があったり、ショッピングセンターなど有り、この日も混雑していました。 ハーバーランドからメリケンパークの方面を見るとポートタワー、海洋博物館、ホテルオークラがいっぺんに見ることができ、写真もばっちり ハーバーランドから3回目のシャトルループ(元は取れた!?)で居留地と呼ばれる場所まで。 江戸時代末期、横浜港開港から遅れること10年、兵庫港が開港となり、日本人と外国人の紛争を避けるために外国人居留地は当時の兵庫の市街地から3.5kmも東の砂地と畑地であった神戸村に造成されることとなります。 今では古い建物がそのまま店として利用されていました。 神戸朝日ホール 大丸神戸店の前も素敵 商船三井ビル 居留地をしばし散歩してタイムスリップ

続きを読む

関西旅行記 異人館街&ランチ 神戸ポートタワー

シャトルループに乗ろうかと思ったのですが、すでにランチタイム。 お腹もすいたので、歩いて三宮に戻ることに。 異人館街のスタバもタリーズコーヒーも異人館風の建物で街と調和していました。 三宮に戻る途中、ちょっとこじゃれたお店を発見。 お値段もお手頃だったので入ることに。 暖簾をくぐり、ちょっと急な階段を上がりお店がありました。 店内は昼は定食。夜はちょっとお高めの飲み屋さんですが、内装も新しそうで明るく綺麗でした。 テーブル席は1つ、あとはカウンターで10人くらいでいっぱいのお店です。 頼んだのはローストビーフ丼! ローストビーフたっぷりでお腹いっぱい 上に載っていた半熟卵がもう少しとろとろだったら良かったな~~、なんて思いました。 ただ、残念だったのはこのお店、若い女性が切り盛りしているようですが、もうひとりアルバイト?の若い女の子がとにかく気が利かない。 店主が優しく指示しているのですが、融通がきかなくて、言われるまで動かない。 店を出て主人と思わずその女の子のダメっぷりの話になってしまいました。 三ノ宮駅に戻りまたシャトルループに乗り込み、今度は海方面、メリケンパークに向かいました。 これがシャトルループです メリケンパークにつくと神戸ポートタワーに上がりました。 そういえば、ポートタワーの写真遠くからしか写していなかった・・・{…

続きを読む

関西旅行記 萌黄の館

風見鶏の館を出てお隣の萌黄の館にも入りました。 風見鶏の館と萌黄の館は観光案内所すぐにあり、公園の広場ではパフォーマンスが行われていました。 こんな噴水があって楽しい 萌黄の館外観です 萌黄の館 明治36年(1903)にアメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。 木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー(張り出し窓)を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど贅沢な意匠が随所に見られます。 その後、昭和19年(1944)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となりました。 昭和55年(1980)に国の重要文化財に指定され長らく「白い異人館」と呼ばれていましたが、62年(1987)からの修理で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されて、その名がつけられました。 (以上パンフレットより) 1階応接室に「少年H」のものが置かれていました ロケに利用されたようです。 かわいい小物も置いてありました。 玄関ホールをはさんで応接室、反対側には食堂がありました。 2階に上がると化粧室 東寝室 西寝室、そしてバルコニー 子供部屋 またたくさん写真を撮ってしまいました。 庭に出てみるとお掃除をしている女性のすぐ近くにごろんと横になっている猫ちゃん その女性いわく…

続きを読む

関西旅行記 風見鶏の館

風見鶏の館こちらには入ってみました。 こちらは北野天満神社から見た風見鶏の館 北野・山本地区に現存する異人館の中で、れんがの外壁の建物としては唯一のもので、色鮮やかなれんがの色調、石積みの玄関ポーチ、2階部分のハーフ・ティンバー(木骨構造)など、他の異人館と異なった重厚な雰囲気をもっています。 また尖塔の上に立つ風見鶏はよく知られ、今では北野町の象徴として欠かせない存在になっています。 (以上HPより) 内部や調度品もとても美しい

続きを読む

関西旅行記 神戸・北野異人館街

翌日は神戸に。 神戸の街の散策にシティループという循環バスで回ろうと1日乗車券を購入。 3回乗れば元が取れる・・・ということでした。 しかし、バスの中はめちゃ混み。 おまけに日曜・そして海のイベントがあるということで、道路も大渋滞。 時間によっては新神戸駅まで行くのに2時間以上かかるということでした。 まあ、とりあえず三宮の駅前からバスに乗り、北野異人館街へ。 北野異人館街にはたくさんの異人館が残されています。 でも横浜と比べて残念なのはどこも入館料が必要ということで、懐が痛い ここラインの館は無料ですが、館内には入れず、庭のみ入ることができました。 (HPを見ると耐震工事のため内部公開を取りやめているそうです。) 楓のみどりがクリーム色の外壁に映えて、庭園と一体になった憩の空間がそこにあります。 この建物は大正初期の建築ですが、木造2階建下見板張りオイルペンキ塗りで、開放されたベランダ、ベイ・ウィンドー、軒蛇腹、よろい戸など、明治時代のいわゆる異人館の様式をそのまま受け継いでいます。 (以上HPより) この街は細くて急な坂道がたくさんあり、上に登っていくのに一苦労しました。 蒸し暑く、汗が噴き出して結構辛かったりしました。 有名な「うろこの館」もありましたが、そこはパス。 昔入った記憶があるな~~なんて。 異人館街の中に大きな鳥居 北野天満神社です…

続きを読む

関西旅行記 梅田の夜

大阪での1日はまだまだ終わらない 今度はキタと呼ばれる、梅田、大阪駅界隈を歩きます。 私が住んでいたのは豊中で、梅田の方がミナミよりも馴染みがあり、仕事も梅田界隈だったので、土地勘はあったはず・・・・ しかし! あまりにも変わっていてどこがどこやら、さっぱりわかりません 随分変わったな~~。というのが実感です。 スカイビルにある空中庭園に行きました。 新梅田シティの中核のひとつ梅田スカイビルは地上40階建て173mの連結超高層ビル。世界初の連結超高層ビルはその卓越したフォルムだけでなく、大阪を代表する人気スポット空中庭園をシンボルに映画館やレストラン、イベントホールなどの多彩な機能が大きな魅力。遊ぶ、食べる、憩う、見る、聞く、知る、さまざまな楽しみが凝縮された梅田スカイビルではきっと豊かな時間がすごせます。 (以上HPより) 空中庭園に昇るエレベーターは土曜日ということもあり、昇る人の待ち列がかなり長く、20分近く並びました。 空中庭園は屋上360度ぐるっと回れるようになっています。屋外なので、風が気持ちいい。 夜景を思う存分楽しみました。 手持ちなので、ブレなどはご容赦を この日1日、本当によく歩いて、スマホの万歩計を見るとなんと33000歩以上! 歩きすぎて足が痛くなりました。

続きを読む

関西旅行記 夏祭り&夕御飯

大阪も夏祭り真っ盛り。 曽根崎心中でお馴染み、露天神社(お初天神)で夏まつりが行われていました。 お初天神を通り抜け、夕御飯! 大阪といえば、お好み焼きでしょう~~ 昔何度か来たことがある「ゆかり」というお店です。 店内も結構変わっていました。 注文はモダン焼きと焼きそば。(お好み焼きじゃないよ!と突っ込まないでください)あと串焼き モダン焼きは店員さんが焼いてくれるので焼き上がりを待ちました。 すると外で賑やかな声が。 まだまだ焼けないので、カメラを持って店を出るとお祭りの人たちが商店街を練り歩いています。 一緒に掛け声かけて楽しかった~~~ 食事を済ませ、店を出るとまだまだ祭りは続行中。 賑やかな笛や太鼓、獅子が舞ったり、子供たちが練り歩きました。 夏祭りまで見られてラッキーでした。

続きを読む

関西旅行記 淀屋橋付近

今度は淀屋橋で降りて散策 このあたりは大阪市役所があったり、日銀大阪支店があったりと、なかなか趣のある建物が多い。 大阪に住んでいた頃、派遣でサン○リーの子会社に勤めていて、仕事で堂島から、淀屋橋、元町、梅田をチャリで爆走?していました。 この日銀のところはあまり関係なかったけれど、夕方綺麗な景色が見られてホッとするひと時があったりして懐かしい思い出がたくさんありました。 市役所横の川沿いの遊歩道にお店などが出ていました。 大阪中央公会堂 国の重要文化財に指定されています ずっと川沿いを歩くとバラ園があったり、バーベキューレストランなどあったり、楽しめるようになっていました。 今度は梅田方面に向かって歩きます。

続きを読む

関西旅行記 ミナミ

大阪城から次はミナミへ。 ここも大阪の定番でしょう 今回は定番の観光スポット巡りでした。 ミナミといえばド派手な看板。 雑多な雰囲気と人の多さにびっくりです くいだおれ太郎も健在です すごいですよね~~。 どの店も「ワシが、ワシが」と主張しています 道頓堀川もあまりにも有名 夏まつりをしていました。 グリコも有名です すっかりド派手な看板に魅せられてしまいました。

続きを読む

関西旅行 大阪城2

展望台から下には階段で降りました。 各階に豊臣秀吉の生涯や歴史などの紹介があったり、映像で紹介していたりしました。 2階に金の鯱や虎など展示されていました。 大阪城を出てまたしばし外で大阪城全体を撮ったりしました。 モノトーンにしてみる その横に大阪市立博物館がありました。 2001年に新しい博物館ができたため今では閉館となり未使用だそうです。 でもこの建物、どこかで見た記憶があると思ったのですが、朝ドラの「ごちそうさん」で使われたかな~~と思いました。 大阪城の周りも公園になっていてとても広いのですが、回りきれませんでした。 ちょっとお濠の周りを歩き、地下鉄の駅を目指しました 展望台から見えた見座船が。 水の上は涼しげです。

続きを読む

関西旅行 大阪城1

7月18日から20日の3連休、大阪に旅行してきました。 関西は前日までの台風の影響がありました。 お天気は良かったのですが、JRのダイヤがとても乱れていたようです。 私たちは大阪まで飛行機で。 羽田から伊丹空港まで約50分のフライトでした。 実は結婚してすぐ大阪に住んでいたことがあり、大阪にはそれ以来。 本当に久しぶり。 でもものすごく変化していてびっくりでした。 伊丹空港からリムジンバスで新大阪駅まで。 ホテルは新大阪からとても近かったのですが、ホテルの送迎バスが15分おきに出ていてとても便利でした。 新大阪の前にありました。 ホテルに一旦荷物をあずけ、向かったところは大阪城! 大阪に住んでいた時になぜか1度も行ったことがなくて、今回是非にと行ってきました。 JRは復旧していないようなので、利用したのは地下鉄。 地下鉄の1日乗車券があり、平日は800円ですが、土・日・祝日は600円! 市営地下鉄・バスが乗り降り自由なのでとってもお得でした。 大阪城はもういわずもがなですね。 外人の観光客がとても多く、日本人観光客よりも多いかな、なんて思える程でした。 飛行機が飛んでいるのがやはり現代ですね。 中に入ります 入口に号砲が飾ってありました。 1階から上まで階段でも行けますが、暑いし軟弱な私たちは順番…

続きを読む

お伊勢参り 内宮その2

正宮にお参りの後、内宮の中をしばし散策。 綺麗な青もみじ 清々しい風景に心癒されます 流れる小川も清流のようですね。 そして何故か不思議だったのが、鶏が放し飼いでいました。 そして再び宇治橋から内宮を後にしました。 バスで宇治山田駅へ。 名古屋へ向かい、名古屋から新幹線で東京に。 1泊2日。 駆け足で京都・伊勢の旅を楽しみました。 たまには女同士の旅行も楽しいですね。

続きを読む

お伊勢参り 内宮 その1

お腹もいっぱいになったことだし、内宮へと向かいました。 宇治橋を渡ります 宇治橋は五十鈴川に架けられた木造の橋で神宮の表玄関です。長さは101.8m 両はしの鳥居は、両正宮の旧正殿棟持柱(むなもちばしら)をリサイクルしているそうです。 (参宮案内所でもらったチラシより) 五十鈴川の流れはとても清らかで澄んだ綺麗な川でした。 見事な松が何本もあるなと思っていたら大正天皇御手植松でした。 神楽殿 正宮に行くまで見事な木々を見ながら歩きました。 いよいよ正宮 ここに登る石段までは写真撮影できたのですが、石段からは撮影禁止ということでみんな写真をパチリ。 上にあがって参拝してきました。

続きを読む

お伊勢参り おかげ横丁

下宮を出て、バスに乗り込み内宮へと向かいました。 もうお昼すぎ。 お腹すいてきたので、内宮をお参りする前におかげ横丁でお昼ご飯 友人の1人が去年の秋に伊勢にお参りに来た時はおかげ横丁もごった返していたそうですが、この日はそこまででもなく、お店を冷やかしながら歩けました。 いろいろなお店に見ていて迷ってしまう~~。 空では燕がひっきりなしに飛んでいて、ひなに上げる餌を捕まえてはお店の店先の巣に戻っては出ていくということを繰り返していました。 ツバメ好きの私にとってはそういう姿を見られて嬉しい ここもモノクロに。 江戸時代お伊勢参りをした人たちもおかげ横丁で食事をしたり、おみやげを買って帰ったのかな。 有名な赤福もモノクロでタイムトリップ 赤福、お土産に買おうか迷いましたが、荷物を増やしたくなかったので断念。 それに1箱買って行っても結局食べるのは私だけになっちゃうし~~ さていよいよランチ 選んだのは寶来亭のステーキ牛丼! 15年くらい前に私が伊勢神宮に来た時にここの牛丼を食べて美味しかったので、みんなにおすすめ 店先 1時半過ぎで店内もそれほど混雑していなかったのですぐ席に座れました。 頼んだのはもちろん松阪牛のステーキ牛丼 赤味噌のお味噌汁とお漬物が付いていました。 柔らかい牛肉が…

続きを読む

お伊勢参りへGO!伊勢神宮・下宮

翌9日、月曜は京都から伊勢へ。 近鉄で約2時間。 近鉄伊勢市へ(そう言いながら降り口がJRですね) 参道を歩いているとついついふらふらとお土産屋さんの誘惑に引き寄せられてしまう マンホールもお伊勢参りですね。 足登場です 下宮は伊勢市駅からすぐ近く。 まずはお清め 緑がとても多く神聖な感じです 正宮 前までは撮影できますがこの中は撮影できません。 こういう中ではとても心が洗われますね。

続きを読む

宇治へGO! 中村藤吉本店

伏見稲荷から同じ路線の宇治へ 宇治というと平等院鳳凰堂が有名ですが、ここは改修工事が終わってとても人気らしく中に入るのにすごく時間がかかるということで、そこには行かず・・・ 私たちは宇治にあるお茶屋さんに行きました。 中村藤吉本店 安政元年創業・150年以上の歴史のあるお茶屋さん ここの抹茶ゼリーが美味しいということで喫茶へ。 名前を記入して待ちますが、とても人気があるので待てども待てども順番が回ってこない・・・ ミストが出ていて暑さが和らぎましたが、実に暑い! お茶やお菓子など売っているところの覗いてついつい買ってしまう もう一度表に出て外の風景などを撮ってみる モノクロだと江戸時代に戻ったでしょうか 待つことなんと1時間半! ようやくお席に 香ばしいほうじ茶が美味しい もちろん注文は抹茶ゼリー 白玉・あんこ・抹茶アイスが抹茶ゼリーの上にたっぷり乗っかっていました。 抹茶ゼリーも評判通り本当に美味しかった! 1時間半待ったかいがありました でも私は京都は実に20年以上のご無沙汰。 ほかのところに観光もしたかった気もしますが、たまにはゆったりもいいかもしれないですね。

続きを読む

伏見稲荷 熊鷹社

鳥居をくぐりながら上に上がっていきました。 小さなお社などもあったり、苔むす石灯籠なども見られたり、とても神聖な気持ちになりました。 石段を登りようやく熊鷹社に到着。 暑さで汗だくだく・・・ すっかり京都は夏でした。 なかなかの雰囲気でしょう これから上に登っていくのはきついかな~~ということでここでUターン。 緑を楽しみながら戻りました。

続きを読む

京都伏見稲荷

本殿を抜けて千本鳥居に。 よくテレビや写真などで見ますが、やはりこの鳥居の数。 びっくりしました。 ぐるっと回れるようになっているらしいですが、暑いし登っていくのも結構大変ということで私たちは途中で引き返しました 伏見稲荷の大社マップで雰囲気を見てください http://inari.jp/trip/map01/ 日曜日で観光客が結構多くて、人がどうしても写りこんでしまいました。 夜はここを歩くのは怖いだろうけれど、夕方とか来てみたいな、なんて思ってしまいました。 もちろんお狐様もいろんなところに。 奥社参拝所の境内に「おもかる石」という石灯籠の空輪があります。 これを祈念しながら持ち上げて、この空輪の重さが自分が思ったよりも軽いと感じれば願いが叶うと言われているそうです。 私も頑張って持ち上げましたが、重すぎて全然上がらない。 私の願いは叶いそうもありません・・・・ 気を取り直して、熊鷹社まで行ってみました。

続きを読む

そうだ!京都に行こう 

6月8・9日の日曜・月曜と友人たちと3人で京都・伊勢へ 東京を朝10時の新幹線で。京都には12時15分くらいに到着。 のぞみは速いですね そして、京都に住む友人と待ち合わせして4人で行動しました。 行ったところは伏見稲荷 JR奈良線の稲荷駅で降りるとすぐ大きな鳥居。 関東は梅雨空でしたが、こちらはピーカン! 青空が眩しい~~! お狐様もお出迎えしてくれました。 楼門の中に本殿がすっぽり入って見えました。 小さな鳥居がたくさん 千本鳥居を見に行きましょうか・・・

続きを読む