台湾旅行記 これ食べた!

旅行は食事も楽しみですね。

今回は朝食なしのホテル予約だったので、朝食は自分たちで。
近くにパン屋さんがあったので、パンを買ってきて部屋で。

昼はカフェでサンドイッチを食べたり、食べたいと思っていた魯肉飯(ルーローハン)を。
夜は小籠包。夜市でと。

28日の夜はいつもの京県楼で小籠包
小籠包。空芯菜炒め。炒飯です。
台湾に来ると必ず訪れるお店なので安心して食べられました。
DSCN5170.jpg


DSCN5169.jpg


DSCN5171.jpg


29日昼は魯肉飯(ルーローハン)
DSCN5173.jpg


DSCN5172.jpg

ルーローハンと鳥のつくねのスープ

ルーローハン、甘辛く炒めたひき肉が載っていてとてもおいしい
スープは大きな鳥つくねが2つ、大根も入っていました。おでんスープのようなあっさりとしたスープでルーローハンによく合いました。

夫はルーローハンと唐揚げなどのセットを注文。
ルーローハンの大きさ小を頼んだら本当に小さくてびっくり。夫は物足らなさそうだったのでスープを分けてあげました。

そして、2日目の夜もまた小籠包!
今まで行ったことないお店を探そうと検索。
杭州小籠包というお店でした。
DSCN5189.jpg

店前の提灯

ここはどちらかというと観光客より地元の人が来るようなお店でした。
DSCN5184.jpg


DSCN5186.jpg


DSCN5185.jpg


小籠包と焼き餃子、カニ味噌入り小籠包を注文。
ビールや飲み物、小鉢はセルフで取りに行ってあとで清算しました。
DSCN5183.jpg

キュウリのタタキと烏龍茶。
ショウガは好きなだけ小皿に盛り付けられました。

小籠包はコチラもおいしかったけれど、カニ味噌の方はあまりわたしは好みではなかったなぁ

大晦日の夜はカウントダウン花火がメインなので夜市で軽く晩御飯。
士林夜市へ。

DSCN5195.jpg


胡椒餅と大腸小腸包、タピオカミルクティです
DSCN5208.jpg


胡椒餅は日本のお焼きみたいな感じで、中に胡椒のたっぷり効いたひき肉が入っています
DSCN5210.jpg


大腸小腸包はホットドックの様な感じですが、バンズがもち米で出来ていて中にソーセージや野菜が入っています。
DSCN5211.jpg


タピオカミルクティーは言わずもがなですね
日本ではタピオカミルクティーは5.600円しますが、台湾は安い!150円くらいでした。

こんな感じの台湾グルメでした

ちょっと感じたカフェ事情も。
台湾も日本と同じようにスタバがどこにも見られるようになりました。
そしてどこも人がたくさん入っています。
そういう風景は日本と同じですね。

台湾独自のカフェチェーンのMR.BROWN(伯朗珈琲館)やダンテコーヒー(丹提珈琲店)があまり見かけなくなりました。
以前は結構あちこちあったような気がしますが、どこに行っちゃったかな~~。
そんな中、小さな個性的でこじゃれたカフェも結構あって。

IMG_5192.jpg

この珈琲はやっぱり小さなカフェで。
ブラックコーヒーはアメリカーノと言いました。
価格も日本より安いかなって思いました。





"台湾旅行記 これ食べた!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: