大好き!映画・試写会 「RAILWAYS」

画像

昨日、5月末公開の映画を一足先に観てきました。

「RAILWAYS」
49歳で電車の運転士になった男の物語

中井貴一主演
高島礼子 本仮屋ユイカ 三浦貴大 奈良岡朋子 他出演


あらすじ

筒井肇(中井貴一)は大手電気会社のエリート社員、家族も省みず、がむしゃらに仕事一筋で生きてきた。
筒井の同期であり、親友だった男が工場長だった工場を不況の折に閉鎖させる。
そんなさなか、田舎に一人残した母親(奈良岡朋子)が心筋梗塞で電車の中で倒れ病院に運ばれる。
田舎に帰った筒井に親友が交通事故で死亡と連絡が入り、呆然とする。
また母も悪性の腫瘍が見つかり、余命いくばくもないと告げられる。
今まで、仕事一筋だった筒井が親友の言葉にふと自分がやりたかった事を考え、エリートの椅子を蹴り、自分が子供の頃憧れていたバタデンの運転士になる事を決意する。自分のしたい事が見つからず父に反発する娘・サチ(本仮屋ユイカ)も変わっていく父を応援。


肇の妻に高島礼子、娘に本仮屋ユイカ。
そして肇と一緒にバタデンの運転士に採用された青年に三浦貴大。
かれは三浦友和と山口百恵の息子です。

内容的にはとてもシンプルですが、いくつになっても夢をあきらめない。
努力すれば夢はかなう。
そんなことを教えてくれた映画でした。

このバタデン、島根の出雲を走る単線の電車。
日本最古級電車・一畑電車の「デハニ50形」という電車が走っています


鉄道ファンにも見逃せないシーンがたくさんあります。

泣かせてくれるシーンもたくさんあって、なかなかいい映画でした。

5月29日ロードショー

"大好き!映画・試写会 「RAILWAYS」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: