バスでGO!カクキュー八丁味噌の郷

焼津さかなセンターを後にして、次は岡崎市にある カクキュー八丁味噌の郷へ。 到着すると係の人に迎えられ、八丁味噌の資料館と実際の八丁味噌だる、試食、お土産購入という時間になりました。 資料館の外観 中に入ると昔駅に架けられていた看板。 カクキュー八丁味噌は社名は合資会社八丁味噌でカクキューは屋号ということです。 若い男性社員が説明してくれましたが、やる気があるのかないのか、ちょっとわからない感じの人でした。 八丁味噌の由来は昔家康公が生まれた岡崎城から距離が約8丁。(約900m)くらいだそうでした。 そして八丁味噌は赤味噌、信州みそなどは白味噌ですが、赤と白の違いを教えてくれました。 赤味噌は大豆を蒸して麹を混ぜる。白味噌は大豆を茹でてから麹を混ぜるという違いだそうです。 塩分も白味噌よりも少ないということでした。 そして味噌樽が保存されている蔵へ。 中に入るとほんのり味噌の香りがします。 樽の大きさは高さ約180cm、6トン(だったかな)の味噌が作れます。 4人家族だと200年味噌汁が飲める量だということです そして樽は約150年ほど使えるそうで、上の写真の樽は天保の札が付いていました。 そしてこの蔵には100個ほどの樽が保管されているということでした。 樽の上に乗っている石は職人さんが1つ1つ積み上げているそうです。 野…

続きを読む