京都散歩 光悦寺

光悦寺とは 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの茶室がある。竹を斜めに組んだ垣根は光悦垣と呼ばれる。 (以上京都市公式観光ナビHPより) 光悦寺の参道があまりにもきれいすぎて何枚も写真を撮ってしまいました。 境内にもそろそろ目を向けましょう 光悦垣 近くの山も風景の1部 やはりたくさん写真が撮れました。

続きを読む