京都散歩 光悦寺

光悦寺とは
江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの茶室がある。竹を斜めに組んだ垣根は光悦垣と呼ばれる。

(以上京都市公式観光ナビHPより)

光悦寺の参道があまりにもきれいすぎて何枚も写真を撮ってしまいました。

IMG_4608.jpg


IMG_4606.jpg


IMG_4611.jpg


境内にもそろそろ目を向けましょう
光悦垣
IMG_4580.jpg


IMG_4581.jpg


IMG_4585.jpg


IMG_4597.jpg


近くの山も風景の1部
IMG_4595.jpg


やはりたくさん写真が撮れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • イッシー

    趣があっていい道ですね。
    何枚も写真を撮る気持ちよくわかります。
    2019年12月10日 22:49
  • eko

    こんばんは!
    光悦寺の参道、紅葉が本当に綺麗です。何枚も写真を撮ってしまうのも分かります。
    境内の竹垣も良い風情です。茶室の佇まいも素敵ですね。
    2019年12月10日 22:56
  • mori-sanpo

     光悦寺の参道は趣があり紅葉がきれいですね。
     竹を組み合わせた垣根は、風流人光悦の茶室の雰囲気と調和しているように感じました。
    2019年12月11日 08:53
  • 信徳

    ここも綺麗なモミジですね。
    散策路の竹柵が邪魔ですが人が多いのでやむを得ないのでしょう。
    散ったモミジ、残ったモミジが半々で美しい光景です。
    どうして京都は美しいのでしょう。
    2019年12月11日 08:57
  • ジュン

    綺麗ですね
    趣があり清雅を感じます
    2019年12月11日 09:14
  • るなまる

    光悦寺の紅葉と石畳の参道
    なかなかいい光景ですね
    境内や里山の景色もばっちりですね♪
    2019年12月11日 18:01
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。
    素敵ですよね。京都の雅な雰囲気ですよね。
    何枚もシャッターを押していました。
    2019年12月11日 21:13
  • かるきち

    ekoさん、こんばんわ。
    とても素敵な場所でした。光悦垣も風情がありますよね。最後なので電池が切れてもいいと思っていっぱい写真を撮りました。
    2019年12月11日 21:15
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。
    光悦垣、風流ですね。建物もとても侘びを感じて素敵な場所でした。
    2019年12月11日 21:20
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。
    細い参道、竹の柵が邪魔ですか。でも鉄棒よりもいいのではと思いました^^京都のモミジは葉っぱが小さいって、来ていた人が話していました。種類が違うんですね。
    2019年12月11日 21:22
  • かるきち

    ジュンさん、こんばんわ。
    本当にきれいですよね。京都に心惹かれ訪れる人が多いのもわかるような気がします。
    2019年12月11日 21:27
  • かるきち 

    るなまるさん、こんばんわ。
    石畳の参道、赤いモミジが映えますね。里山も周りも綺麗な紅葉でした。
    2019年12月11日 21:30
  • フラバーバ

    美しいですね。
    又 何処も 美しく清められているので
    とても 清々しく感じます。
    2019年12月12日 11:07