台湾旅行記 12月31日 松山文創園区

31日も雨…・

松山文創園区という所に行ってきました。

松山文創園区は台北市信義区に位置し、敷地6.6ヘクタールに及んでいます。1937年、前身の「台湾総統府専売局松山タバコ工場」が建設され、最初の専業タバコ工場として台湾の近代化工業の工場建物の先駆けとなりました。建築物の風格は「日本初期現代主義」に属します。作りは簡潔典雅で、レンガ・ガラス・銅釘が精細に施され、当時は工場のモデルと称されました。終戦戦の1945年に台湾省専売局に接収され、「台湾省専売局松山タバコ工場」に改名。1998年、都市空間計画により公売制に改められ、需要量下降などの原因で生産を停止。台北タバコ工場に合併され、正式にその歴史に幕を下ろしました。

2001年、台北市政府により第99番目の市の史跡に指定され、園区内は次のように計画されました。市の史跡(オフィス建物・1~5号倉庫・製造工場・ボイラー室)・歴史建築物(検査室・機械修理工場・育児室)・特色建築(バロック庭園・生態景観池・浴場・多目的ホール)。

近年、園区内の空間再利用を活性化させるため、芸術文学・文化創意・デザインなどのパフォーマンス活動と連動、台湾創意デザインセンターとの合作で「台湾デザイン館」を設置し、国内著名のガラス工房とガラスアートを融合した「小山堂」を創設。軽食レストラン(機械修理工場内)もあり、園区はデザイン・文化創意産業の基盤拠点へと格上げされました。

(以上 台湾旅行 観光ガイドより)

画像


画像


画像

とても味わいのある建物をそのまま利用していていい雰囲気でした。

画像


書店の中もすごく素敵
画像


画像


画像


工場内部はいろんなクリエイターが作品を展示販売したりしていました。
画像


画像


画像


画像

通路は工場だった雰囲気が残っていますね。
でも歩いていると校舎を歩いているような感覚になりました。

画像


中庭
雨だったので庭には出ませんでしたが、工場の休憩時間にここに出てリフレッシュしたりしていたんだろうなって思えました。
画像


台北では古い建物をリノベーションして新しいクリエイティブな場所として生まれ変わり、若い人たちの人気スポットになっているようでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 信徳

    雨が欲しいです。
    台北はこの時期雨が本当に多いですよ。
    高雄は毎日晴れて29度、最低でも15度と
    南国ですよね。
    高雄に一度行く事お勧めします。
    高雄も古い建物のリノベーションが多く若者に
    人気のスポットが有ります。
    2019年01月10日 19:12
  • イッシー

    とってもいい雰囲気ですね。
    一度は行きたい台湾です。親日的なのがありがたいですね。建物も日本と変わらない。
    2019年01月10日 21:58
  • yasuhiko

    台湾は古い建物をリノベーションして、
    色んな施設に転用してる場合が
    多いので、レトロ好きには堪らない
    旅行先ですね。日本統治時代の建物も多く、
    和洋中折衷の面白さがあると思います。
    2019年01月10日 23:30
  • eko

    こんばんは!
    ここは日本統治時代の建物をリノベーションしているのですね。和の要素もあり、懐かしさを感じます。お庭も素敵です。雨降りなのが惜しいです。
    2019年01月10日 23:39
  • デミ

    こんばんは。
    日本の学校を思い出しましゅネッ
    書店の様子が日本と違うなぁ~
    どうぞ、読んでから買ってくださいといった感じにとれましゅねっ
    2019年01月11日 02:10
  • ミズバショウ

    書店は外装も内部もレトロな感じが漂って昔にタイムスリップした雰囲気が楽しめますね。工場内の作品を見て回るのも楽しそうです。
    2019年01月11日 09:19
  • ジュン

    素敵な雰囲気で
    古い建物をリノベーション
    何だかほっとします
    2019年01月11日 14:53
  • るなまる

    年末に雨はさえないですね
    台湾には日本になじみのある
    建物が多いですね
    昔の役場とか学校みたいな雰囲気です
    2019年01月11日 16:59
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。日本のカラカラ天気、台北の雨を分けて欲しいですね。高雄、今回行ってみようかと思いましたが結局行けずじまいでした。いつか行ってみたいです。
    2019年01月11日 21:23
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。会話が聞こえてこなければ日本かなって思える場所がいっぱいです。ここもとてもいい雰囲気でした。
    2019年01月11日 21:33
  • かるきち

    yasuhikoさん、こんばんわ。おっしゃるように日本統治時代の建物が今なお大事に使われています。日本家屋もこじゃれたカフェになっていたり、そういうところは日本人よりも上手かもしれないですね。
    2019年01月11日 21:35
  • かるきち

    ekoさん、こんばんわ。工場内、ガラス戸など懐かしい感じですね。外を歩いているときは雨でとっても残念でしたが、室内にいるときは飴に濡れずに済んでよかったです。
    2019年01月11日 21:55
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。書店の店内、素敵ですね。テーブルとイスもおいてあり、カフェにもなっているようで、本を読みながらお茶も飲めそうでした。
    2019年01月11日 21:58
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。レトロな雰囲気の本屋さん、内容はわからなくても思わず手に取りたくなる本がいっぱいならんでいました。工場内のショップも若いクリエーターたちの商品がたくさん並んでいて面白かったです。
    2019年01月11日 22:00
  • かるきち

    ジュンさん、こんばんわ。台湾には日本統治時代の建物が数多く残り、今も現役だったり、リノベーションして生まれ変わったものもいっぱいあります。ここもそんな感じですてきでした。
    2019年01月11日 22:03
  • かるきち

    るなまるさん、こんばんわ。ここ何年かこの時期に台湾に出かけていますが、毎日雨は今回だけ。がっかりです。工場跡と言いますが、通路などはなんだか学校の校舎を思い出す雰囲気でした。
    2019年01月11日 22:06

この記事へのトラックバック