大好き!映画・試写会 「終戦のエンペラー」

昨日の夜、試写会に参加してきました。

画像


終戦のエンペラー

トミー・リー・ジョーンズ マシュー・フォックス 初音映莉子 西田敏行 火野正平 中村雅俊 ほか出演

あらすじ

1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は集結した。
まもなく、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)率いるGHQが上陸。
マッカーサーは部下で知日派のポナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)准将に命じたある極秘調査から始まった。

この戦争の真の意味での責任者を探せそれは日本文化を愛するフェラーズにさえ、危険で困難な任務だった。
やがて、連合国、マッカーサー、フェラーズ、そして日本の元要人たちの思惑が激しく交錯する中、謎が一つ一つ解き明かされていく。
なぜ、開戦直前に首相が交代したのか?パールハーバー直前の御前会議で語られたこととは?戦争を始めたのは本当は誰なのか?終わらせたのは誰か?玉音放送前夜のクーデターとは?その放送に込められた天皇の想いは?
連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは?マッカーサーと天皇が並ぶ写真が撮された理由とは?
そして崩壊し他日本の新たなる礎はいかにして築かれたのか?
日本の運命を決定づけた知られざる物語が今始まる。



日本の終戦を描いているので邦画のような感じですが、実はハリウッド映画。
といっても、プロデューサーに日本人・奈良橋陽子氏・野村祐人氏が参加されていました。
ロケもニュージーランドで東京の焼け野原を再現し、唯一日本のロケ地はなんと皇居が使われたということでした。

第二次世界大戦がなぜ始まったのか、そのへんの理由はあまり提示されていなくて、よくわからなかったのですが、近衛文麿(中村雅俊)や鹿島大将(西田敏行)がセリフで言っていたこと、(石油凍結やアメリカ・イギリスなどのアジア占領を日本もそれを真似した、という事)が原因だったのかな、と思われました。

実話をもとに、日本の再建というテーマを深く伝えるためにフィクションを織り交ぜたということで、フェラーズと鹿島大将の姪・アヤ(初音映莉子)との恋愛が絡み、任務をこなしながらアヤを探すフェラーズ。
そして悲しい事実。

戦争ものというと、戦時中のものや、日本軍のものに偏っていますが、アメリカ側・GHQ側から見たものを描いているのは私は初めて見たような気がします。

日本再生、それは現代にも言えること。
それがテーマなんだろうな、って思えました。

7月27日(土)全国ロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • はるる

    いつもいい映画をご覧になっていますね。
    いろいろ考えさせられること多いです。
    と言いますか考えて見たい気がします。
    2013年07月10日 19:39
  • goki

    こんばんは
    第二次大戦、開戦の理由は色々と
    有るようですね、列強の東アジア
    進出に脅威を抱いた日本が国土の
    拡大化を図った軍備の制約も
    有ったと聞いてます。
    何故、皇室は解体されなかったか
    色々と話は有ったようです。
    何か、面白そうな映画ですね。
    2013年07月10日 20:07
  • hanasaku

    こんばんは♪
    重いけれど見つめなければいけない事が沢山ありますね。
    今だからこそきちんと考えなくちゃいけないですね。
    再生・・・出来るのかなって本当に切実に感じてます。
    2013年07月10日 20:24
  • 信徳

    今晩は!
    事実は一つなんでしょうが色々な事が重なり合うと制作側の意図に沿ったものになるような気がします。第二次世界大戦、日本は歴史教育なども十分やっているとは思えませんし我々の教育ではアメリカの意図が相当入っているのでこの歳になって初めて何だったのかと勉強するのも興味有りますね。
    2013年07月10日 20:40
  • 毎日日曜人

    こんばんは。
    考えさせられる映画の様ですね、確かにこのての映画でGHQ側から描かれたものは少ないと思います。単なる興味本位ではなく日本人スタッフも加わった骨のある映画の様に思えました。
    2013年07月10日 20:57
  • mori-sanpo

     歴史作家の司馬遼太郎が書き得なかった昭和史は、まだまだいろいろの立場の歴史観が多くて、教育現場ですらまだ混乱していますね。
     歴史を広い立場から見るためにも、この映画は見てみたいですね。
    2013年07月10日 21:16
  • ふりかけ

    こんばんは
    興味深い内容の映画ですね。
    見てみたいなと思います。
    近代史になるとなぜか早く進んでしまってあまり深く学んでいないように思います。
    歴史は近代史から古代へ学んだほうがいいのかもしれない と感じます。
    歴史は繰り返してはいけない
    でも歴史に学べない人類
    考えさせられます。
    2013年07月10日 21:47
  • イッシー

    良く試写会に行かれますね。
    普通に見に行くチャンスすらあまりないのに。。
    いや、ケチだからなかなか行きませんが、
    たまには映画も面白そうだなー。
    2013年07月10日 22:33
  • ブルー・ブルー

    トミー・リー・ジョーンズ、こっちでも最近CMの活躍があるし、日本の映画かと思ってしまいました。
    小説の永遠のゼロも、いろいろ思うところがあったけれど、戦争は二度とないと願っています。
    2013年07月10日 23:57
  • デミ

    最近は8月が近付くと必ずと言っていいぐらい戦争映画が放映されます 終戦記念日にちなんでの物でしょうがぁ~  そんぶんだけ、好きな怪談映画が無くなってきましたぁ 
    しぇんそうきらい でもぉ見たいこの映画は面白そうじゃん かるさんの解説が素晴らしいです
    2013年07月11日 03:48
  • ミズバショウ

    色々な?が興味を誘う映画のようですね。実話に基づいていると戦争の背景がよく見えてくるのでしょうか。
    2013年07月11日 04:16
  • 春夏冬

    Bonjour
    ハルノートで追い込まれた日本?
    トミー・リー・ジョーンズは缶コーヒーを飲んでいなかったのですか?
    =^-^=うふっ♪
    2013年07月11日 06:45
  • 茜雲

    私にとっては遠い過去のことではなく、かといって現実味は全くないのですが、興味深い話のようです。観てみたいですね。
    2013年07月11日 08:08
  • 無門

    こんにちは

    試写会の前の試写会に
    行ってきた大学教授に
    この話を聞きました
    歴史の勉強の一環でしたので
    とてもきょみ深く聞けました
    視点をどこに置くかで
    歴史は変化しますね
    だから歴史は面白い
    2013年07月11日 15:49
  • peko

    試写会^^良いですね~。
    どうやったら当たるのかしら?なんて
    考えてしまいました^^;(笑)
    戦争は二度と起こしてはいけない!
    切に思います。
    映画を通して考えてみるのも良い事ですね。
    応援です☆
    2013年07月11日 17:40
  • hagi_hisa

    この時期になると、きまって戦争をテーマにした映画が封切りされるよね~。
    ハリウッド映画なのね(◎_◎)
    他国から見た日本、どんな風に捉えられてるのか興味ある~!!
    2013年07月11日 18:31
  • かるきち

    はるるさん、こんばんわ。第二次世界大戦の問題は避けてはいけないですね。戦争賛美の映画でなかったので、考えることが多い映画でした。
    2013年07月11日 21:22
  • かるきち

    gokiさん、こんばんわ。諸説あるようですね。開戦の理由は具体的にされていませんでしたが、そういうことももっとわかっているとより理解できたかもしれないです。
    2013年07月11日 21:23
  • かるきち

    hanasakuさん、こんばんわ。たしかにこの戦争のこと、目をつぶっていてはいけないですね。日本の復興、というか震災後の復興、一日も早く出来るようになることを祈るばかりです。
    2013年07月11日 21:25
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。事実は1つでも見方によって、いろんなふうに理由付けられますね。それでも間違った見方をしないように、私たちが気をつけていかないといけないですね。
    2013年07月11日 21:27
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。GHQというか、アメリカの意思は天皇に戦争責任を問うということでしたが、マッカーサーが反対のことを考えていた、ということが興味深いことでした。
    2013年07月11日 21:29
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。そうでしたか!私たちも歴史の教科書では昭和の問題はもう時間切れで駆け足だったので、内容がほとんど記憶にないですね。一番近い歴史から考えていくべきですね。
    2013年07月11日 21:30
  • かるきち

    ふりかけさん、こんばんわ。おっしゃる通りですね。昭和の史実はもう3学期末でほぼ習ったか、習っていないか・・という感じでしたね。子供の時にきちっとそういう事実も知っておくべきですね。
    2013年07月11日 21:32
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。これでも試写会に行く回数が以前に比べると減ってしまったんですよ^^多い時は1年に60本近く見たこともありました^^
    2013年07月11日 21:33
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。トミー・リー・ジョーンズ、最近は缶コーヒーのCMでおなじみですものね。^^永遠の0も見てみたいです。
    2013年07月11日 21:37
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。ありがとうございます。この時期になると必ず戦争映画やドラマが放映されますね。でも戦争賛美ではないものを選んでみたいと思います。
    2013年07月11日 21:39
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。開戦の理由は今ひとつわかりませんでした。でもこういうことが理由だったのか・・って思えるものもありました。
    2013年07月11日 21:41
  • かるきち

    春夏冬さん、こんばんわ。ポパイのようなパイプは持っていましたが、流石に缶コーヒーは持っていなかったですね^^
    2013年07月11日 21:43
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。昭和は遠くになりにけり、ですね。でも忘れていいことではなく、ちゃんと伝えていかなくてはいけないことですね。
    2013年07月11日 21:45
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。そうでしたか!歴史は1つですが、その人たちの感情によって大きくねじ曲がったりすることもありますね。冷静に公正な目で見られることが一番ですね。
    2013年07月11日 21:47
  • かるきち

    pekoさん、こんばんわ。試写会、インターネットでも結構募集していますよ。でも最近なかなか当たらなくて・・^^;
    2013年07月11日 21:48
  • かるきち

    hagi_hisaさん、こんばんわ。この映画は日本人プロデューサーがいるせいか、かなり日本寄りに描かれているような気もしました。でも日本再生のテーマだから、そうだったのかもしれないですね。
    2013年07月11日 21:50

この記事へのトラックバック

  • 映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった
  • Excerpt: 映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ピーター・ウェーバー監督、 ..
  • Weblog: soramove
  • Tracked: 2013-08-10 08:35