大好き!映画・プレミア試写会! 草原の椅子

画像


昨日、友人からのお誘いで観てきました!

「草原の椅子」
プレミア試写会。

国際フォーラムでありました。

出演俳優さんたちの舞台挨拶と主題歌を担当したGLAYのミニライブつきでした。

佐藤浩市・西村雅彦・吉瀬美智子・小池栄子・黒木華 映画監督の成島さんが舞台に登場。
一言ずつ挨拶して、一旦退場し、GLAYの歌う主題歌「真昼の月の静けさに」を聴き、再び、監督さん・出演者・GRAYも登場し、しばしトークショーがありました。

私たちの席からはかなり小さくて顔はよくわからなかったけれど、西村さんがとても面白くて、会場を笑わせてくれました。
佐藤浩市さん、もっとよく見たかった~~!

そして映画の上映です。

あらすじ
カメラメーカーの営業局次長・遠間憲太郎(佐藤浩市)はある夜、大阪に本社を置く取引先のカメラ屋の社長・冨樫重蔵(西村雅彦)の窮地を救ったことから「親友になってくれ」と懇願され、渋々了承する。
2人はぎこちないながらも、同じ50歳ということもあり、徐々に打ち解けていく。
そんな折、タクシーの中から見かけた篠原喜志子(吉瀬美智子)にひかれるように、彼女の経営する陶器店に足を踏み入れる。
数日後、大学生の娘・弥生(黒木華)がアルバイト先の上司とともにやってきて、連休中、4歳の息子・圭輔を預かって欲しいと頼まれる。
圭輔は出て行った母親(小池栄子)の連れ子で、母親の育児放棄が原因で話すこともできず、心を閉ざしてしまっていた。弥生の説得により渋々圭輔を預かることになったが、富樫が2人を瀬戸内海の白石島の実家に誘ってくれた。そこで初めて圭輔が遠間と冨樫を受け入れる言葉を発する。

ある日、以前遠間の会社で主催した写真コンテストで奨励賞を受賞した青年(AKIRA)がやってきて、パキスタンのフンザで撮った写真集をもらう。
その雄大な自然の風景や生き生きとした表情の人々の姿に遠間も圭輔も魅了される。
圭輔の義父が転職を機に圭輔の育児を拒否。一時は圭輔を引き取ると言っていた母親も圭輔を拒絶し、遠間は途方にくれる。
圭輔を引き取ることを考えた遠間だが、貴志子に思いつきでそんなことを考えるべきではないと言われ、悩みぬいた末に施設に預けることを決意。
その前に最後の思い出作りにフンザへ行くことに。
旅には東京からの撤退に悩む富樫と、貴志子も同行。
これまでの人生を見つめ直し、新たな希望を見出すため、世界最後の桃源郷に向かう。


この草原の椅子は宮本輝さんの小説が原作。

自分にはなんの関係もない圭輔をいつの間にか本当の子供のように愛している遠間。
大人になってなかなか新しく友人なんてできないけれど、遠間と富樫のような友人関係ってなんだかいいな、って思いました。
そしてやはりなんといっても圭輔の存在がすごい。
2007年生まれ!で2000人のオーディションで合格した貞光奏風君。
この子の演技なしではこの映画は成り立たない。
すごい子でした。

そしてやっぱり遠間や富樫がカメラに関係しているので、そっちにも目が向きました。

上映時間2時間15分とやや長い映画でしたが、結構短く感じました。

映画を見終わり、出口に向かうと、1箇所ものすごい人だかり・・・・
よく見ると俳優さんたちがいました。
後ろ姿しかわからなかったけれど、西村さんがいた~~。

今までも舞台挨拶付きの試写会に出たことがあるけれど、映画が終わるまで俳優さんがいたのは初めて!

2月23日(土)ロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • goki

    こんばんは
    カメラを主軸として心を閉ざして
    しまった子供がやがて心を開き始め
    た時に又もや生じた難問、其の前に
    向かった桃源郷・・あとは
    見てきた方の・・、良かったでしょうね。
    2013年02月07日 19:52
  • 信徳

    またもや試写会ですか。いいなあ!かるきちさんは。やはり人間が出来ているからこう言うのが回ってくるのでしょう。
    2013年02月07日 19:56
  • はるる

    ミニライブつきはお得でしたね。
    GLAYが見られたんですね。
    俳優さんにも会って楽しかったでしょう。
    映画、よくご覧になりますね。頭の栄養にもなります。いろいろな知識も増えてすばらしいです。
    2013年02月07日 20:02
  • mori-sanpo

    【草原の椅子】これからの人生を考えさせてくれるような、中味の濃い試写会に行かれましたね。
     パキスタンのフンザ、世界最後の桃源郷にも興味が湧いてきました。
    2013年02月07日 20:05
  • 毎日日曜人

    こんばんは。
    正統派の映画ですね、最近こんな見応えの有りそうな映画は少ないのではないでしょうか、プンザ、どんな桃源郷なのか見てみたいですね。
    2013年02月07日 20:29
  • peko

    舞台挨拶付きの試写会^^
    良かったですね~!!
    羨ましい^^
    中々面白そうですね!
    見てみたいです。
    応援です☆
    2013年02月07日 21:27
  • ブルー・ブルー

    試写会は、俳優さんたちが来るから一度行ってみたいけど、こっちには来ないなぁ。
    宮本輝さんの小説、一時期ハマって読んでいたけれど、これは読んだのかどうか忘れています。(汗)
    ブックオフに、全部売ってしまった。
    2013年02月07日 23:12
  • 茜雲

    「ぼく、捨てられちゃった」、笑顔で言える、ポスターを見てほっとしました。見応えのある映画のようですね。
    2013年02月08日 08:32
  • 無門

    こんにちは

    普段スクリーンにいる俳優さん
    目の前で見ると
    やはり皆さんオーラがありますね
    私も時々・・・
    2013年02月08日 14:08
  • cool_foooo

    宮本輝さんの小説、泣けるんですよね。
    私は、舞台挨拶付き試写会は
    行ったことありませんが、トークショーに、ライブと、盛りだくさんで
    良いイベントでしたね。
    私も、その子役ちゃんの演技、
    見てみたいです。
    2013年02月08日 15:25
  • かるきち

    gokiさん、こんばんわ。全然血の繋がらない子供を引き取ろうと思う気持ち、すごいですよね。私は無理かな~~、なんて思ってしまいましたが、いい映画でしたよ。
    2013年02月08日 18:52
  • かるきち

    信徳さん、こんばんわ。ありがとうございます^^持つべきものは良い友ですね^^本当にラッキーです。
    2013年02月08日 18:54
  • かるきち

    はるるさん、こんばんわ。俳優さんの舞台挨拶は時々見られましたが、ミニライブ付きは初めてでした。歌も挨拶も、もちろん映画もとても良かったです。
    2013年02月08日 18:56
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。大人になるとなかなか親友なんて出来ませんが、そういったことも可能なんだと思えた映画でした。最後の桃源郷、手つかずの自然と空いっぱいに広がる天の川。本当に素晴らしい風景でした。
    2013年02月08日 18:59
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。2時間15分があっという間に感じました。フンザ、カメラマンとしては絶対に写したくなる美しい風景がありました。
    2013年02月08日 19:00
  • かるきち

    pekoさん、こんばんわ。とてもハートフルな映画でした。
    佐藤浩市さん、もう少し近くで見たかった~~^^それだけがちょっと残念です。
    2013年02月08日 19:02
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。最近はなかなか試写会に当たらなくて、今回はラッキーでした。宮本輝さんの小説、読まれたんですか。私は読んでいないなぁ。今度読んでみます。
    2013年02月08日 19:04
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。結末は明るい話で、見ていて救われた気分になりました。この男の子、本当に素晴らしい演技で、佐藤浩市さんに負けていませんでした。
    2013年02月08日 19:05
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。無門さんは時々エキストラで参加されていましたね。もっと間近に俳優さんを見ることができるでしょう。
    2013年02月08日 19:06
  • かるきち

    cool_fooooさん、こんばんわ。宮本輝さんの小説、ご存知でしたか。私はじつは読んだことなくて・・・今度読んでみます。この子、本当に素晴らしい演技で、佐藤浩市さんや西村さんに負けない演技をしていました。
    2013年02月08日 19:08

この記事へのトラックバック