だいすき!映画 のぼうの城 & フレンチランチ

本土寺のもみじの途中ですが。

のぼうの城を観てきました。

本を以前読んで映画も絶対見たいと思っていたので、ようやく行ってきました。

のぼうの城

野村萬斎 佐藤浩市 榮倉奈々 成宮寛貴 上地雄輔 山口智充 など出演

あらすじ
周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)。領主・成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼び親しまれる人物であった。
天下統一目前の豊臣秀吉は、関東最大の勢力北条氏の小田原城を落城させんとしていた(小田原征伐)。豊臣側に抵抗するべく、北条氏政は関東各地の支城の城主に籠城に参加するよう通達した。支城の一つであった忍城主の氏長は、北条氏に従うように見せかけ、裏で豊臣側への降伏を内通し、籠城作戦に参加していた。
「武州・忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、石田三成は成田氏が既に降伏を決めているとは露知らず、戦を仕掛けんとする。城はすぐに落ちるはずだった。だが、軍使長束正家の傲慢な振る舞いに怒った総大将・長親は「戦」を選択した。当主・氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、かくて忍城戦は幕を開けた。
三成率いる2万超の軍勢に、農民らを含めても2千強の成田勢。総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない、その名の通りでくのぼうのような男。だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。
地の利と士気の高さから、緒戦は忍城側の圧勝であった。三成は、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定する。総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設し、忍城は本丸を除いては城下を含めて水に沈む。この水攻めに対する長親の策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前で田楽踊りを披露することであった。
三成の指示で雑賀衆が、田楽踊りを踊る長親を狙撃する。長親は一命を取り留めるが、城に入らず場外で堤作りに雇われていた百姓の中から、長親が撃たれたことと耕していた水田を台無しにされた怒りから石田堤を壊す者が現れ、水攻めは失敗する。
三成軍が総攻撃を行おうとする矢先、小田原城が落城したとの知らせがもたらされ、忍城も開城する。小田原城落城時までもちこたえた支城は忍城だけだった。


以上Wikipediaより


のぼう様こと成田長親に野村萬斎 その側近に佐藤浩市や山口智充、成宮寛貴
そして甲斐姫に榮倉奈々

本当に面白い映画で、戦いのシーンなどはかなりシリアスなのだけれど、のぼう様のユーモラスな姿にちょっと救われた。
のぼう様、野村萬斎さんがどんぴしゃり!
小説そのものののぼう様でした。

三成勢に戦いを挑むと決めた時、農民たちがのぼう様が決めたのなら仕方ないか、絶対勝てない戦なのにあえて一緒に戦う農民たちに、人は損得だけでは動かないんだと感動しました。




公式HPはこちら 
        →    http://nobou-movie.jp/


映画を見た日とは違いますが、グルメな友人たちとのランチ

銀座の ISHIDAというフレンチのレストランへ。
銀座でランチコースが3150円で楽しめます。
そのせいか、店内はいっぱいでした。

まずオードブルは何種類から選べました。
画像

ホタテがたくさんのサラダ

スープはかぼちゃのスープ

スズキのポアレ
画像


メインは肉または魚の何種類からか選べました。
画像

仔牛ロースのソテー

デザート盛り合わせ
画像


とても美味しく頂きました。
今回、コンデジ(ニコン・クールピクス)を使ったのだけれど、なぜかボケボケ!
コンデジが一番使いこなせていない気がする・・・・

このレストランに行くときに友人たちと待ち合わせていったのだけれど、友人が思っていた場所と違ったようで、ちょっと探すのに手間がかかり、お店のスタッフに電話で場所を聞いたりしながら行きました。
友人は迎えに来てくれる、と言ったのだけれど、なかなか現れず、自力でお店まで行くと店の前で待っていました。
疎通がちょっと悪かったみたい。
そして、席に着くとエアコンの風が結構当たるので、弱めにしてくださいと頼むとちょっと、店員さんがムッとした感じ。
なんだかな・・・って思ってしまいました。
お料理は美味しかったけれど、う~~む、2度目はないかも。
と思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • 峠の釜めし

    のぼうの城、面白そうですね。

    史実に基づいたお話という事で、映画も見たいですが、まずは本を読んでみます。

    人に好かれる才能って羨ましいですね。
    2012年11月27日 19:33
  • mori-sanpo

     のうぼう様の人柄は面白いですが、のうぼう様と対極の石田三成の人柄が良く表わされていますね。
     人に好かれるタイプの人間は幸せですね。
    2012年11月27日 20:17
  • メロンパン

    ホタテのサラダ、仔牛ロースのソテー、
    デザート盛り合わせ…に目が眩んだのかと思ったら、ボケボケでしたか (^_^;)
    お店って、雰囲気が悪いと美味しく食べれませんね /(*ε*)ガクッ
    2012年11月27日 21:59
  • ミクミティ

    実は、私もこの週末にのぼうの城を見てきました。もちろん、事前に本を読んで。
    なかなか迫力があって面白く仕上がっていましたね。ちょっと漫画っぽい気はしますが。
    ところで、映画に出てくる丸墓山古墳のことを書いた以前の記事をよかったらどうぞ。
    http://mikmitti.at.webry.info/201005/article_1.html
    2012年11月27日 22:23
  • ブルー・ブルー

    のぼうの城、本を読んでから3年。
    この映画は、ぜったいに観たいですね。
    野村萬斎さん、陰陽師のイメージが強くって、のぼうの城のパンフレットを初めて見たときは、誰?って思いましたよ。(笑)
    2012年11月27日 23:20
  • ミズバショウ

    時々テレビに予告編が入るので気になる映画です。主人公が小説のイメージにぴったりの俳優だと思い入れも格別でしょうね。
    料理が美味しくても店員の対応ひとつで店の評価が変わるのは当然だと思います。
    2012年11月28日 04:36
  • タフィー104

    のぼうの城、みなさん面白いって言いますね
    やっぱり観たいなあ
    ランチも凄く美味そうですが、サービスってやっぱり大事ですね
    リピするかどうか、やっぱりココでキマリますよね
    2012年11月28日 06:00
  • 毎日日曜人

    おはようございます。
    面白そうな映画ですね、見たくなります。ムッ!ですか、銀座のレストランとは思えませんね、店員の教育が出来ていない様です、長く続く店とは思えません。
    2012年11月28日 07:53
  • 無門

    こんにちは

    本も映画も見ていませんが
    イメージできました
    戦はいつの世にあっても
    人々を苦しめる運命
    従うものもあり
    あがなうものもあり
    その中にあって
    義を重んじるのも
    また運命でしょうね
    2012年11月28日 08:52
  • 茜雲

    狂言師の野村萬斎さんは狂言で観たことがありますが、俳優でもあるのですね。のぼう様はご紹介の範囲で想像するにはまり役だと思いました。
    この映画、観てみたいですね。
    2012年11月28日 09:23
  • はるる

    映画の後はランチですね。
    おいしそうなお料理、でもお店の雰囲気が悪いと、味もまずくなってしまいそうです。店員さんの応対は重要だと思います。
    2012年11月28日 19:54
  • デミ

    仔牛ロースのソテーだけ
    つまみ食いして帰りまーす
    お腹がグー・・・・
    2012年11月28日 20:43
  • かるきち

    峠の釜めしさん、こんばんわ。小説もとても面白かったですよ。万人に好かれる、というのは難しいけれど、誰からも好かれるというのはすごいですね。
    2012年11月28日 21:06
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんばんわ。三成とのぼう様、性格は対局でしたが、戦うことに対しては好敵手。のぼう様に一目置いていたように描かれていました。
    2012年11月28日 21:09
  • かるきち

    メロンパンさん、こんばんわ。カメラが食欲で目がくらんだ?^^のかもしれません。店員さん、私たちが道に迷い、そこからちょっと溝ができたかもしれないです。
    2012年11月28日 21:11
  • 柿ろん

    この映画は試写会ではなかったのね

    私もみました(試写会)
    本は読んでないけど すっごく楽しめた
    あのあたりでは 埴輪サブレとかのぼうの城まんじゅうのお土産もあるらしい
    (ほかのブロ友さんとこで見た)

    ホタテ好きです 私・・・
    2012年11月28日 21:12
  • かるきち

    ミクミティさん、こんばんわ。以前のブログも拝見しましたよ。映画のエンディングにもありましたが、本当に美しい古墳ですね。ここに三成が陣を構えたのですね。
    2012年11月28日 21:13
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。本を読むと絶対映画も見たくなりますね。野村萬斎さん、陰陽師のイメージが強いですが、のぼう様もハマリ役でしたよ!
    2012年11月28日 21:15
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。予告でも興味を引きそうな展開ですよね。面白かったです。食事、ほかのテーブルの方には愛想が良かったのだけれど、うちだけ・・・と感じてしまいました。
    2012年11月28日 21:17
  • かるきち

    タフィー104さん、こんばんわ。のぼう様、面白いですよ。是非^^お料理はよかったのですが・・・またグルメの友達に違うお店に連れて行ってもらうことにします^^
    2012年11月28日 21:20
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。映画、とても面白かったです。店員さんと私たち、お店に行く道の電話でのやり取りで意思の疎通があって、それも引きずっている感じでした。
    2012年11月28日 21:24
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。忠義と義、これが今の日本には欠けてしまったものなのかも、と映画を見ながら思ってしまいました。
    2012年11月28日 21:26
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。野村萬斎さん、素晴らしいですね。この映画の中でも狂言が活かされていました。
    2012年11月28日 21:28
  • かるきち

    はるるさん、こんばんわ。このランチは映画と別の日でしたが、おいしい料理でしたが、友人にまた違うお店を探してもらいます。^^
    2012年11月28日 21:31
  • かるきち

    デミさん、こんばんわ。ホタテのサラダも美味しかったですよ~~^^こちらも持って行ってくださいな^^
    2012年11月28日 21:33
  • かるきち

    柿ろんさん、こんばんわ。試写会で見たんですか~~!いいなぁ^^最近私はめっきり試写会が当たりません。というか、応募していない^^;また応募しなくちゃ!
    2012年11月28日 21:35
  • hagi_hisa

    料理は美味しいのに、接客がイマイチだと、とっても残念に思いますよね~。もったいないなーって。
    2012年11月29日 00:30
  • まめたろう

    美味しそうなフレンチですね。
    のぼうの城は気になっていたんですよ。
    野村萬斎さんも陰陽師以来好きで(^-^)
    さすがに本業だけあって
    踊りのシーンとか素敵ですよね☆
    2012年11月29日 15:35
  • かるきち

    hagi_hisaさん、こんばんわ。そうなんですよね。お料理が美味しかっただけにちょっと残念。また新しいお店を探してもらいます^^
    2012年11月29日 20:29
  • かるきち

    まめたろうさん、こんばんわ。野村萬斎さん、陰陽師もよかったけれど、この役もハマリ役でしたよ。とても面白かったです。
    2012年11月29日 20:31

この記事へのトラックバック