大好き!映画・試写会 「アルゴ」

先日友人に誘われて行ってきた試写会

「アルゴ」
画像


ベン・アフレック 監督・主演

あらすじ
1979年11月、全世界を震撼させた歴史に残る大事件が起こった。
革命が吹き荒れるイランで、過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質に取る。
彼らの要求は、悪政の限りを尽くしアメリカに逃げた前国王の引渡しだった。
混乱の中、裏口から6人が脱出。
カナダ大使の家に身を隠すが、見つかれば公開処刑は間違いない。
絶望的な状況を打開するため、CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼れた。
トニーの名案は「嘘の映画を企画し、6人をロケハンに来た撮影スタッフに仕立て上げ、出国させる」という作戦。
特殊メイクの第一人者で「猿の惑星」でアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバースが協力。瞬く間にプロデューサーと脚本が用意され、SFファンタジー「アルゴ」の盛大な記者発表が行われた。
イランどころかアメリカまでをも欺き、タイムリミットは72時間のハリウッド作戦が始まった。
ところが、絶対ばれると反発する6人。
脱出者がいることに気がつくイラン。
緊迫する中CIAから作戦中止の命令が!はたして6人の命は・・・


事件から18年後、クリントン大統領が機密扱いを解除した前代未聞の作戦で、「ウソの映画製作」でもこの内容はホントの話だそうです。

スリルがあり、本当にハラハラしました。
実話であり、このトニー・メンデスも実在の人物。
この映画で演じた6人の大使館員も実際の6人の人物ソックリでとてもよく出来た映画でした。

この実際起きた事件のことは知らなかったのですが、背景にアメリカが石油の利権を意のままにしようと前国王を操っていたアメリカに対し、イランの母国を守ろうとしたホメイニ師の革命がありました。

映画ではアメリカ寄りで(制作がアメリカだからだけれど)イランを凶悪と言っているけれど、
政治的背景ではどうかな~~。なんて思ってしまいました。

10月26日(金)ロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • goki

    こんばんは
    話有りましたねぇ、一時話題に
    なったような気がしてます、強行突破も
    有ったようでしたね、うる覚えです。
    でも、スリルと期待で手に汗を
    かきながら、見られたのでしょうか
    楽しかったようですね。
    2012年10月19日 21:57
  • はるる

    映画も行けばおもしろいのですが。
    本当にあったお話なんですね。
    最近テレビで古い洋画をよく見ています。2時間くらい、のめりこんで見ちゃったりしています。
    2012年10月19日 22:17
  • ブルー・ブルー

    いいなぁ、試写会。
    いつも羨ましく思います。
    実話の映画なんだぁ。
    はらはらドキドキの映画、おもしろそうです。
    2012年10月19日 23:33
  • mori-sanpo

    最近は映画を見ないで、もっぱら落語を聞きに行っていますが、「アルゴ」面白そうですね。
    2012年10月20日 00:01
  • 毎日日曜人

    おはようございます。
    実話に基づいた映画ですから、本物の緊迫感を感じられたのでは無いでしょうか、この事件の時、救助に向かった軍のヘリが故障で墜落してしまった事を覚えています。
    2012年10月20日 07:46
  • 無門

    こんにちは

    それぞれ反対側から見れば
    正義は悪であり
    悪は正義になる
    歴史とはそういうものなんだよね
    今の領海問題も
    同じ物だと気付いてはいても・・
    2012年10月20日 07:57
  • 茜雲

    この事件は知ってはいましたが、ただ聞きながしていただけです。それが映画になり、観る.ハラハラドキドキ、分かるような気がします。
    2012年10月20日 08:07
  • 峠の釜めし

    正に事実は小説より奇なりですね。

    最近は特に私たちが思いもしない事が、よく起こります。
    2012年10月20日 09:05
  • ミズバショウ

    当時は大事件だったように思いますが、すっかり忘れてしまいました。実話の再現と思って観るとスリル満点、ハラハラ感が分かります。
    2012年10月20日 11:02
  • かるきち

    gokiさん、こんにちわ。覚えていますか!私は全然知らなくて。でもこういった事実も映画などでわかるのはとても勉強になります。映画もとても面白かったです。
    2012年10月20日 13:51
  • かるきち

    はるるさん、こんにちわ。事実に基づいたものでとても面白かったです。映画って、いろんなところの景色を見られたり、タイムスリップして歴史を見られたり、宇宙にいけたりする、そんなたのしさがありますね。
    2012年10月20日 13:54
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんにちわ。最近私はあまり当たっていないのですが、友人のお陰で試写会に行けています。(^^)本当に最後までドキドキしました。
    2012年10月20日 13:57
  • かるきち

    mori-sanpoさん、こんにちわ。落語ですか。それも面白そうですね。笑は免疫力を高めますしね。
    2012年10月20日 13:59
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんにちわ。ご存じでしたか。かなり緊迫した事件だったようですね。でも大使館員、全員が釈放されて良かったです。
    2012年10月20日 14:01
  • かるきち

    無門さん、こんにちわ。本当にそうですね。アメリカからみれば、イランが悪で、イランからみれば、アメリカが悪。私達は第三者の冷静な見方が必要ですね。
    2012年10月20日 14:04
  • かるきち

    茜雲さん、こんにちわ。事実に基づいているだけに、真実味があり面白かったです。
    2012年10月20日 14:05
  • かるきち

    峠の釜めしさん、こんにちわ。本当に、思いもしない事実がありますね。面白いです。
    2012年10月20日 17:49
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんにちわ。当時の事をご存じでしたか。とても大変な出来事ですね。ハラハラしながらこの映画を見ました。
    2012年10月20日 17:53

この記事へのトラックバック