こんな本読んだ4月&大好き!映画・試写会「ファミリーツリー」

4月に読んだ本


マドンナヴェルデ 海堂尊著 4月7日読了

画像

代理母の問題を提起している作品だと思っていたけれど、最後の親権をめぐる母と娘の思惑がなんだか今ひとつよくわからない。でも双子の男の子が「医学の卵」のカオル君で、カオル君の世話をしている家政婦がみどりさんだったんだ。と思いました。海堂さんの小説は何かしらつながりがありますね。

これテレビドラマにもなったようです。それは見ていないので、どういう風に取り上げられていたのか、ちょっと気になります。

流星の絆 東野圭吾 4月8日読了
画像

ある晩、流星を見ようと抜け出した幼い3人の兄弟。夜中に家に戻ると両親が何者かに殺されていた。
弟が犯人らしき人物を見かけていたし、警察もそれなりに手を尽くしてくれてはいたが、犯人のめどがつかない。
時は流れて彼らも大人になり、3人で詐欺を働くようになり、偶然ターゲットとした男の父が弟の目撃した人物に間違いないという。それからターゲットを犯人探しに切り替える。
これもドラマ化したもので、これは見ていました。
ドラマを観たあとしばらく経ってからの読書だったので、本とドラマの違いを少しずつ感じながら読んでみた。ドラマでは2人の兄が静菜に恋心を抱いているようにも思えたけれど、この小説でもそうだったのかもしれないけれど、純粋に静菜が幸せになる事を願っているように思えた。東野さんの本は重く感じる事も多いけれど、これは気持ちを引きずる事もなく読めた。

武士道エイティーン 益田哲也著 4月20日読了
画像

武士道3部作の最終回
3部作を読み終えてしまった・・・香織と早苗。個性が全然違う二人が剣道を通し、お互いを見つめ成長していく姿がとてもよかった。また2人を取り巻く、桐谷先生や吉野先生の半生なども描かれていたのが良かったと思う。


先週見てきた試写会 「ファミリーツリー」
画像

ジョージ・クルーニー主演

あらすじ
弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は誰もが羨む人生を送っていた。ところが、突然の転機が降りかかる。妻は事故で昏睡状態。なんと彼女には恋人がいた。
2人の娘は反抗的で手に負えない。
さらにカメハメハ大王の血を引く先祖が残した土地の売却問題もあった。
マットは娘達を連れてもう一度、自分の人生と向き合い、失いかけた絆を取り戻すたびに出る。
雄大な土地からパワーを貰い、自分のルーツを見つけ、妻のために彼女の恋人を訪ねる。喜びと悲しみ、とせつなさがたくさん詰まった旅の果てにマットがたどり着いた大いなる決断・・・


内容はシリアスで重いはずですが、アレクサンダー・ペイン監督の深慮なテーマを上質のユーモアと軽やかな語り口で描くのは「サイドウエイ」でもおなじみでした。

いつもはダンディなジョージ・クルーニーがちょっぴり太めで全速力で走るとすぐ息切れ起こしそうなお父さん役で、
また娘達に手を焼き、長女の彼氏に反感を抱きながらも、頼り、愚痴ったりする役でした。

ハワイの雄大な景色とバックに流れるハワイアンソングがこの映画のスパイスのようでした。

またハワイに行きたくなったなぁ~~



5月18日よりロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • goki

    毎月読破する本は何冊か
    決めて読んでられるのでしょうか
    楽しみ沢山で良いですね、中には
    二回三回と読み直した本も有る
    のでしょうね。
    2012年05月15日 20:25
  • 桜子

    こんばんは。
    「ファミリーツリー」すごくよさそうな映画ですね。見たいな~♪TVでやってくれるの待ちます
    本も映画も毎月楽しんでいらっしゃいますね。忙しいのにエライな~。
    2012年05月15日 20:59
  • ブルー・ブルー

    武士道エイティーン、読んでないです。
    やはり、読むべきですよね。
    武士道3部作の2部で止まってます。
    2012年05月15日 21:26
  • イッシー

    読みかけの本早く読まなくっちゃ。
    なかなか時間がなくって。。
    2012年05月15日 22:22
  • 毎日日曜人

    おはようございます。
    読書に映画鑑賞、頭が下がりますね。「ファミリー」は良さそうな映画ですね。内容の濃い映画の様で、見てみたくなります。
    2012年05月16日 07:49
  • 茜雲

    読書に映画鑑賞、そして撮影、さらにはブログの掲載、そしてそしてお仕事、このエネルギーどこからきているのでしょう。いつも思います。
    2012年05月16日 08:08
  • 無門

    こんにちは

    ハワイはのんびり訪ねたいね
    買い物より
    散歩の方が好きです
    もう一度行きたくなりました
    2012年05月16日 08:31
  • ブルースカイ

    こんにちは
    こないだ、シックスティーンの映画を見たばかりです。
    なるほど、原作はここにあったのですね~。
    あの映画はそうなると、かなり凝縮した感じになるのかな??

    応援です♪
    2012年05月16日 15:09
  • ミズバショウ

    ドラマを見た後の原作を読むとどのように感じるのか興味深いです。役者さんのイメージも入り込むのでしょうか。流星の絆から。
    2012年05月16日 18:34
  • かるきち

    gokiさん、こんばんわ。特に毎月、何冊と決めて読んではいないんです。その月によって多かったり、少なかったり。
    あまり読み返すという事はないのですが、以前読んだ事を忘れてもう一度読んだという事は何度もあります^^;
    2012年05月16日 19:15
  • かるきち

    桜子さん、こんばんわ。「ファミリーツリー」DVDやテレビ放送でもいいかもしれません。(試写を見ておいてそういったら元子もありませんが^^;)読書は通勤時間帯になるべく読もうとしています。
    2012年05月16日 19:18
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。一応エイティーンが完結篇のようになっているので、読んでみた方が良いかも。
    大人になった2人のその後も知りたい気もしました。
    2012年05月16日 19:20
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。読みかけ、間が開いちゃうと内容を忘れてしまいそうなので、私は読み始めたら期間をおかずに読むようにしています^^
    2012年05月16日 19:22
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。アカデミー賞候補にノミネートされているだけあって、重い内容を監督独自の雰囲気にまとめているのはさすがと思いました。
    2012年05月16日 19:23
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。貧乏性なので、ぼーっとしているのがもったいないと思って何かしらやっています。家事が手抜きでその時間を使っているのかもしれません。
    2012年05月16日 19:25
  • はるる

    本、よく読まれますね。
    ここのところ何年か読まなくなりました。
    以前読んでいたとしても推理小説くらいですが。
    2012年05月16日 19:48
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。ハワイ、景色もすばらしいですね。今度はオアフ島以外にも行ってみたいですね。
    2012年05月16日 21:16
  • かるきち

    ブルースカイさん、こんばんわ。「武士道シックスティーン」観ましたか!^^璃子ちゃんかわいいですね。映画は「武士道シックスティーン」を凝縮しています。セブンティーン・エイティーンと映画も続くかと思いましたが、なさそうですね。
    2012年05月16日 21:19
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。ドラマで見てしまうとその役を演じた俳優さんを思い浮かべながら読んでしまいます。そうでないものは、時々、これは誰が演じたら面白いかな?なんて思いながら読みます。それも楽しいですよ。
    2012年05月16日 21:21
  • かるきち

    はるるさん、こんばんわ。私も推理小説大好きです。最近は色んなジャンルを読んでいますが、以前は推理小説ばかりでした。
    2012年05月16日 21:24

この記事へのトラックバック