こんな本読んだ 9月

9月に読んだ本

BOSS 堂場舜一 9月7日読了
画像


メジャーリーグのメッツのゼネラルマネージャーの高岡とブレーブスのGM、アーノルド・ウィーバー、タイプが違う2人のGMのボス、ウィーバーは高岡の冷静な仕事振りを認めつつも挑発してくる。選手は数字ではない、心があるという事を高岡に教えたかったのかもしれない。GMという立場もかなり激務なんだなと思った。

モノレールねこ 加納朋子 9月13日読了

画像


短編集。タイトルに惹かれて読んでみた。どの話もよかった。
タイトルの「モノレールねこ」は愛想のかけらもない野良猫、いつも庭にやってきて、糞をしたり、勝手に上がりこんでふかふかに干した上等の座布団にちゃっかり座り込んでいる、ドラねこ。僕は黙認していたが、ある日ねこ嫌いの母の逆鱗に触れ、遠くに捨ててくるように命じられる。それでもある日、またこのねこがやってくるようになる。なんと今度は首輪をしていたのだ。僕はその首輪に手紙を入れる。すると返事が入っていた。
野良猫を通じて顔も知らない誰かと文通していたが、ある日、猫が車に轢かれて死んでしまう。それから10年以上たち、就職した僕は、ある女性の先輩から指導を受ける。その女性がある日、この野良猫と同じようなネコを見てぼそっとつぶやく。「あ!モノレール猫」。

一番は最後の「バルタン最期の日」ザリガニの俺が池から釣り上げられてたどり着いた家はちょっとのんびり屋のフータ。年がら年中家の中をバタバタ走っている母親。そして仕事に疲れている父親の3人家族の家。名前を「バルタン」と付けてもらい、生活しているうちに彼らの優しさ、哀しさを知る事にある。そんなある日、バルタンが彼らの生活を守ろうと自分の身を犠牲にする。暖かいけれど、ちょっと泣けました。

ぼくだけの☆アイドル 新藤冬樹 9月21日読了
画像

昆虫ショップのアルバイト店員のアキオ。彼の恋人はみーちゅん。
といってもアイドルが恋人という妄想を抱いている青年。
オタクぽい主人公になんだかちょっとキモイ、と思いつつ、アキオの生活がとても面白く読めました。

廃墟建築士 三崎亜記 9月27日読了
画像

久しぶりに三崎さんの本を読みました。
三崎さんの本は何を読んでも不思議な感覚です。この中では「図書館」が一番面白かった。図書館にある本が夜になると空を飛ぶ。本当にあったらそんな本たちを見てみたい。

取締役(とりしまられやく)新入社員 安藤祐介 9月30日読了
画像

以前テレビドラマでこれは放映されました。
主人公は森山未来だったけれど、本の主人公とちょっとイメージが違うかな。
仕事が出来ない、容姿もイマイチの俺がなぜか年俸3千万の取締役に。仕事はみんなの不満の捌け口になりみんなのやる気を引き立たせること。この人物はさておき、確かに人間ってお互いに比べて少しでも自分が優位に立つ事を考えている。そんな事をうまくこの本は書いていて面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ブルー・ブルー

    新堂冬樹さんは、読んだことがあります。
    天使がいた三十日と忘れ雪、あなたに逢えてよかった、かな。
    2011年10月06日 21:36
  • 無門

    こんにちは

    読書の秋満喫ですね
    最近あまり本読んでません
    昨年膨大な量の本を処分しました
    時間が出来たら
    図書館が良いでもしたいな~
    2011年10月07日 06:06
  • 茜雲

    お仕事をしながら、写真撮影、読書と精力的にこなして居られ敬服しています。
    今私は、地元の漫画家の、多分処女作だと思いますが、歴史小説「赤き奔河の如く」倉橋寛作を読んでいます。なかなか進みません。
    2011年10月07日 08:28
  • ブルースカイ

    こんばんわ
    三崎ワールド堪能しましたか
    この中にある話の七階闘争が、刻まれない明日にもキーワードとして出て来ます。

    最近、本を読んでいないので、短編で読破力を付けてから長編を読もうかな

    応援です♪
    2011年10月07日 18:04
  • ミズバショウ

    よく読まれていますね。短編集が面白そうです。モノレール猫の意味は?、バルタンって名前も懐かしい感じですし、どうやって家族を守るのか興味が沸きます。
    2011年10月07日 20:42
  • 桜子

    こんばんは。
    かるきちさんはお忙しいのに、時間を作ってちゃんと本もたくさん読んでいらっしゃるのがすごいな~と思います!私なんて最近は全然(><)
    「モノレール猫」かるきちさんのコメントを拝見したら読んでみたくなりました♪
    2011年10月07日 22:53
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんは。進藤さんの本、ずいぶん読んでいますね!私、これが初めてでした。軽く読めますね。
    2011年10月08日 18:06
  • かるきち

    無門さん、こんばんは。本、何時の間にか、増えますね。図書館も楽しいですよ。(^-^)時間を作って是非!
    2011年10月08日 18:11
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんは。そう言っていただくとちょっと恥ずかしいですか、通勤時間が、読書タイムで、なんとか読んでいます。地元の作家さん、応援したくなりますね。
    2011年10月08日 18:15
  • かるきち

    ブルースカイさん、こんばんは。久しぶりに三崎さんの本、堪能しました。いつ読んでも、不思議な感覚ですね。七階闘争、これも、面白かったです。
    2011年10月08日 18:19
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんは。モノレールねこ、不思議な、タイトルですよね。(^-^)この本に登場するねこ、塀の上で香箱座りしていると、肉が下がり、しっかり塀を挟んでいるように見えたからだそうです。バルタンの最期はちょっと泣けます。
    2011年10月08日 18:24
  • かるきち

    桜子さん、こんばんは。私は通勤時間が、読書タイムなんです。結構読めますよ。(^-^)加納さんの本、初めて読みましたが、面白かったので、またいろいろ借りてみようと思います。
    2011年10月08日 18:28

この記事へのトラックバック