大好き!映画・試写会 「アントキノイノチ」

画像


先週見てきた試写会 「アントキノイノチ」

岡田将生 榮倉奈々出演
原作 さだまさし


あらすじ
高校時代に友人の命を奪った事がきっかけで、心を閉ざしてしまった長島杏平(岡田)。
3年後、父の紹介で遺品整理業の現場で働き始めた杏平は、久保田ゆき(榮倉)と出逢う。
命が失われた場所で共に過ごすなか、次第に心を通わせていく二人。
しかし、ある日、小さな子供が親のエゴで餓死するといった痛ましい現場で整理を行っていたゆきが杏平に衝撃的な過去を告げて姿を消してしまう。


内容は結構重いし、杏平とゆきの過去も本当に重い。
そんな2人が遺品整理という精神的に重い仕事について気持ち、大丈夫なんだろうか、なんて思ったりしたけれど、仕事を通じ、生きる意味を知っていく姿に好感を持った。
この2人を見守る上司に原田泰造さん(ネプチューン)が演じており、とてもいい役者だと思いました。

私的には、遺品整理の意味を考えたりして・・・
まだまだ先のことと思うけれど、いつ何が起こるかわからない。
私には子供がいないので、いつかはこの家も誰も住まない所になってしまうのよね。
そんな時、滅茶苦茶物であふれていて、整理されるかと思うと、ちょっと恥ずかしい~~!
「断捨離」で片付けておかなくちゃ・・・と思ったりしました。
映画の感想とちょっと違いますが・・・

11月19日よりロードショー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ブルー・ブルー

    アントキノイノチ、これ小説を買おうかと迷ったことが。
    さだまさしさんの小説、けっこう映画になっていますね。
    2011年10月12日 22:03
  • kemochime

    こんばんは。
    ご訪問&コメントいただきまして誠にありがとうございました!
    また、森見さんの作品をご紹介いただきましてありがとうございました!
    『アントキノイノチ』は先日読みました~。さださんの作品は結構好きですねえ、読みやすいですし。
    また訪問させていただきます。
    2011年10月12日 23:16
  • ブルースカイ

    こんばんわ
    さだまさしの原作作品の映画化ですか。
    そう言えば昔もありましたよね。
    あれは、歌のヒットで付属して作った映画だったのかな?

    映画とちょっとずれますが、榮倉奈々ちゃん、大きいですよね
    僕より大きいじゃないかな~。
    175cm以上ありそうなくらい迫力ありますよね。
    最近の女優さんは皆さん大きくて、男優さんは大変かも(特にジャニ系の人は)

    応援です♪
    2011年10月13日 00:44
  • ちゃちゃ

    題名のイメージからもっと軽いおもしろ系の映画なのかと思ってました(^^ゞ。
    ヘェェ~です。原田泰造ってなぜかちゃんと役者の顔も持ってますよね^m^。
    断捨離はちゃちゃも考えとかなきゃなー...ってか最近のクラス会でこの話題が必ず出てきます。そろそろ親の遺品整理するお年頃だから~(^^ゞ。
    2011年10月13日 06:12
  • 無門

    こんにちは

    物があふれていても
    本人にしか価値が無いものばかり
    さよならする時はただのゴミ
    なにも無い状態で去りたいものですね
    2011年10月13日 07:06
  • 茜雲

    遺品整理の話、我が身はひしひしと押しよせていますが、思うだけで一向に進みません。遺族にとっては迷惑千万、すっかり始末して、何度思っても進行しません。ダメですね。
    2011年10月13日 09:19
  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

    泰造って、いい仕事するヨネ。
    普段よりも 演技をマジメニしているときの方が
    好きだなあ…

    シリアスな映画なのに
     アントキノイノキ と読んでしまい
      はじいるワタシ(/_;)。
    2011年10月13日 09:22
  • 毎日日曜人

    思い過去を持つ二人、映画の展開も重たそうですね。こしの強い、見応えの有りそうな感じの映画だと思いました。遺品整理なんていう仕事があるんですね。
    2011年10月13日 15:57
  • ミズバショウ

    遺品整理の仕事は本当にあるみたいですね。テレビで見た身寄りのない方の遺品には過去が詰まっていてジーンとしたのを思い出しました。
    2011年10月13日 20:05
  • 桜子

    さだまさしさんの小説って意外といいとよく聞きます。
    これもとても良さそうな話ですね。興味深々です♪
    2011年10月13日 21:20
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。さださんの小説、映画化されたもの結構ありますね。「精霊流し」と「眉山」の映画も観ましたよ。
    2011年10月13日 21:25
  • かるきち

    kemochimeさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。この本も読まれましたか。さださんの本、私も数冊読んだ事があります。今度この本も読んでみたいです。
    2011年10月13日 21:26
  • かるきち

    ブルースカイさん、こんばんわ。「精霊流し」かな?おかあさん役に松坂慶子さん、おばさんが高島礼子さんでした。榮倉奈々さん、大きいですよね~~。相手役の岡田さんも結構大きいんだろうな。釣り合っていましたよ。
    2011年10月13日 21:34
  • かるきち

    ちゃちゃさん、こんばんわ。私も映画を観る前、もっと軽いノリかと思っていたのですが、結構重かったです。でも清清しさも残りましたが。「断捨離」色々考えさせてくれますね~
    2011年10月13日 21:35
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。おっしゃるとおり、自分にとってはとても大事なものでも他人にはただのゴミ、記憶だけ持って、物はなるべく持たないようにしよう。とつい思ってしまいました。
    2011年10月13日 21:39
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。遺族にとって何が必要か、片見はとても大事ですが、あまり負担になってしまうのも辛いですね。出来ればすっきりしたいものです。
    2011年10月13日 21:41
  • かるきち

    高忠さん、こんばんわ。泰造さんとか芸人さんでも良い演技をする人多いですね。ここでも泰造さんがとても自然に演じていると思いました。「アントキノイノキ」映画の中でもこのセリフはありましたよ~~^^
    2011年10月13日 21:43
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。最近テレビドラマなどでもこの遺品整理業登場します。やはりこれも社会現象の1つなのでしょうか。
    2011年10月13日 21:44
  • かるきち

    ミズバショウさん、こんばんわ。遺品整理業、あるんですね。自分が動けるうちは良いですが、寝たきりになったりすると何も出来なくなるし、社会のニーズなのでしょうね。
    2011年10月13日 21:46
  • かるきち

    桜子さん、こんばんわ。さださんの小説の映画化、何本か観ましたが、みんなさださんの歌のような優しさと繊細さがあるように思えました。
    2011年10月13日 21:48

この記事へのトラックバック