大好き!映画・試写会 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

土曜日の午後から試写会

画像

 
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観てきました。

あらすじ
あの*「ロサンゼルスの戦い」から69年後、ついに彼らが地球に上陸する日がやってきた。
大量の流星群と思われる未知の物体が世界中に降り注ぎ、、正体不明の何者かが、海岸に出現。
猛攻撃を受けて、各都市が崩壊するなか、ロサンゼルスも瞬く間に壊滅寸前に追い込まれる。
だが逃げおくれた3人の子供を含む民間人5人がロス西警察署に取り残されていた。
救出のために駆り出されたのは、マルチネス少尉以下、退役間際のナンツ軍曹(アーロン・エッカート)、過去、ナンツの指揮下で兄を失ったロケット伍長、結婚式目前だったハリス伍長(NE-YO)ら10名からなる海兵隊2-5小隊。
人類が初めて遭遇する攻防戦は、目に見えない敵との接近戦だった。廃墟となった街、視界をさえぎる砂塵、どこからともなく発砲される銃弾のなか、瓦礫の中で空軍の生き残り・サントス曹長(ミシェル・ロドリゲス)を救い、民間人保護に向かうが、驚異的な敵の攻撃により撤退を余儀なくされる。
一人・一人と激しい市街戦で仲間を失い、退路も失うなか、ナンツ軍曹達は民間人を確保できるのか。
タイムリミットは2時間。
そして人類は生き残れるのか・・・


以上、チラシより

*「ロサンゼルスの戦い」とは、
1942年2月25日、ロサンゼルス。発光しながら編隊を組む飛行物体25機を10万人が目撃。
アメリカ海軍が1430発の砲弾を撃ち込むが、1機も撃墜できず。「UFO]「宇宙人」という概念がなかった時代の迎撃戦はアメリカ政府が調査に乗り出した最初の未確認飛行物体事件として「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれている。しかし、真相は現代に至るまで闇の中にある。


ほぼ激しい銃撃戦。
見ていて何がなにやらさっぱりわからなくなる事もあるけれど、話の核は先の戦いで自分の部下を失い、その事実を自分の中で責め退役を決めたナンツ軍曹。
ナンツ軍曹のせいで兄を失ったロケット伍長の心の動き。
民間人親子の父と息子の関係。
など、人間模様が描かれていた。

しかし、ほぼ人類がやられてしまう中で、生き残った7人の戦いでエイリアンをやっつけてしまうのは、ありえない~~!と思ってしまいましたが^^

SFものの娯楽としてみるものですね~

9月17日より公開

試写会が終わって、丸の内界隈をちょっと歩く

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • ブルー・ブルー

    私は今日、バイオハザードIV アフターライフをスカパーで観ていました。
    相変わらずスカパーです。
    2011年07月31日 22:38
  • 桜子

    「ロサンゼルスの戦い」って言う事があったのすら知りませんでした
    この手の話は、アメリカ政府が隠し事をしているとか、いろんな憶測が生まれてますが、ホントはどうなんだろ??ってそっちが気になってしまいました(汗)
    ストーリー展開が気になると、興ざめしちゃったりしますよね。。。
    でもちょっと興味あり♪
    最後の葉っぱが重なって光に透けている写真、キレイですね~
    2011年07月31日 22:52
  • 無門

    こんにちは

    未知との遭遇時は
    相手を倒す的発想は
    西部開拓における
    インディアンとの遭遇から
    始まっているのかな
    アメリカ的で
    分かりやすいかもね
    2011年08月01日 07:32
  • 茜雲

    透過光の葉っぱ、挑戦しましたね。私もその魅力にカメラを向けるのですが、なかなか満足の行く写真が撮れません。
    うまく撮れていますね。
    2011年08月01日 09:03
  • 毎日日曜人

    面白そうな映画ですね。こういうSFものが好きなので見てみたい気がします。気楽に楽しめそうなのも良いですね。
    2011年08月01日 14:01
  • ブルースカイ

    こんにちは
    SF作品は話が飛躍するから面白い側面もありますよね。
    最近はそれにちょっとコメディータッチの作品のエッセンスが加わったりしますが、こちらは正統派のSF作品ってところかな

    でも1942年当時なら、日本軍の風船爆弾と間違われたかもしれないですね。

    応援です♪
    2011年08月01日 15:36
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。バイオハザードですか。観たことないけど、人気がありますよね。
    2011年08月01日 22:40
  • かるきち

    桜子さん、こんばんわ。私もこのチラシを見て1942年の事を知りました。アメリカ政府はいったいどれだけの事を知っていて本当は行ったいなんなのか。知りたいですよね。これがもし事実なら怖いです。
    2011年08月01日 22:45
  • かるきち

    無門さん、こんばんわ。力でねじ伏せる、アメリカ的ですが、色んな事を知っていて隠蔽するとしたら怖いですね。
    2011年08月01日 22:48
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。透過光、もっと青々と撮れればよかったのですが、なかなか上手くいきませんね。でもまた挑戦してみます。
    2011年08月01日 23:18
  • かるきち

    毎日日曜人さん、こんばんわ。おもしろいSF物でした。人間関係もとても上手く描けていたと思いましたよ。
    2011年08月01日 23:19
  • かるきち

    ブルースカイさん、こんばんわ。年代的に言えば戦時中ですね。もしかしたらそうだった??でも1機も撃ち落せないって一体なんだったのでしょうね。
    2011年08月01日 23:21

この記事へのトラックバック