こんな本読んだ 3月

3月に読んだ本。

鐘 内田康夫 3月5日読了
画像


ずっと前に一度読んだけれど、ほとんど内容を忘れていました。
ある晩、浅見光彦の家近くのお寺の鐘が聞こえた。その後、お寺の住職がやってきて、鐘の下に血のような物があったといわれ、事件に巻き込まれていく。
舞台が香川の栗林公園や広島、福井へと移っていく。

防壁 真保裕一 3月15日 読了
画像

主人公がSPや消防署員・海上自衛隊などの短編集。
危険な職種に付く男達の話だけれど感想が表現しがたいんですよね~~

十字架 重松清 3月17日読了
画像

子供の頃には一緒に遊んでいたけれど、中学に入り、ほとんど遊ばなくなった俊介。俊介はクラスでいじめにあっていた。でも僕は何もしなかった。そんなある日、俊介が僕が親友と遺書に残し、自殺した。その遺書には僕と憧れていた女の子の名前。そしていじめをしていた2人の少年の名前が綴られていた。
この自殺を取材していた記者に「いじめを見て見ぬフリをしていたものもいじめをしていたやつと同罪」というナイフの言葉を突きつける。
そして僕と中川さんはずっと降ろせない十字架を背負ってしまった。

重松さんの本の内容は本当にいつも胸に残る。
しかし、この本を読んだ時期がちょっと悪かったかも。とても重過ぎて・・・
自分の気持ちが明るくないと内容の重さに負けてしまいそうです。

どちらかが彼女を殺した 東野圭吾 3月20日読了
画像

たった2人の家族だった兄は名古屋の警察官。東京でOLをしていた妹のアパートに行って見ると妹はベッドで亡くなっていた。その前に気になる電話を掛けてきた。妹の遺体を見ると自殺に見せかけて殺された、と思いその犯人を探し出し復讐するためにあえて、自殺と言い張った。それに不審を抱いた加賀恭一郎。
自分の視点で犯人を探し出そうとし、兄の復讐も思いとどまるように説得する。
犯人は妹の元恋人か。それとも高校時代からの妹の友人で元恋人を奪った女か?
結末は犯人は誰だと特定していない。
私はどっちだろうとまだ特定できていません・・・

ホルモー六景 万城目学 3月29日読了
画像

鴨川ホルモーという本の続編と言っていいのかな?
ホルモーにまつわる人物がそれぞれ主役になる短編集。
一番最後の「長持の恋」というものが私は一番よかった。
料亭でアルバイトを始めた珠実は蔵の中にある長持を見つける。その中に「なべ丸」とかかれた札があり、それを見ると珠実は突然手が動きその札に返事を書く。翌日また札の文章が変わっている。そんな文のやりとりをするうち、なべ丸が織田信長に仕えた小姓である事を知る。そして本能寺の変。
なべ丸から文が途絶える。
400年以上も前の人間との文のやりとり。淡い恋心。
なんとも切ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • ちゃちゃ

    内田康夫&神保裕一は一時期よく読んだけど、最近読んでなかったな。神保さんって長編ってイメージしかなくて、短編はちょっとそそられます。
    なんとなくやっぱり今の時期、重いのは読む気が起こらず、あさのあつこさんでちょっと清々しい気持ちに浸ってます。ホントは有川さんを読みたいんだけど、なかなか借りられな~い。今、図書館17時で閉館だしぃ(T_T)。
    2011年04月08日 22:38
  • ブルー・ブルー

    内田康夫さんの本は、子どもが小さい時にいっぱい読んだけど・・・
    ホルモー六景は、読んだばかりといっていいかも。
    本能寺の変、歴史を変えるという題材は、眉村 卓さんのとらえられたスクールバス(アニメ映画は時空の旅人)でも出て来るんだよね。
    真保裕一さんは、ホワイトアウトしか読んでないけど、長編が好きかも。
    応援。
    2011年04月08日 23:35
  • イッシー

    本を読むのはいいことですよね。
    最近余裕が無く読んでいませんが、時間を作って読書したくなりました。
    2011年04月09日 06:43
  • 茜雲

    この歳になっても宗教心はなく、フラフラしているので「親鸞」を手始めに読み始めました。少しは信心が出てくればいいのだが…。
    2011年04月09日 08:22
  • かるきち

    ちゃちゃさん、こんばんわ。こういう時はライトノベルスが良いですね!有川さんの本、良いですよ~~。今人気でなかなか借りられないけれど、気持ちがホンワカしてきます。
    2011年04月09日 22:00
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。内田さんの本、ほとんど全部読みました。ホワイトアウト、映画は見たけれど、本は読んでいませんでした。^^
    2011年04月09日 22:01
  • かるきち

    イッシーさん、こんばんわ。私は通勤時間に読んでいる事が多いです。途切れ途切れですが、結構読めますよ^^
    2011年04月09日 22:05
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。「親鸞聖人」ですか。どんな内容なのでしょう。名前は知っていますが、どんな人生を送ったのか知らないので、また教えてくださいね!
    2011年04月09日 22:08

この記事へのトラックバック