こんな本読んだ11月&12月

こんな本読んだ 11月

おれは非常勤 東野圭吾著 11月2日読了
画像

小学校の非常勤講師として配属されている場所で、さまざまな事件が起こり、それを解決していく。短編集。
もとは小学生の雑誌に連載されていた物を短編集として出版されたもの。

パラダイスサーティ(上)(下) 乃南アサ 11月4・5日読了
画像

画像

30歳を前に彼なしで焦りまくる栗子。誕生日にいろんな事が起こり、ついにキレて高校時代の友人のマンションに転がり込む。友人は性同一障害で今は男装して男として振舞う。そんな友人のところでやっと運命の人に巡り合ったと有頂天に。
運命の男性と巡り合えたと思った栗子。しかし彼からのプロポーズはいくら待っても来ない。そしてその男の正体を知ってしまう。友人もとある女性に恋しているが彼女はヤクザの女。友人も自分の恋に苦しんでいた。
栗子のような女性は私的には好きになれないなぁ。って思ってしまった。

太陽の塔 森見登美彦 11月5日 読了
画像

作家の学生時代をつづったような小説。
ゆるゆるな生活と性格。
なんとも形容しがたい。

シャングリラ(上)(下) 池上永一 11月11日・19日読了
画像

画像

亜熱帯化してしまった地球。日本もその比ではなく、もはや地上には植物がはびこり住めなくなり、東京はアトラスと言う富裕層しか住めない空中年を作る。
地上に住み、アトラスへ潜入を試みるゲリラたち。それを率いる少女。
そしてアトラスの作られた本当の目的が徐々に明らかになる。
途中ずっとSFのような展開が繰り広げられ、小説と言うより、テレビゲームで展開されるようなストーリーだと思った。

東洋ごろごろ膝栗毛 群よう子 11月26日読了
画像

群よう子と彼女の担当する編集者などが台湾旅行で起こす珍道中。
やっぱり彼女のエッセイはとっても面白い。

ヴァンサンカンまでに 乃南アサ 12月3日読了
画像

前回は30代を目前に王子様の登場を夢見る栗子の小説だったけれど、これは25歳前の女性が主人公。
とあるアパレルメーカーのOL。
社内で出世有望株の同期の男性と付き合いながら、その男の上司と不倫。
うまく2人を操りながら、揺れ動く25歳前の女心を描いている。
なんだか計算高くてあまり好きになれない女性のタイプ
だなって思える。

たぶん最後のご挨拶 東野圭吾 12月8日 読了
画像

東野圭吾さんのエッセイ。
どうして作家になったかとか、彼の生い立ちが書かれていて面白かった。

風の中のマリア 百田直樹12月13日読了
画像

オオスズメバチを擬人化。オオスズメバチのマリアはすぐれたワーカー。他の虫を殺し、肉団子にして巣に戻り、彼女の妹たちに与える仕事をこなす。
オオスズメバチの生態がとてもよく描かれている。

真夜中の神話 真保裕一 12月29日読了
画像

東野さんのエッセイに真保さんの名前が出てきたので、読んでみた。

自分の研究のために家族をおざなりしてきた晃子。そして不慮の事故で夫と娘を亡くし、喪失感の中生きている。
晃子の乗った飛行機がインドネシアの山中に墜落。一人大怪我をしながらも生きながらえた晃子は山中に住む部族に助けられる。奇蹟のような経験で治癒し、生還を果たす。彼女の能力に研究者として魅力を感じる。
それとクロスするように起きた猟奇的な殺人。

壮大なスケールの小説でした。

12月に入って本を読むペースが落ちましたが、今年も本をたくさん読みました。
来年も読書は続けたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ブルー・ブルー

    今ね、小野不由美さんの十二国記を読んでいます。
    最近の小説、たぶん普通の人は読まないだろうというのばかりです。最初は私が『魔性の子』を買ったのが始まりで、後は娘が続きを。
    6冊読んでもまだあるの~
    応援。
    2010年12月29日 23:08
  • 桃源児

    東野圭吾さん、かなり売れていますね。
    おれは非情勤、表紙は見たことがあります。
    2010年12月30日 08:25
  • 茜雲

    読書はすっかり遠ざかってしまった私、月ごとのかるきちさんの読書のご報告、ただただ驚いています。
    12月はさすがにペースが落ちたとか、1月はまたペースが上がることでしょうね。
    今年もあと一日、明日のことは分かりませんので、本年のお礼を申し上げます。いつもコメントくださり、励ましていただきましたこと感謝申し上げます。来年もよろしくお願い致します。
    2010年12月30日 16:39
  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

    本屋さんへは結構マメに通っているつもりなんですが、全部初見ですから・・・
    う~ん、最近はローマ人の物語一筋すぎたかなあ。
    考えようっと^-^y
    2010年12月30日 18:03
  • かるきち

    ブルー・ブルーさん、こんばんわ。小野不由美さんですか~~。どんな作風なんでしょうか。ちょっと調べてみますね!
    2010年12月30日 19:31
  • かるきち

    桃源児さん、こんばんわ。「おれは非常勤」は小学生向けに描いた小説なので、とても読みやすかったですよ。
    2010年12月30日 19:32
  • かるきち

    茜雲さん、こんばんわ。ご丁寧なご挨拶ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
    2010年12月30日 19:33
  • かるきち

    高忠さん、こんばんわ。高忠さんはいまローマの話に嵌っているのですか?私も一人の作家に嵌ると結構その人の本ばかり読んでしまいます。
    2010年12月30日 19:35

この記事へのトラックバック