かるかるかるぴん♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉散歩 宝戒寺

<<   作成日時 : 2017/05/28 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 22

報国寺のあとに宝戒寺へ行きました。


画像

報国寺へ向かう途中にあり、報国寺より先に立ち寄ろうか、どうしようか考えましたが、まずは報国寺へ。

宝戒寺に行くと本堂で13時から大般若転読会という行事が行われていました。
画像

本堂の中は撮影禁止だったので、遠くから。

大般若転読会についてほかのお寺のもので説明文があったので載せておきます。

大般若経とは、正式な名前を「大般若波羅蜜多経」といいます。

今から1300年以上前に中国(唐の国)の三蔵法師玄奘(さんぞうほうしげんじょう)という僧侶が16年の間旅をしてインド(天竺)から持ち帰り、その後4年を費やして翻訳(漢訳)したという、小品般若、大品般若、金剛般若、文殊般若、秘密般若、理趣般若などさまざまな般若部経典の大全集で、その数は何と600巻に至ります。
内容は、「般若波羅密」と訳される”悟りに至る智恵”を説く諸経典を集成したもので、「色即是空 空即是色」、一切の存在はすべて空であるという空間思想を説いているとされています。

この法要は、導師が説草を唱える合間に、大般若経600巻を複数の僧侶で転読(てんどく)し、地区の安全、五穀豊穣、また地区住民の厄災消除、家内安全を祈願するものです。転読とは、経本を1巻1巻正面で広げ流し読むことで、それによって清らかな”般若の風”が起きるとされています。


しばらく見学していると何人もの僧侶が経典を広げては閉じたりと1巻1巻していました。

1年に1度の行事のようだったので見られてよかったです。

境内をぐるっと散策
画像


画像


聖徳太子堂
画像


画像




木造の古びた感じがモノクロにぴったり
画像


この宝戒寺は1333年、北条氏滅亡後、その霊を弔うために後醍醐天皇の命を受けた足利尊氏によって当時、小町邸と呼ばれた北条氏歴代執権屋敷跡のこの土地に建立されました。

秋には萩の花で有名なお寺だそうです


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
年に一度の行事の日に見られて、きっとなにかのめぐり合わせかもしれません。
聖徳太子堂、木造の感じが親しみを覚えます。
モノクロ、とてもいいですね。
はるる
2017/05/28 20:12
今晩は!
ここも昼は良い所ですね。
萩の花も綺麗なんでしょう。
一枚目夜の風景想像しただけで背中がゾクゾクしてきました。聖徳太子堂も夜の肝試し、最高のお堂です(笑)。
御免なさい!
信徳
2017/05/28 21:01
報国寺に宝戒寺、鎌倉幕府の終焉後の名残を残すお寺を回られましたね。まさに歴史と和の風情を回る旅。今回はお一人でしたか。
私も鎌倉はだいぶご無沙汰しています。また行きたいなと思っています。そろそろアジサイの季節になりますね。
ミクミティ
2017/05/28 21:53
宝戒寺で年に一度の大般若転読会をやっていましたか。
テレビで見たことがありますが、経典をアコーデオンを広げて閉じすような形でやるんですね。
いいタイミングで、清らかな「般若の風」に出会うことができましたね。
mori-sanpo
2017/05/28 22:33
こんばんは!
宝戒寺で年に一度の大般若転読会の日に行かれて良かったですね。
聖徳太子堂の木造の古びた感じがモノクロに合いますね。
eko
2017/05/28 22:46
尊い法会に参座できましたね。
きっと功徳を頂けるでしょう。
鎌倉は雰囲気がいいですね〜
イッシー
2017/05/28 22:47
報告寺から宝戒寺へ移動
一年に一度の大般若転読会も
見られてよかったですね
こちらの境内は古典感覚ですね
るなまる
2017/05/29 00:41
大般若転読会は一年に一度の行事と言うことなので見られたのは幸運でしたね。聖徳太子堂の鄙びた木造の雰囲気がモノクロにピッタリです。
ミズバショウ
2017/05/29 04:14
良い日に行かれましたね。
聖徳太子のお堂は、よく残っていますね。
最初は、扉の上部などには鮮やかな色彩の
絵などが描かれていたのでしょうか。
そんなことより、素朴なモノクロが
良く似合います。
撮る時に、つい設定を変えるのを忘れ、
いつも後の祭りな私です。
見習いたいです(何度言った事でしょう)
つばさ
2017/05/29 08:17
転読、知りませんでした。こういう様は一度どこだったかは忘れてしまいましたが、拝見した記憶があります。テレビの映像であったかもしれませんが…。
茜雲
2017/05/29 08:19
珍しい行事も見られて良かったですね〜〜^^
美しい新緑の境内と
由緒ある聖徳太子堂が素晴らしいですね!
モノクロが良く似合います(^_-)-☆
応援です☆
peko
2017/05/29 08:54
はるるさん、こんばんわ。報国寺へ行く前に寄らずに正解でした。午後1時からの法要のようだったので、じっくり見ることができました。
かるきち
2017/05/29 20:34
信徳さん、こんばんわ。ここは秋の萩の花も有名らしいですね。その頃また行ければいいのですが^^この雰囲気、夜は怖いでしょうか^^鎌倉武士が出てくるかも知れないですね。
かるきち
2017/05/29 20:37
ミクミティさん、こんばんわ。桜と紫陽花の中間の季節はまだ大混雑はありませんでした。1人だと気ままに歩けて、友達と一緒の時とはまた違いますね。
かるきち
2017/05/29 21:25
mori-sanpoさん、こんばんわ。おっしゃるとおり、経典をアコーディオンのようにパタパタ開いてお経を唱えていました。本当に貴重な時間を頂くことができました。
かるきち
2017/05/29 21:29
ekoさん、こんばんわ。偶然でしたがいい時間を持てました。
お経の風を頂いてもなかなか煩悩は払われませんが、少しでも仏様の教えを感じられるようになるといいのですけれど^;聖徳太子堂、木造のお堂が素敵でした。
かるきち
2017/05/29 21:34
イッシーさん、こんばんわ。煩悩まみれの私ですが、経典の風で少しはいい人になれるといいのですが^^;難しいですね。
かるきち
2017/05/29 21:37
るなまるさん、こんばんわ。このお寺を2番目にしてよかったです。いい時間を過ごせました。^^
かるきち
2017/05/29 21:39
つばささん、こんばんわ。偶然ですが1年に1度の行事に出会えてよかったです。聖徳太子堂、昔は色鮮やかだったのでしょうか。それとも武士のお寺にふさわしい質素なお寺だったのか。どちらも見てみたいですね。設定の変更、これもやると楽しいですよ。動かない被写体ならじっくりと写せるのでいろいろ楽しんでみてくださいね。
かるきち
2017/05/29 21:45
茜雲さん、こんばんわ。転読会、初めて知りました。滅多に出会えない行事に出会えてよかったです。少しは心も洗われるといいのですが^^凡人なので難しいです。
かるきち
2017/05/29 21:51
pekoさん、こんばんわ。1年に1度の行事に偶然でしたが出会えてよかったです。僧侶たちの読経も聞くことができていい時間でした。
聖徳太子堂、とてもいい雰囲気でした。
かるきち
2017/05/29 21:55
ミズバショウさん、こんばんわ。すみません。コメントの順番が違ってしまいました。いい時間に行くことができました。読経や経典を広げては閉じての様子がとても興味深いものでした。
かるきち
2017/05/29 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北
旅行口コミ情報 ソウル 旅行
鎌倉散歩 宝戒寺 かるかるかるぴん♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる