かるかるかるぴん♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾旅行記 行天宮〜国父記念館

<<   作成日時 : 2017/01/11 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 22

1月1日です

といっても台湾のお正月は旧正月の方がメインで元旦は普段とあまり変わりなさそう。
それでも日曜日でお休みの人が多く、どこへ行ってもたくさんの人がいました。

私たちは新年らしく一応お参り・・・

行天宮

画像


行天宮は関帝廟で商売の神様をお祭りしている廟です。

訪れたとき中でお教?を上げている僧侶(そう呼んでいいのかわかりませんが)がいらしたので、お参りに来た人達はそのお教に合わせて手を合わせたりしていました。

画像

画像


台湾での初詣を終わらせて、今度は国父記念館へ。
中国近代化革命の父、孫文。台湾では「國父」の称号で、現在でも高い尊敬を受けています。100元札の肖像も孫文で、その温和な微笑を浮かべた顔を、旅行中に目にすることも多いでしょう。ここ國父紀念館は孫文の業績を讃え、その教えを後世に語り継ぐことを目的に建設されました。
(旅旅台北.comより)

画像

国父記念館の公園もとても広く、後ろに台北101がよく見えます。
ここからニューイヤーカウントダウンの花火もよくみえただろうな、と主人と話しながら散策。

画像

屋外にも孫文の坐像があります。

画像


画像

大きな玄関
この中にまた孫文のとても大きな坐像がありました。
画像


坐像の前では衛兵さんが守っています。
画像


2階から見下ろしてみる
画像


しばらくすると毎時0分になると衛兵さんの交代式が行われます。
そのときは衛兵さんの行進や動きが見られますが、あとは身じろぎせずに立っています。
衛兵さんに選ばれるのはとっても名誉なことだけど、きついらしいです。

画像

外に出ると台北101がはっきり見えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!
懐かしい光景が後から後から出てきて故郷に帰ったような気持ちになっています(笑)。
信徳
2017/01/11 19:53
お寺?と言ってもいいのでしょうか?
お参りなさってご利益がありそうですね^^
見応えのある素晴らしい建物ですね!!
記念館も素晴らしいですね〜(^_-)-☆
お花に囲まれた孫文の座像も迫力ですね!!
台北101もやはり迫力ありますね^^
応援です☆
peko
2017/01/11 20:41
身じろぎ一つしない衛兵さんは偉いですね。
私にはとても出来ない。期待もされないか。(笑)
関帝廟は横浜中華街で見たことが有りますが、やはり真っ赤ですね。
イッシー
2017/01/11 21:29
アジア圏でも元旦はバラバラですね
新年の観光も良いお天気
立って身動きしない衛兵さん
けっこう忍耐力いりますね
るなまる
2017/01/11 22:02
こんばんは。
行天宮と云うのは日本で言ったら神社なのでしょうか?。こう云う感じを見ると日本とは随分違っていますよね。国父記念館、此処も流石に国父と言われるだけあって立派な建物ですよね。衛兵さんも名誉なのでしょうね。
HT
2017/01/11 22:23
こんばんは!
行天宮は華やかな中国風の建物ですね。関帝廟とありますが墓所でもあるんでしょうか。
国父記念館、さすがに立派ですね。身じろぎしない衛兵さんも名誉なこととはいえ大変でしょうね。
eko
2017/01/11 23:06
 行天宮や国府記念館などの建物は、日本では見られない朱塗りの豪華な建造物ですね。
 衛兵さんはマネキン人形のように、瞬きもしないような直立不動の姿勢ですね。
mori-sanpo
2017/01/11 23:13
台湾の建物らしく色彩や屋根の形が目を引きます。衛兵がキリッとしてカッコいいですね。でも身じろぎできないのはやはり辛そうです。
ミズバショウ
2017/01/12 06:19
偉い方の象を拝見する度に不謹慎にも思います。像のご本人が意識があってご自分の像を見ることができないであろう、と。誰もが死ねばお墓が大きかろうが小さかろうがほんのわずかの空間の中に入っておしまい。やっぱり不謹慎ですね。
茜雲
2017/01/12 08:10
信徳さん、こんばんわ。信徳さんにとっては台湾は第二、第三の故郷でしょうか^^懐かしく思っていただければ何よりです^^
かるきち
2017/01/12 19:28
pekoさん、こんばんわ。こちらにも台湾に行く度ほとんどお参りしますが、今回初めてお経?を上げている場面に遭遇しました。私たちにもご利益あればいいなぁって思います。記念館は本当に大きくて、孫文が尊敬されているのがわかりました。
かるきち
2017/01/12 19:33
イッシーさん、こんばんわ。交代式を見なければ、衛兵さん、人形かと思ってしまうくらい動かないですね。あんなふうに立っているって普通ではできないですね。中国系のお寺、赤いですね^^
かるきち
2017/01/12 19:36
るなまるさん、こんばんわ。中華圏は旧正月を盛大にお祝いしますね。台湾でもそのようですね。新年もいいお天気に恵まれて今年もいい年になりそうです^^
かるきち
2017/01/12 19:41
HTさん、こんばんわ。ここは関帝廟で、三国志の関羽をお祭りしているところなんです。衛兵さんも選ばれることはとても名誉なことなのだけれど、こうして身じろぎもせずに立っていたりで大変らしいです。
かるきち
2017/01/12 19:48
ekoさん、こんばんわ。関帝廟とありますが、墓所はどうなのでしょうね^^すみません。ちょっとわからないです。衛兵さん、台湾も徴兵制度があり、その中から選ばれるとても名誉なことなのだそうです。でもきついので選ばれても嬉しくないって、以前現地ガイドさんから聞いたことがありました^^
かるきち
2017/01/12 19:51
mori-sanpoさん、こんばんわ。建物が日本とは違いとてもきらびやかでした。衛兵さん、くしゃみが出たりとかないのかなって思ってしまいますね^^身じろぎせずにいることって大変でしょうね。
かるきち
2017/01/12 19:55
ミズバショウさん、こんばんわ。台湾のこうした建物、本当に大きくて立派でした。尊敬する人物を記念する建物だからなのでしょうね。
衛兵さん、1時間ずっとじっと立っているのは大変ですよね。
かるきち
2017/01/12 20:00
茜雲さん、こんばんわ。いえいえ、不謹慎とは思えませんが、虎は死んで皮を残し、人は死んで名を残す。こうした立派な銅像を作ってもらえるのも名誉なことなのでしょうね。
かるきち
2017/01/12 20:05
台湾の衛兵は、英国と同じでしゅねっ
交代の儀式が撮影チャンスじゃ無かったかなぁ〜
孫文さん・・・ナイス!…☆
デミ
2017/01/12 21:31
デミさん、こんばんわ。衛兵さん、かっこいいですね。歩きすぎて疲れて交代式は上から見ていたのですが、カメラを休憩している主人に渡していました^^
かるきち
2017/01/12 21:44
こんにちは

孫文や蒋介石など
日本となじみの深い政治家
歴史の面白い一面ですね
無門
2017/01/13 14:48
無門さん、こんばんは。孫文も蒋介石も日本に馴染み深い人物ですね。そうは言いつつ、台湾に行って私はこの人物を知りました。^ ^
かるきち
2017/01/13 17:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北
旅行口コミ情報 ソウル 旅行
台湾旅行記 行天宮〜国父記念館 かるかるかるぴん♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる