かるかるかるぴん♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京散歩 江戸東京博物館2

<<   作成日時 : 2015/08/13 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 20

展示物もたくさんあり、徳川家康公坐像もありました。

画像


陣羽織
画像


見事な蒔絵を施した文机や硯箱
画像


画像


写真には撮りませんでしたが、プロジェクターで178cmの高さの襖が壁に。
昔は178cmというとかなり高かったのでしょうね。でも外人さんたちでは頭がぶつかってしまいますね

博物館内は外人さたちがたくさん見学していました。
日本の歴史を見て感じてくれるのはいいですね。

そして人気があったのは実寸大?の長屋
寺子屋さんや大工さんの家など当時の生活を見ることができるブースは大人気でした。
画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
家康公の坐像も有るのですか、そして
使われた陣羽織や文机など見事ですね。
実寸代の寺子屋などは当時を窺い知れて
見ていると楽しく成るでしょうね。
goki
2015/08/13 20:01
こういう古い歴史もの展示では
外人さんたちには人気でしょうね〜
生活ものブースもよくできてますね
るなまる
2015/08/13 20:52
 家康公の座像をはじめ、寺子屋や大工さんの家の様子などの展示が良くできていますね。
 外人さんたちには人気があったでしょうね。
mori-sanpo
2015/08/13 21:03
こんばんは。
蒔絵が素晴らしいですねぇ。蒔絵が好きで漆器屋さんとか覗いていると時間の経つのも忘れてしまいますが、とてもとても手が出ませんが。
寺子屋を再現したセットも良いですねぇ。
HT
2015/08/13 21:23
素晴らしい展示にナイスな写真ですね!
なかなか遠くなので行けませんが。
病院帰りにでも今度行ってみようかなー。
イッシー
2015/08/13 23:03
江戸の長屋が実寸大で再現されているのには興味がわきました。寺小屋の子供たちの勉強ぶりが垣間見られ人気のブースなのが分かる気がします。
ミズバショウ
2015/08/14 04:36
おはようございます。
家康座像は有名ですよねっ
実寸大の庶民の部屋は、かなり小さく感ましたでしょうねっ
今で言う…ウサギ小屋ですね 昔は家に住むということ自体が大変な負担だったということが伝わって来ますね
ナイス!…☆
デミ
2015/08/14 07:10
外人さんも多く来ているのですか。外人さんの目にはどう映るのでしょう。聞いてみたいですね。
茜雲
2015/08/14 08:02
こんにちは

現数台の展示や
ジオラマなどの江戸風景
百年後には
現代の風景も
同じように表現されるのかな
東京には人がいっぱいいたと・・・
無門
2015/08/14 13:09
こんにちは。
陣羽織や蒔絵が施された文机や硯箱は流石と言える程立派なものですね。そして実寸大の長屋は当時の暮らしがリアルに伝わってきます。武士に比べて庶民は如何に慎ましい暮らしをしていたかがよく分かりますね。
毎日日曜人
2015/08/14 13:25
gokiさん、こんばんわ。豪華な硯や陣羽織、そして長屋に住む町民。暮らしに大きな違いがあってもきっと当時は平和な生活を楽しんでいたのでしょうね。
かるきち
2015/08/14 19:05
るなまるさん、こんばんわ。ここは欧米人がたくさん見学に来ていました。紙と木の家、外国では珍しく思えるでしょうね。
かるきち
2015/08/14 19:06
mori-sanpoさん、こんばんわ。長屋の暮らしがとても珍しかったようで人垣が出来ていました。また実際に纏を持つことができてそこはとても人気がありました。
かるきち
2015/08/14 19:09
HTさん、こんばんわ。蒔絵も美しい文化ですね。高価で見るだけですけれど、素敵ですね。寺子屋で学ぶ子どもたち、いつの時代でも勉強嫌いはいそうですね^^
かるきち
2015/08/14 19:10
イッシーさん、こんばんわ。ありがとうございます。ここは両国駅からすぐですよ。病院帰りにちょっと足を伸ばしてみてください^^
かるきち
2015/08/14 19:11
ミズバショウさん、こんばんわ。長屋小さな部屋で庶民が暮らしているのは興味深いですね。寺子屋も一生懸命勉強している子もいればそうでない子も^^今と同じですね。
かるきち
2015/08/14 19:13
デミさん、こんばんわ。長屋の1軒、本当に狭いですね。ここに一家で暮らしていたのかと思うと驚きですが、こうやって暮らせるだけまだ幸せだったのでしょうか。
かるきち
2015/08/14 19:16
茜雲さん、こんばんわ。音声ガイドを聞きながら見ている外人さんも結構いました。彼らには江戸時代の日本、どのように思えたでしょうね。
かるきち
2015/08/14 19:20
無門さん、こんばんわ。目覚しい発展を遂げた日本。100年後、200年後に今の時代を見るとどのように思えるのでしょうね。
かるきち
2015/08/14 19:22
毎日日曜人さん、こんばんわ。武士も下級武士はやはり生活は大変だったかもしれないですが、町民の暮らしも厳しいものはあったでしょうね。でもジオラマなどで見ていると暮らしを楽しんでいるように見えますね。
かるきち
2015/08/14 19:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北
旅行口コミ情報 ソウル 旅行
東京散歩 江戸東京博物館2 かるかるかるぴん♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる