かるかるかるぴん♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京散歩 雨の湯島聖堂

<<   作成日時 : 2014/10/08 18:56   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 26

ニコライ堂を出て、聖橋をわたって湯島聖堂へ

画像


結構な雨が降っていました。

入徳門</stron>(聖堂内唯一の木造建造物 総黒漆塗り)から石段を上がり杏檀門に入りました
杏檀(きょうだん)とは孔子が弟子たちに教授したところ

そして大成殿に入りました。
画像


画像

大成殿の入口近くでカマキリさんが雨宿り?

画像

殿内中央の厨子に孔子像が祀られており、左右に顔子・曽子・子思・孟子の四賢像を祀っています。

徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。

ここは神田明神に行くときにいつも目の前を通りながら入ったことがなくて、今回初めて大成殿の中まで入ってきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
石段がいいですね。
大成殿、立派なものですね。
中はこうなっているんですか。
またカマキリさんの姿にはびっくりですが、雨宿りなんでしょうか。
はるる
2014/10/08 19:12
湯島聖堂、儒学など固い話に弱ったな!・・・と思ったところでカマキリさんに助けられました。
歴史には弱くて頭がパニクッテしまいます(笑)。
信徳
2014/10/08 20:09
こんばんは
湯島聖堂、木造の入徳門は黒の漆塗り
どっしりとして風格が有り圧巻ですね。
あっ、カマキリさんが雨宿りですか
難しい学問に興味が出た様ですね。
後に昌平坂学問所となり世に広く
知られた湯島聖堂素晴らしいですね。
goki
2014/10/08 20:27
こんばんは。
雨が凄く降っていますねぇ。傘をさしてこの階段をあがって行くのは大変そうですが、その上写真まで撮られていて。
行ったことが無いところですが、立派な建物ですね。歴史を読ませていただいてなるほどって納得しました。
HT
2014/10/08 20:32
雨の雰囲気ばっちりですね!
内部の雰囲気もばっちりですね!
イッシー
2014/10/08 21:53
 聖橋を挟んでニコライ堂と湯島聖堂があり、この二つのは対照的ですね。
 明治維新直後は、昌平校は時代遅れとなり、ニコライ堂の方が新しいものとして脚光を浴びるようになるとは、不思議なものですね。
mori-sanpo
2014/10/08 21:55
こんにちは

中国の曲阜にある
大成殿を彷彿とさせます
この落ち着きが
儒教の本質ですね
無門
2014/10/08 22:51
雨の大成殿がしっとりとした中に重厚な趣を感じます。内部も歴史を感じさせる雰囲気がありますね。
ミズバショウ
2014/10/09 04:35
カマキリも、孔子様に恐れおののいて、入るべきか入らざるべきか、思案したことでしょう。
茜雲
2014/10/09 07:56
こんにちは。
湯島聖堂、名前は知っていたのですが、行った事は有りませんでした、歴史を感じさせる立派な建物ですね。雨の映り込みが好いですね、風情を感じました。
毎日日曜人
2014/10/09 13:39
大成殿に入れる日だったんですね。
去年私が行った時は、
外からただ拝見するだけでした。
中国の孔子廟前にある木の
子孫にあたるという「楷の木」が、
紅葉するのももうすぐですね。
yasuhiko
2014/10/09 15:03
はるるさん、こんばんわ。雨の中の散策、ちょっと大変でしたが、たまにはいいものですね。かまきり、入り口近くにいて、雨宿りのように見えました。
かるきち
2014/10/09 18:12
信徳さん、こんばんわ。私も難しい話は苦手です。^^;儒教もあまりよくわからなくて。かまきりさんが難しく考えなくてもいいよ、って言っているようです。
かるきち
2014/10/09 18:16
真っすぐのびた石段と重厚な大成殿が良く
似会いますね。
カマキリさんも一緒について行きたいみたいですね。
山ちゃん
2014/10/09 18:19
gokiさん、こんばんわ。ごめんなさい。一番上の門が杏壇門なのです。私も入徳門と思っていました。かまきりさんも学習の秋ですね^ ^
かるきち
2014/10/09 18:20
HTさん、こんばんわ。雨の日の撮影は
大変ですね。写真を撮る時、庇があるところで濡れない様に気をつけていました。
かるきち
2014/10/09 18:23
イッシーさん、こんばんわ。ありがとうございます。雨の激しさに降る雨がようやく撮れた感じです。
かるきち
2014/10/09 18:24
mori-sanpoさん、こんばんわ。確かにそうですね。江戸時代は儒教の教え、近代は西洋と橋を挟んでまるっきり別のものですね。
かるきち
2014/10/09 23:02
無門さん、こんばんわ。儒教の教えは中国からですね。本場とここは大差がないでしょうか。
かるきち
2014/10/09 23:47
ミズバショウさん、こんばんわ。雨の中の撮影はなかなか大変ですが、雨ならではの魅力もありますね。
かるきち
2014/10/09 23:48
茜雲さん、こんばんわ。カマキリさん、ここに入って大丈夫かな?なんて思っていたかもしれないですね。
かるきち
2014/10/09 23:49
毎日日曜人さん、こんばんわ。私もここはいつも通り過ぎるだけで中に入ったのは今回2回目でした。こんなにも立派なものだとは知りませんでした。
かるきち
2014/10/09 23:52
yasuhikoさん、こんばんわ。そうなのですか。私はここまで入ったのは2回目で、中に入ったのは今回が初めてでした。楷の木、というのも知りませんでした。またいつか見てみたいです。
かるきち
2014/10/09 23:55
山ちゃんさん、こんばんわ。雨に濡れた建物や石段いい雰囲気でした。カマキリさんも一緒に入りたかったかしら^^
かるきち
2014/10/09 23:57
この辺りはウロウロしていたとこですが、中に入った事はありませんでした
儒学を信仰した建物だったんですね、国内では珍しいですね
雨が大変な時に行かれたんですね、お疲れさまでした
次の台風が気になります・・・
デミ
2014/10/10 04:46
デミさん、こんばんわ。私も今回初めて、この湯島聖堂がどういったものか、初めて知りました^^;「聖」の文字がついたのでキリスト教かと思いましたが、建物が和だったので、なんだろうとずっと思っていました。台風、また週末から週明けにやってきそうですね。もう嫌ですよね。
かるきち
2014/10/10 19:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北
旅行口コミ情報 ソウル 旅行
東京散歩 雨の湯島聖堂 かるかるかるぴん♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる