かるかるかるぴん♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京散歩 浅草寺ほおずき市 その2

<<   作成日時 : 2014/07/14 19:04   >>

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 22

浅草寺のほおずき市の由来が浅草寺のHPにあったので、アップしておきますね。

 観音さまのご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。月に一日設けられたこの日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716〜36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになりました(この数については「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」など諸説ございますが、定説はありません)。
  なお、この10日を待って一番乗りで参拝したいという民衆の思いから、前日の9日より人出があって、7月9・10日の両日が四万六千日のご縁日と受け止められるようになりました。
  また、この両日には「ほおずき市」が「四万六千日」のご縁日にちなんで開かれます。そもそもこの市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、「ほおずきを水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」といわれるなど薬草として評判であったようです。その愛宕神社の縁日は観音さまの功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほおずきの市が浅草寺境内にも立つようになり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられています。
  一方、江戸の昔、落雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことから、文化年間(1804〜18)以後に「雷除(かみなりよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。ところが明治初年に不作が原因で赤とうもろこしの出店ができなかったことから、人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、今日に至っています。

以上浅草寺HPより

私もほおずき市を冷やかしたあと、お参りもしてきました。
画像


画像


画像


画像


画像

雨も降り出したので、そろそろ帰りましょう。
今回のお出かけも朝早くから。
やはり早起きは三文の得ですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
ホウズキ市、四万六千日ですね、私は
小学生の時にお参りしましたから
有効期限内の様ですよぉ。
真っ赤なホウズキが鮮やかで綺麗です。
goki
2014/07/14 19:33
ホウズキ市の内容が良く分かりました。
来年は7月9日〜10日のどちらかに浅草に行ってホウズキ市を冷やかしお参りして来ましょう。
来年の日記にメモっておきます。
信徳
2014/07/14 21:41
Bonsoir
赤トウモロコシ
山の農家にぶら下がってるのを思い出した!
春夏冬
2014/07/14 21:59
功徳日やホウズキ市の由来がよくわかりました。古い歴史があったのですね。
ミズバショウ
2014/07/15 04:19
そんないわれがあったんですねー!
風鈴も涼やかですね。
イッシー
2014/07/15 05:23
1枚目の写真ではまだ青いのがほとんどですが、2枚目の写真のは真っ赤ですね。ごく自然の栽培ではまだ青いのでしょうが、温室か何かで栽培されたものでしょうか。私の目に入るのは8月13,4日のお盆のころのお墓です。真っ赤なほおづきがどのお墓にも供えられています。
茜雲
2014/07/15 08:30
 ホウズキ市の由来が良く分かりました。
 PCがやっと回復しました。ネットやブログが開かない日々からやっと解放されました。
mori-sanpo
2014/07/15 09:28
こんにちは

夏の風物詩
日本もサマータイム制にすれば
夏の日を2倍楽しめるのにね
無門
2014/07/15 11:45
ほおづきは薬草になるのですね〜
初めて知りました。
子供の頃は庭のほおづきのタネを出して
口の中に含み、ブーブー鳴らして遊んだものです^^;
浅草寺の五重塔も素敵ですね(^_-)-☆
応援です☆
peko
2014/07/15 12:24
こんにちは。
ほうずき市の由来、大変参考になりました。涼しげな風鈴や色鮮やかなホウズキ、浅草寺のホウズキ市の雰囲気を感じさせてくれました。
毎日日曜人
2014/07/15 13:20
gokiさん、こんばんわ。小学生の時にお参りしましたか^^私は今からだとすごい年までご利益がありそうです。
かるきち
2014/07/15 19:34
信徳さん、こんばんわ。田舎ではあまり珍しくないほおずきが東京では鉢植えとして売られているのに驚きますね^^来年是非冷やかしてください。
かるきち
2014/07/15 19:35
春夏冬さん、こんばんわ。赤トウモロコシ、どういうものでしょうね。私はよくわかりません^^;
かるきち
2014/07/15 19:40
イッシーさん、こんばんわ。こういうお祭りにはちゃんとした理由があるのですね。私も初めて知りました。ガラスの風鈴がとても涼しげで素敵でした。
かるきち
2014/07/15 19:44
茜雲さん、こんばんわ。ほおずき、私の実家の方でもお盆の仏様の飾りに使っていました。身近にあったほおずきをこうして売っているのは驚きですが、江戸っ子ならではの習慣なんですね。
かるきち
2014/07/15 19:46
ミズバショウさん、こんばんわ。すみません、コメントの順番を間違えてしまいました。ほおずき市、こういう歴史やいわれがあると思うと、なるほどと思いますね。江戸っ子はこういうこともきっと楽しみの1つだったのでしょうね。
かるきち
2014/07/15 19:48
mori-sanpoさん、こんばんわ。PCの不調でしたか。大変でしたね。私も今朝プロバイダーの障害でネットにつながらずイライラしました
かるきち
2014/07/15 19:49
無門さん、こんばんわ。サマータイム導入、浮上しては消える議題ですね。この暑さを考えたらサマータイムもいいのかもしれないですね。でも慣れるまで体が辛そうです^^
かるきち
2014/07/15 19:50
pekoさん、こんばんわ。私もそれやりました〜〜^^でも短気な私は周りの皮が柔らかくならないうちに種をだそうとしてしまうので、破れゃうんですよ^^;
かるきち
2014/07/15 19:52
毎日日曜人さん、こんばんわ。いわれがわかるとますます親しみがわきますね。活気があって楽しかったです。
かるきち
2014/07/15 19:53
浅草寺のほおずき市は有名ですね。風情もたっぷりで、行ったらついほおずき買いたくなるでしょうね。
もちろん、見ているだけで楽しそう。
私もついこないだ浅草を来るまで通り過ぎました。
でも降りることなく、、。
ミクミティ
2014/07/15 21:53
ミクミティさん、こんばんわ。今年初めて行ってきました。風情と活気があってとても良かったです^^
かるきち
2014/07/16 19:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北
旅行口コミ情報 ソウル 旅行
東京散歩 浅草寺ほおずき市 その2 かるかるかるぴん♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる